位置情報サービスとプライバシー

“位置情報サービス”はあなたの個人情報を保護するように設計され、どの情報を共有するかを選択できるようになっています。

位置情報サービスでは、Appleおよび他社のAppやWebサイトが、位置情報に基づくさまざまなサービスを提供するために、お使いのiPhoneまたはApple Watchの現在の位置に基づく情報を収集および使用することが許可されます。例えば、Appがお客様の位置データと位置検索クエリーを使用して近くにある喫茶店や映画館を探したり、デバイスが現在の位置に基づいてその時間帯を自動的に設定したりします。

このような機能を使用するためには、iPhoneの位置情報サービスを有効にする必要があります。さらに、各AppまたはWebサイトが位置情報を使用できるようにするには、あらかじめ許可を与える必要があります。Appは位置情報への限定的なアクセス(Appの使用中のみアクセス可能、またおおよその位置情報)またはフルアクセス(Appの使用中以外もアクセス可能、また正確な位置情報)を要求することができます。

ただし、位置情報サービスを有効にしているかどうかに関わらず、安全確保の目的により、緊急電話をすると、救助のためiPhoneの位置情報が使用される場合があります。

位置情報サービスでは、GPSおよびBluetooth(利用できる場合)、公衆Wi-Fiアクセスポイント、携帯電話基地局の位置情報を利用して、デバイスのおおよその現在地を判断します。

お使いのApple Watchは、ペアリングされたiPhoneが近くにあるとき、そのiPhoneの位置情報を使用する場合があります。

位置情報サービスがオンの場合、この公衆Wi-Fiアクセスポイントや携帯電話基地局の位置情報のクラウドソースデータベースを更新するために、(デバイスでサポートされている場合)近くの公衆Wi-Fiアクセスポイントや携帯電話基地局のジオタグ付きの位置情報が、匿名の暗号化された形式でiPhoneからAppleに送信されます。

位置情報サービスを有効にすることにより、これらの位置情報に基づくシステムサービスも有効になります:

• 経路と交通情報: あなたが移動(徒歩または車など)している場合、クラウドソースデータの交通情報データベースおよび大気補正データベースを増補する目的で、iPhoneは匿名の暗号化された形式で、GPSデータ、走行速度、および気圧の情報をAppleに定期的に送信します。さらに、見どころ(例えば、商業施設や公園など)の近くでAppを開くと、iPhoneは匿名の暗号化された形式で、位置情報をAppleに送信します。Appleは、その見どころが営業中かどうか、および混雑状況をユーザに知らせる目的で、この情報を集約し、使用する場合があります。

• 利用頻度の高い場所: あなたの利用頻度の高い場所を学習するために、iPhoneおよびiCloudに接続されたデバイスはあなたが最近訪れた場所とそれらの場所をどれくらいの頻度でいつ訪れたかを追跡します。このデータはエンドツーエンドで暗号化されるためAppleが読み取ることはできません。情報は予測交通情報サービスなどの個人向けサービスを提供するために使用され、フォトメモリー機能を改善するためにも使用されます。

• 位置情報に基づく検索候補: より関連性の高い候補を提供するため、iPhoneの位置情報はAppleに送信されます。位置情報に基づく検索候補の位置情報サービスをオフにすると、お客様の詳細な位置情報はAppleに送信されません。関連のある検索候補やニュースを提供するために、Appleはお客様のインターネット接続のIPアドレスを使用し、それを地理的な地域と照らし合わせることで、お客様のおおよその位置を推定する場合があります。

• 位置情報に基づく通知: iPhoneおよびApple Watchは位置情報を使用して、地理的に関連のある通知を提供します。たとえば、特定の場所に到着したときにある人に電話をかけるというリマインダーや、現在地に基づいた次の約束への出発時間またはAppやショートカットのおすすめなどが含まれます。

• 自分の位置情報を共有: “メッセージ”や“友達を探す”などの一部のAppから、一時的または継続的に自分の現在地をほかの人と共有することを選択できます。

• HomeKit: iPhoneは、位置情報を使用して、特定の場所に到着したりそこを出発したりしたときにアクセサリを制御することができます。例えば、家に着いたら電気をつけるといったことが可能です。

• システムのカスタマイズ: iPhoneでは、あなたの現在地によってシステムの外観、動作、設定がカスタマイズされます。たとえば、あなたが家にいるときに“最適化されたバッテリー充電”を自動的に有効にします。このカスタマイズデータはデバイスにのみ保管されます。

• Apple Pay店舗の識別: 物理的Apple Cardを使うとき、より正確な店舗名を提供できるようにiPhoneであなたの現在地が使用されます。

• 緊急電話およびSOS: 緊急電話を発信するときに、緊急通報サービスにすでに提供されている位置情報に加えて、拡張緊急データサービスによって提供される追加のデータがiPhoneまたはApple Watchによって送信されます。このデータには、現在地が自分用の連絡先カード(“自分のカード”)の自宅または勤務先の住所付近である場合、住所の情報が含まれることがあります。緊急SOSが発信されると、通話終了時に緊急連絡先に位置情報も送信されます。

Appleが収集するクラウドソース位置情報データは、個人を特定しない形式で収集されます。

デバイスの位置情報サービスを有効にすることによって、お客様は、Appleとそのパートナーおよびライセンシーが位置情報と道路交通に基づく製品とサービスの提供と向上のために、お客様の位置データと位置検索クエリーを送信、収集、保守、処理、および使用することに同意し承諾したことになります。

位置情報サービスはいつでも無効にできます。その場合は、“設定”>“プライバシー”>“位置情報サービス”の順にタップしてから、位置情報サービスをタップして全体的にオフにするか、位置情報対応Appまたは機能ごとの位置情報スイッチをオフにして“許可しない”に設定します。すべてのWebサイトの位置情報サービスを無効にするには、SafariのWebサイトの位置情報サービス設定を“許可しない”に設定します。“システムサービス”をタップし、位置情報に基づくシステムサービスごとのスイッチをタップしてオフにすることで、位置情報に基づくシステムサービスを無効にすることができます。HomePodの位置情報サービスはいつでも無効にすることができます。それを行うには、ペアリング済みのiOSデバイスまたはiPadOSデバイスの“ホーム” Appを開き、HomePod上で押したままにし、“設定”アイコンをタップしてから“位置情報サービス”をタップしてオフにします。

他社のAppやWebサイトが現在の位置情報を使用することを許可する場合、それぞれの条件、プライバシーポリシー、および運用に従うことになります。それらのAppやWebサイトの条件、プライバシーポリシー、および運用を確認して、位置情報などの情報がどのように使用されるかを理解してください。

Appleが収集する情報は、いかなる場合においても、Appleのプライバシーポリシー(www.apple.com/jp/privacy/ を参照)に従って取り扱われます。