私たちは、セキュリティのために
個人のプライバシーを犠牲にしては
ならないと考えます。

Appleがこれまで頻繁に受けた要求と、
それに対する回答。

私たちは、Appleからの情報やAppleによる行動を要求する、様々な形の法的手続きを受けています。Appleは、カスタマーの
情報やデータを要求する政府と民間団体に、適切な法令や規則に従うよう求めます。サービスプロバイダとの契約では、政府が
Appleのデータに対して情報提供を求める際に適用しているものと同じ基準に従うよう求めます。Appleの法務チームは要求を
検討し、そこに正当な法的根拠があるかどうかを確認します。法的根拠がある場合は、要求に応じてデータを提供します。
要求に正当な法的根拠がない場合、または要求が不明確であったり、不適切であったり、過度に広範であると考えられる場合は、
その要求に異議を申し立てるか、その要求を拒否します。Appleは、受けた要求に関するレポートを半年ごとに作成しています。

Appleはこれからもカスタマーのために、透明性とデータの機密保持の向上に取り組み続けます。

Appleはこれまで、自らのすべての製品とすべてのサービスにおいて、バックドア(情報の裏口)を設けたり、
マスターキーを作成したことはありません。Appleのサーバへの直接のアクセスをいかなる政府に許可したこともなく、
今後も決して許可しません。

Appleの透明性に関するレポートを見る(英語)

法執行機関サポートプログラム

Appleは、私たちの社会の安全を維持するために法執行機関が極めて重要な役割を果たしていると考え、正当な法的手続きを
提示され、Appleが情報を持っている場合には、それを提供するという立場を常に取ってきました。法執行機関が今後も
継続的にデジタル証拠を必要とすることを認識し、Appleは法務部の中に専任の専門家を集めたチームを用意しています。
このチームが、世界中の法執行機関からの法的要求をすべて管理して対応にあたっています。また、毎日24時間体制で
全世界からの緊急の要求にも応えています。

Appleは、世界中の政府と法執行機関のために法的手続きに関するガイドラインを公表しています。透明性に関するレポートも
1年に2回発行して、私たちが受ける要求の種類と、それに対する回答を詳しく公表しています。また、Appleが提供できる
データの種類と、それらのデータをAppleの法的手続きに関するガイドラインに沿って取得する方法がわかるように、
法執行官向けのトレーニングも定期的に提供しています。

2018年末までには、世界中の認証された法執行官のためのオンラインポータルの設置を開始します。このポータルでは、合法的な
データ要求の送信、その要求のトラッキング、Appleからの回答データの取得ができるようになります。

Appleは現在、世界中の法執行官へのトレーニングを専任で担当する専門家たちのチームを作っています。チームが完成すると、
より小規模な警察組織や機関にも対応できるようにAppleの体制が大幅に強化されます。法執行官向けのオンライントレーニング
モジュールも開発される予定です。このチームはAppleが世界中で一段と多くの法執行機関と法執行官にトレーニングを
提供するための力になり、急速に変わり続けるデータ環境を反映しながら、Appleの企業情報と指標が
確実に最新のものに更新されるようにします。

Appleは、ユーザーのセキュリティとプライバシーを保護するために力を注いでいます。このような様々な取り組み、
そして捜査を支援するための活動は、Appleのこの基本的な理念を維持しながら行われています。

法執行機関の要求に関するAppleのガイドラインを読む