AppleCare+ for Schools (iPad)
AppleCare+ for Schools (Mac)

1. 本プラン

本契約 (以下「本プラン」) は、上記のプランに基づき Apple によって提供されるサービスを規定するものです。また本プランには、本契約、お客様のプラン確認書 (以下「本プラン確認書」)、およびお客様が本プランを購入した際の領収書原本に記載されている条件が含まれます。お客様の本プラン確認書は、購入時にお客様に提供されるか、その後に自動的にお客様に送付されます。Apple から本プランをご購入いただいた場合は、mysupport.apple.com/products で本プラン確認書の写しを入手できます。

本プランに基づく利益は、メーカーのハードウェア保証および無償テクニカルサポートに付加されるものです。本プランの条件は、特に明記されていない限り、1 回払い (以下「一括払いプラン」) か月払い (以下「月払いプラン」) かを問わず、同様に適用されます。

本プランは、次の機器 (総称して「対象機器」) を対象としています。(i) 本プラン確認書に記載されている Apple 製品 (Mac または iPad (iPad で使用する目的で購入された Apple Pencil および Apple ブランドの iPad 用キーボード (以下「iPad 入力デバイス」といいます) も含まれる) (以下「対象デバイス」といいます)、(ii) 対象デバイスの購入時のパッケージに含まれていたアクセサリ、(iii) Apple ブランドのマウス、Magic Trackpad、キーボード (Mac に付属する場合、または Mac mini, Mac Pro もしくは Mac Studio とともに購入された場合)、Apple メモリモジュール (RAM)、Apple USB SuperDrive (以下「Mac アクセサリ」) (お客様がこれらの製品を対象デバイスとなる Mac の購入日の 2 年前以降に最初に購入し、ともに使用している場合)。

保証は、お客様が本プランを購入した時点で開始し、解約しない限り、本プラン確認書に指定された日付 (以下「本プランの期間」) まで継続します。

本プランの価格は、本プランの領収書原本に記載されています。

2. 対象範囲

2.1 不具合または劣化したバッテリーに関するハードウェアサービス (以下「ハードウェアサービス」)

お客様が、本プランの期間中に Apple に対し、材質上または製造上の不具合が対象機器に生じたこと、または内蔵充電式バッテリーを使用する対象機器に関して、対象デバイスのバッテリーの蓄電容量が元の仕様の 80 % 未満であることのいずれかを通知することにより有効な請求を行った場合、Apple は、(i) 新品の部品、または Apple の機能要件を満たしていることがテストで確認された中古の Apple 純正部品を使用して無償で不具合品の修理を行うか、(ii) 当該対象機器を新品の交換用製品、または新品および/もしくは中古の Apple 純正部品で構成され、Apple の機能要件を満たしていることがテストで確認された交換用製品と交換します。

本プランに基づいて提供されるすべての交換品は、元の製品と少なくとも同一の機能または実質的に類似の機能 (異なるモデルで同じ機能、または同じモデルでカラーが異なるなど) を持つものです。Apple が対象機器を交換した場合、元の製品は Apple の所有物となり、交換品はお客様の所有物となって、本プランの残存期間の保証がその交換品に適用されます。

2.2 過失や事故による損傷に関するサービス (以下「ADH サービス」)

お客様が、本プランの期間中に Apple に対し、不測かつ不慮の外的事由 (落下や液体接触による損傷など) の結果生じた過失や事故による損傷 (以下「ADH」) により対象デバイスが故障したことを通知することにより有効な請求を行った場合、Apple は、以下に記載するサービス料金にて、(i) 新品の部品、または Apple の機能要件を満たしていることがテストで確認された中古の Apple 純正部品を使用して不具合品の修理を行うか、(ii) 当該対象デバイスを新品の交換用製品、または新品および/もしくは中古の Apple 純正部品で構成され、Apple の機能要件を満たしていることがテストで確認された交換用製品と交換します。お客様が ADH のサービスを受けることを「サービスイベント」と呼びます。なお、以下の点にご留意ください。各対象デバイスについては、領収書原本に記載されているプラン購入日から 12 か月ごとに最大 2 回のサービスイベントを受けることができます。未使用のサービスイベントは失効し、その後の 12 か月間は新しい ADH サービスイベントが 2 回まで保証されます。本プランのその他すべてのサービスは、プランが終了するまで保証されます。

以下のサービス料が各サービスイベントに適用されます。

iPad Pro:

4,400 円 (税込)

iPad (他のすべてのモデル):

