何を共有するかを
あなたがコントロール
できます。

新しいデバイスを開いた瞬間から、アプリケーションを使う
すべての場面まで。プライバシーは、はじめから組み込まれています。
ここでは、さらにしっかりと安全を守るための方法をいくつかご紹介します。

デバイスを保護する。

あなた以外の誰かがあなたのデバイスを使ったり、
あなたの情報にアクセスすることを防ぎます。

6桁のパスコード

パスコードの設定は、あなたのデバイスを守るうえで最も重要なことです。Touch IDまたはFace IDが使えるデバイスのパスコードは自動的に6桁に設定されているので、可能な組み合わせは100万通り。「設定」で「データを消去」を有効にすると、間違ったパスコードを10回入力した場合、あなたのデバイスが中にある情報を消去します。

パスコードによるデバイスの保護についてさらに詳しく

Touch IDとFace ID

Touch IDやFace IDを使うと、指先で触れるだけ、または画面を一目見るだけで直感的で安全な認証ができます。あなたの指紋または顔のデータは、あなたのMac、iPad、またはiPhone上のSecure Enclaveによって暗号化され、Secure Enclaveにしか使えない数値情報に変換されます。指紋や顔のデータという極めて個人的な情報を守るために、あなたのデバイスには徹底した対策がとられています。あなたのデバイスのオペレーティングシステムや、デバイス上のアプリケーションがこのデータにアクセスすることはできません。また、このデータがAppleのサーバに保存されることも、iCloudやほかの場所にバックアップされることも決してありません。

Touch IDのセキュリティについてさらに詳しく Face IDに関するホワイトペーパーを見る(英語PDF)

2ファクタ認証

Apple IDを守るセキュリティを二重にする2ファクタ認証は、あなたの情報を安全に保つためのベストな方法です。この認証は、誰かにあなたのパスワードを知られても、その人があなたのアカウントにアクセスできないようにします。新しいデバイスやウェブ上からサインインする時は、あなたが信頼しているすべてのデバイス上に確認コードが自動的に表示されます。このコードをパスワードと一緒に入力するとサインインできますが、パスワードと確認コードのいずれか一つでも知らない人はサインインできません。一度サインインしたあとは、完全にサインアウトした場合やデバイスのデータを消去した場合、またはセキュリティ上の理由でパスワードを変更する必要がある場合を除き、そのデバイス上で再び確認コードを求められることはありません。

2ファクタ認証を設定する方法を見る

「探す」アプリケーション

「iPhoneを探す」「iPadを探す」「Macを探す」機能を有効にすると、あなたのデバイスを紛失したり、それが盗まれた場合でも、そのデバイスに接続し続けることができます。「探す」アプリケーションはあなたのプライバシーを守るように設計されている機能です。この機能は、新しいデバイス上でiCloudにサインインすると自動的に有効になります。あなたのデバイスが今ある場所や今まであった場所を地図で確認できるので、デバイスを取り戻せる可能性が高くなるでしょう。デバイスが手元に戻らない場合は、デバイス内の個人データを遠隔操作で消すこともできます。デバイスの位置情報をAppleが受信するのは、あなたがデバイスの場所を確認した時、紛失モードを有効にした時、または「最後の位置情報を送信」をオンにした時だけです。位置情報は24時間に限り保持されるので、最後にデバイスが確認された場所を表示することができます。「探す」アプリケーションはまた、アクティベーションロックを自動的に有効にします。これにより、誰かがあなたのデバイスのデータを消去したり、デバイスを再びアクティベートする前にあなたのApple IDを入力するよう要求されます。

プライバシーの設定
コント
ール学ぶ。

あなたのデータを自分でコントロールできるように、
設定は入念に設計されています。共有する情報の種類、
それを共有する場所、バックアップのタイミングは
あなた自身で調整できます。

他社製アプリケーションと許可

Appleは、あなたがアプリケーションと共有するデータについて、透明性とコントロールを得られるようにしています。アプリケーションは、あなたの位置情報、連絡先、カレンダー、写真といったデータへのアクセスを要求することがあります。これらのデータを他社製アプリケーションが初めて利用しようとする時は、説明と一緒に確認のメッセージが出るので、詳細な情報にもとづいて判断できます。一度アクセスを許可した場合でも、あとからいつでも「設定」で変更できます。

位置情報

カレンダーでミーティングを設定している時や、道順をチェックしている時など、デバイスにあなたの位置情報を知らせると便利な場合があります。あなたのデバイス上の位置情報サービスは、GPS、Bluetooth、クラウドソーシングのWi-Fiホットスポット、携帯電話の中継塔を組み合わせて利用することで、あなたの位置を判断します。Appleは、位置情報の収集と使用を、あなたのすべてのデバイスであなた自身がコントロールできるようにしています。位置情報サービスはデフォルト設定ではオンになっていませんが、最初にデバイスの設定をする時に有効にするかどうかを選択できます。オンにしたあとも、気が変わったらいつでもオフにできます。

位置情報サービスのプライバシーに関するホワイトペーパー(英語PDF)を見る

データとプライバシー情報

データとプライバシー情報の画面は、あなたがサインインしたり新機能を使い始める前に、Appleがあなたの個人情報をどのように使用するのかをわかりやすく説明します。データとプライバシーのアイコンと一緒に表示される情報が、あなたの体験をより良いものにするために、どの個人データが共有され、どのように使用されるのかを簡単に理解できるようにします。

データとプライバシーのページ

あなたが自分の個人情報を今まで以上に管理できるように、私たちはあなたのデータとプライバシーのページ上に専用のプライバシー管理ツールセットを用意しました。これらのツールを使えば、あなたは自分のデータのコピーを手に入れたり、自分のデータの訂正をリクエストしたり、自分のアカウントの無効化や削除ができます。