4,400 円 (税込)

iPad 用入力デバイス:

3,700 円 (税込)

Mac:
Tier 1 ADH サービスイベント
画面のみの ADH 損傷
外部筐体のみの ADH 損傷
Tier 2 ADH サービスイベント
その他の過失や事故による損傷

12,900 円 (税込)
37,100 円 (税込)


iPad 用入力デバイスに対する ADH サービスは、iPad および iPad 用入力デバイスが同時に損傷した場合でも、iPad に対する ADH サービスとは別のサービスイベントとしてみなされます。

対象デバイスが Mac で、Tier 1 ADH サービスイベントの料金でサービスをご利用いただく場合は、Apple が対象デバイスのディスプレイまたは外部筐体を修理する上で妨げとなる、画面のみ (該当する場合) または外部筐体のみの損傷以外の損傷がないことが条件となります。その他の損傷がある対象デバイスには、Tier 2 ADH サービスイベントの料金が請求されます。

購入国以外の国で本プランに基づくサービスをお求めになる場合、サービス料はその国の通貨でお支払いいただく必要があり、その国における料金が適用されます。各国で適用される料金などの詳細は、AppleCare+ のサポート Web サイト (apple.com/jp/legal/sales-support/applecare/education/) をご覧ください。

2.3 テクニカルサポート

本プランの期間中、Apple はお客様に対して、対象機器に関する電話および Web によるテクニカルサポート (以下「テクニカルサポート」) を優先的に提供します。テクニカルサポートは、お客様が対象機器を購入した日から開始される Apple 提供の無償テクニカルサポートの期間終了後に開始されます。テクニカルサポートには、ファイルの保存、取得、管理などを含む、インストール、起動、設定、トラブルシューティング、修復 (データの復元を除く) に関するサポート、システムエラーメッセージの解釈、ならびにハードウェアサービスが必要な時期や ADH サービスの適用可否の判断などが含まれます。Apple は、サポート対象ソフトウェアのその時点での最新バージョンおよび直前のメジャーリリースに関するサポートを提供します。本項において「メジャーリリース」とは、「1.0」や「2.0」などのリリースナンバー形式によって Apple が商業的にリリースする重要なソフトウェアバージョンであり、ベータ版やプレリリースの形式でないものを意味します。

Apple テクニカルサポートの対象範囲は以下に制限されます。(i) 対象機器、(ii) Apple ブランドのオペレーティングシステム (以下「OS」)、および対象機器にあらかじめインストールされている、または対象機器で動作するように設計された Apple ブランドのソフトウェアアプリケーション (以下「コンシューマソフトウェア」)、(iii) 対象機器への接続仕様を満たし、対象機器に対応するオペレーティングシステムを使用しているノートパソコンまたはデスクトップパソコンと、対象機器との接続に関する問題。なお、以下に規定されるサービスは、テクニカルサポートの対象範囲外です。

3. 対象範囲外

3.1 ハードウェアサービスと ADH サービス

Apple は、ハードウェアサービスおよび ADH サービスの提供対象国を、お客様が最初に対象機器を購入した国に限定する場合があります。

Apple は、以下に関するハードウェアサービスまたは ADH サービスを提供しません。

(a) 通常の使用による経年劣化、または対象機器の機能に影響しない外観上の損傷

(b) 予防保守

(c) 紛失または盗難にあった対象機器の交換

(d) 無謀行為、乱用行為、故意や意図的な行為、または通常ではない方法や Apple が意図していない方法による対象機器の使用によって生じた損傷

(e) 対象機器または対象機器の修理中に実施される機器の設置、取り外し、廃棄

(f) 対象機器ではない製品によって生じた損傷

(g) Apple または正式な権限を有する Apple 担当者以外によって開封、修理、改造、改変された対象機器の損傷 (原因を問わず)

(h) お客様が対象機器を購入した後に本プランを購入した場合における、本プランの購入前に対象機器に生じていた状態

(i) シリアル番号が改変されている、判読できない、または削除されている対象機器の損傷

(j) 火災、地震、その他の外的原因によって生じた損害

(k) 対象デバイスが Mac の場合の、対象機器への過度または壊滅的な物理的損傷 (製品がつぶれたり曲がったりしているなど)、または液体接触に起因する対象機器への過度または壊滅的な損傷 (製品の一部または全体が浸水しているなど)

(l) 対象デバイスが Mac の場合の、危険物の存在に起因する損傷。危険物とは、人間の健康に害を及ぼす生物的汚染物質やアレルゲンを指しますが、これらに限定されません