あなたのデータをコントロールする方法についてさらに詳しく あなたのデータとプライバシーのページを見る

解析

あなたが選択した場合、iOSデバイスとiPadOSデバイスは、あなたのデバイス、およびペアリングしたApple Watchのデータを収集し、解析のためにAppleに送信できます。この解析は、Appleの製品を改善したり、アプリケーションのクラッシュなどの問題を軽減するために活用されます。収集された情報からあなた個人が特定されることはなく、あなたの明確な同意を得た場合のみAppleに送信されます。情報には、ハードウェアとオペレーティングシステムの詳しい仕様、パフォーマンスの統計、デバイスとアプリケーションの利用方法についてのデータが含まれることがあります。これらの情報が収集される時には、個人データはまったく記録されないか、Appleに送信される前にレポートから削除されるか、差分プライバシーなどの技術によって保護されます。

差分プライバシーを使って集めた情報は、個人のプライバシーを犠牲にすることなく、Appleのサービスを改善するために活用されます。この技術は、例えばQuickTypeや絵文字の提案、メモアプリケーションの検索ヒントを改善します。

現在Appleでは、ヘルスケアアプリケーションでよく使われるデータの種類や、パフォーマンスの問題の原因となるSafari内のウェブドメインを特定しています。こうした情報を活用することで、私たちはあなたの個々の行動について一切明らかにすることなく、あなたの体験をより良いものにするためにデベロッパと連携できるようになります。

iCloud解析の共有についてあなたの明確な同意を得た場合、Appleは、Eメールに書かれたテキストの一部といったアカウント内のiCloudデータをあなたがどう利用しているかを解析します。これにより、Siriなどのインテリジェントな機能を向上させることができます。差分プライバシーなど、プライバシーを強化する技術でデータを処理したあとに解析を行うため、その解析結果とあなた個人やあなたのアカウントが関連付けられることはありません。

広告

Appleは、広告を配信する時にもあなたのプライバシーを尊重するよう徹底しています。Appleが配信する広告は、App Storeまたは株価アプリケーション内に表示されることがあります。App Storeと株価アプリケーション内の広告が、Apple Pay、マップ、Siri、iMessage、iCloudといったほかのAppleのサービスが持つユーザーデータにアクセスすることはありません。ヘルスケアアプリケーション、HomeKit、Eメール、連絡先、通話履歴といったサービスや機能を通して、ユーザーのデバイスにあるデータを使うこともありません。ただしApp Storeでは、関連性の高い検索広告を表示するために、あなたの検索履歴とダウンロード履歴を使用することがあります。株価アプリケーションとApp Store内のターゲット広告の表示は、「追跡型広告を制限」をオンにすることでいつでも停止することができます。停止後も引き続き同数の広告が表示される可能性がありますが、これらの広告はあなたとの関連性が低いものになるでしょう。

興味関心にもとづくターゲティング広告を制限する

私たちはあなたのプライバシーを守るために、非永続的なAdvertising Identifier(広告識別子)を開発しました。この広告識別子により、あらゆるアプリケーション内のすべての広告は、広告であることを明示するとともに、特定の広告が配信された理由をあなたが確認できるようにマークを付けることを求められます。「設定」から、あなたに配信される広告を決めるために使われる可能性があるデータをチェックすることもできます。広告主は広告識別子を使って、特定の広告を表示する回数をコントロールしたり、広告キャンペーンの効果を測定し、一段と関連性の高い広告を配信しようとしますが、いつでも配信を無効にすることができます。「追跡型広告を制限」をオンにすると、他社製アプリケーションは広告識別子を使ってあなたに向けたターゲティング広告を配信できなくなります。Appleの広告サービスは、13歳未満のユーザーやManaged Apple IDのアカウントに対して興味関心にもとづく広告を配信することはありません。子どもたちを不適切な広告表示から守るため、AppleはApp Storeの「子ども向け」カテゴリーのアプリケーションに対して厳格なガイドラインを設けています。

あなたのデータを守る方法ほかにも。

あなたの個人情報を不正に入手しようとする行為に
目を光らせましょう。

通知に注意を払う。

新しいデバイス上で初めてサインインしたり、支払い方法を更新したり、パスワードを変えるなどの変更をアカウントに加えると、AppleがEメールやプッシュ通知でお知らせします。変更した覚えがないのにAppleから通知を受け取った場合は、誰かが不当にあなたのアカウントにアクセスした可能性があります。その時は、すぐに「Apple IDの管理」にアクセスしてパスワードを変更しましょう。サポートが必要な場合は、Appleサポートにご相談ください。

Apple IDのパスワードを変更する Apple IDのサポートに問い合わせる

フィッシングに注意する。

「フィッシング」とは、Apple IDのパスワードやクレジットカード情報といった個人情報をあなたから不正に入手しようと試みる行為で、通常Eメールやテキストメッセージを利用してアプローチしてきます。正当な企業や個人からのメッセージに見えるかもしれませんが、そうではありません。2ファクタ認証を有効にすることは、あなたをだましてApple IDアカウントの認証情報を手に入れようとするフィッシング詐欺から身を守るためのベストな方法です。Eメールやテキストメッセージでパスワードや確認コード、アカウントに関する機密情報を送ることは絶対にやめましょう。Appleを装ったフィッシングと思われるEメールを受け取った場合は、そのEメールをreportphishing@apple.comに送信してください。

フィッシングから身を守る方法についてさらに詳しく

Appleのプライバシーについて、
さらに詳しく紹介します。