(m) 本プランに対象範囲として明記されている損失以外の、あらゆる要因または損失の結果として生じた、対象機器内の情報の保存、処理、アクセス、送信、または受信に使用される電子ハードウェアもしくはソフトウェア、またはそれらのコンポーネントの損失、使用不能損失 、損傷、破損、アクセス不能、または操作不能。これにはかかるシステムに対する不正アクセスもしくは不正使用、サービス拒否攻撃、または悪意のあるコードの受信もしくは送信の結果として生じた場合を含みます

(n) 対象機器内に保存された電子データの損失、使用不能損失 、損傷、破損、アクセス不能、または操作不能。これにはかかるデータに対する不正アクセスもしくは不正使用、サービス拒否攻撃、または悪意のあるコードの受信もしくは送信によって生じた、かかる損失を含みます

他社製の部品を取り付けると、お客様の保証範囲に影響が及ぶ場合があります。ハードウェアサービスまたは ADH サービスを利用する条件として、対象機器を、元の部品または Apple 正規交換用コンポーネントを含む完全な状態で Apple に返却する必要があります。この制限は、お客様の消費者法に基づく権利を侵害するものではありません。

3.2 テクニカルサポート

Apple は、以下の状況ではテクニカルサポートを提供しません。

(a) OS およびコンシューマソフトウェアをサーバーベースのアプリケーションとして使用している

(b) ソフトウェアをその時点での最新バージョンに更新することで問題が解決する可能性がある

(c) 他社製品に関するサポート、または他社製品が対象機器に与える影響や相互作用に関するサポート

(d) コンシューマソフトウェアまたは対象機器の接続の問題に関連しないコンピュータまたは OS の使用に関するサポート

(e) コンシューマソフトウェア以外のソフトウェアに関するサポート

(f) 「ベータ版」「プレリリース」「プレビュー」または同様の呼称が適用されているコンシューマソフトウェアに関するサポート

(g) 対象機器に保存または記録されているあらゆるソフトウェアやデータの損害や損失に関するサポート (注:ソフトウェアプログラムおよびユーザデータの復元や再インストールは本プランの対象外)

(h) 対象デバイスが Mac で、サーバ用 macOS ソフトウェアに関するサポート (対象デバイス上の macOS Server でのサーバ管理とネットワーク管理に関する問題に対してグラフィカルインターフェイスを使用している場合を除く)

(i) 対象デバイスが Mac で、意図されていない用途または改造方法によって対象機器、macOS、コンシューマソフトウェアが使用または改造されている場合

(j) 本プランに対象範囲として明記されている損失以外の、あらゆる要因または損失の結果として生じた、対象機器内の情報の保存、処理、アクセス、送信、または受信に使用される電子ハードウェアもしくはソフトウェア、またはそれらのコンポーネントの損失、使用不能損失 、損傷、破損、アクセス不能、または操作不能。これにはかかるシステムに対する不正アクセスもしくは不正使用、サービス拒否攻撃、または悪意のあるコードの受信もしくは送信の結果として生じた場合を含みます

(k) 対象機器内に保存された電子データの損失、使用不能損失 、損傷、破損、アクセス不能、または操作不能。これにはかかるデータに対する不正アクセスもしくは不正使用、サービス拒否攻撃、または悪意のあるコードの受信もしくは送信によって生じた、かかる損失を含みます

4. サービスおよびサポートを受ける方法

Apple にお電話いただくか、support.apple.com/ja-jp にアクセスしていただくことにより、サービスまたはテクニカルサポートを受けることができます。その際は、本プランの契約番号または対象デバイスのシリアル番号を提示する必要があります。また、Apple が求めた場合は、本プラン確認書、および対象デバイスと本プランの領収書原本を提示していただく必要があります。

5. サービスのオプション

Apple は、以下の 1 つまたは複数のオプションを通じてお客様にハードウェアサービスを提供します。

(a) 持ち込み修理。持ち込み修理はほとんどの対象機器で利用可能です。その場合は、持ち込み修理を実施する Apple Store 直営店の拠点または Apple 正規サービスプロバイダ (以下「AASP」) に対象機器をお持ち込みください。サービスはそのストアで提供される場合もあれば、そのストアが対象機器を Apple 修理サービス (以下「ARS」) サイトに送付して修理が行われる場合もあります。お客様はすみやかに対象機器を引き取る必要があります。

(b) 出張修理。出張修理は、対象機器の設置場所が Apple 正規出張修理プロバイダの拠点から半径 50 マイル (80 キロ) 圏内であれば、多くのデスクトップ型コンピュータに対して実施可能です。以下に記載する通り、在宅自己交換修理サービスによって修理可能な特定の部品については、出張修理の対象となりません。出張修理を提供可能であると Apple が判断した場合、Apple は修理技術者を対象機器の設置場所に派遣します。サービスは、その場所で提供されるか、修理技術者が対象機器を AASP または ARS の拠点に配送して行われます。対象機器が AASP または ARS の拠点で修理される場合、Apple は、サービス終了後、対象機器をお客様の設置場所に配送する手配を行います。修理技術者が予約された時間に対象機器へのアクセスを許可されない場合、再度の出張訪問には追加料金がかかる場合があります。

(c) ピックアップ&デリバリー修理サービス。Apple がお客様の対象機器がピックアップ&デリバリー修理サービスの対象になると判断した場合、Apple の指定業者が対象機器を引き取りに伺います。サービスが完了すると、Apple は対象機器または交換品をお客様に返送します。すべての手順に従っていただいた場合、Apple は、お客様の所在地からの往復のピックアップ&デリバリーの送料を負担します。

(d) エクスプレス交換サービス (以下「ERS」) または在宅自己交換修理 (以下「DIY」) サービス。ERS は特定の対象機器で利用できます。Mac では ERS を利用できません。DIY サービスは、多くの対象機器で利用できます。このサービスでは、お客様自身が対象機器を交換修理できます。Apple が、交換されたデバイスまたは部品の返却を要求した場合は、交換されたデバイスをお客様が指示通りに返却するまで、交換用デバイスまたは交換部品の小売価格および該当する送料の支払保証のために、Apple がクレジットカードによる支払承認を求める場合があります。お客様の都合によりクレジットカードによる支払承認が不可能な場合はサービスを利用できない場合があります。その場合 Apple は、別の修理サービスの手配についてご案内します。交換された対象機器や部品が指示通りに返却されない場合や、交換されたサービス対象外の対象機器または部品が返却された場合、Apple は承認料金をお客様のクレジットカードより引き落とさせていただきます。Apple が、交換された製品または部品の返却を要求しない場合、Apple は交換品または部品を、該当する指示書または交換された製品や部品の廃棄条件と共に、無料でお客様に送付します。いずれの場合も、Apple は、ERS または DIY サービスに伴うお客様の人件費を負担しません。

Apple は、お客様に対して修理や交換サービスを提供する方法、およびお客様の対象機器が特定のサービス方針の適用対象となるか否かを変更する場合があります。

サービスは、お客様がサービスを依頼する国で利用可能なオプションに限定されます。サービスのオプション、部品の在庫、対応にかかる時間は、状況によって異なる場合があります。購入国以外の国で対象機器に対するサービスを利用できない場合、サービスが利用可能な国でサービスを受けるための送料および取扱手数料を、お客様にご負担いただく場合があります。購入国以外の国でのサービスをお求めになる場合、適用されるすべての輸出入に関する法律および規制を遵守し、すべての関税、付加価値税、その他の関連する売上税および諸費用を、お客様にご負担いただきます。海外でのサービスが行われる場合、Apple は製品および部品を、現地の基準に合致する同等の製品および部品を使用して修理または交換することがあります。

6. お客様の責任

本プランにおけるサービスまたはサポートを利用する場合、お客様は、以下の項目に従うことに同意するものとします。(i) 本プランの契約番号および本プランの購入証明書原本の写しを提供すること、(ii) 対象機器の問題の症状および原因に関する情報を提供すること、(iii) 対象機器の診断または修理に必要な情報の提供要請に対応すること、(iv) Apple からの指示に従うこと、(v) サービスを請求する前に、公表されている最新のリリースにソフトウェアを更新すること、 (vi) 対象機器に保存されているソフトウェアおよびデータをバックアップすること。

ハードウェアサービスの過程で、Apple は対象機器内のデータを消去し、ストレージメディアを再フォーマットします。お客様の対象機器や交換用機器は、対象機器の出荷時の構成に、該当するアップデートを適用した状態で返却または提供されます。Apple は、ハードウェアサービスの一環として OS のアップデートをインストールする場合があります。これは、対象機器が前のバージョンの OS に戻るのを防ぐためのものです。OS をアップデートした結果、対象機器にインストールされていた他社製アプリケーションが、対象機器との互換性を維持できなくなる場合や、正常に動作しなくなる場合があります。他のすべてのソフトウェアプログラム、データ、およびパスワードの再インストールについては、お客様が責任を負うものとします。

7. 責任の制限

準拠法によって最大限認められる限り、Apple と Apple の従業員および関連エージェントは、いかなる状況下においても、お客様またはその後の対象機器所有者に対し、本プランにおける Apple の義務に起因する、プログラムやデータの復元/再プログラミング/再生の費用、データの機密保持の不履行、商業機会/利益/収入/想定される費用節減の損失などを含む (ただしこれらに限定されない) 間接的または結果的な損害に関して責任を負いません。準拠法によって最大限認められる限り、お客様およびその後の所有者に対する、本プランにおける Apple と Apple の従業員および関連エージェントの責任は、本プランに対してお客様が支払った当初の金額を超えないものとします。Apple は特に、(i) プログラムまたはデータに対してリスクや消失を発生させることなく対象機器を修理または交換できること、(ii) データの機密性を保持すること、(iii) 製品が支障なく動作することまたは誤動作しないことを保証しません。

消費者保護法令に基づき責任が制限される範囲において、Apple の責任は、Apple 独自の選択により、対象機器の交換もしくは修理、またはサービスの提供に限定されます。

8. 解約

8.1 一括払いプラン

お客様は、理由の如何にかかわらず、いつでも本プランを解約できます。本プランを解約する場合は、Apple にお電話いただくか、本プランの契約番号を記載した解約通知を AppleCare サービス&サポート製品事務局 Apple メールセンター (〒106-6140 東京都港区六本木 6 丁目 10 番 1 号 六本木ヒルズ) 宛に送付して Apple に通知することにより解約できます。お客様の通知には、本プランの購入証明書原本の写しを添付していただく必要があります。

現地の法律に特別な規定がない限り、以下のように解約払戻金が返金されます。

(a) 本プランの購入日と受領日のいずれか遅い方から 30 日以内に解約した場合は、本プランにおいて提供されたサービスの対価を差し引いた残額がお客様に全額返金されます。

(b) 本プランの受領日から 31 日目以降に解約した場合、当初の購入価格に比例した金額がお客様に返金されます。本プラン購入日からの本プラン期間の残存期間に応じて、元の購入金額から (a) 解約料として残存期間相当額の 10 %、および (b) 本プランにおいてお客様に提供された利益の対価を差し引いた金額がお客様に返金されます。

現地の法律に特別な規定がない限り、不正行為もしくは重要な虚偽申告があった場合、または Apple が対象機器の修理部品を入手できない場合、Apple は 30 日前に書面で通知することにより本プランを解約することができます。現地の法律で許可される場合は、Apple が修理部品を入手できないために本プランを解約する際に、本プランの残存期間に比例した金額がお客様に返金されます。

8.2 月払いプラン

お客様は、理由の如何にかかわらず、いつでも本プランを解約できます。Apple 以外の販売業者 (以下「取扱店」) から月払いプランを直接購入した場合は、その取扱店に連絡してそのプランを解約してください。Apple から月払いプランを購入した場合は、本プランの契約番号と購入証明書原本を AppleCare サービス&サポート製品事務局 Apple メールセンター (〒106-6140 東京都港区六本木 6 丁目 10 番 1 号 六本木ヒルズ) 宛に送付して Apple に通知することにより解約できます。現地の法律に特別な規定がない限り、14 日間の返却期間内に対象デバイスを返却した場合、お客様はプランを解約し、最初に支払った月払い分の全額の返金を受けることができます。ただし解約するには、上記の手順に従って Apple に連絡する必要があります。対象デバイスの返却に関係なくプランを解約する場合は、最後に行われた支払いの対象月末日の深夜 0 時まで解約が延期されます。月々の支払いが満額かつ適時に行われなかった場合は、お客様が本プランの解約を希望しているとみなされます。この場合は、お客様がすでに支払った額の返金を受ける資格はありません。月払いプランの支払いが第三者によって行われていた場合は、すべての返金がその第三者に対して行われる場合があります。

8.3 解約の効力

早期解約が有効になった時点で、本プランに基づく Apple のお客様に対する将来の義務はすべて消失します。

9. 本プランの譲渡

お客様は、本プランにおけるお客様の権利のすべてを、1 回に限り、第三者に対して永久譲渡することができます。ただしこの場合は、次のすべての条件を満たす必要があります。(i) お客様は当該第三者に対し、購入証明書原本、本プラン確認書、本プランの印刷物、本サービス契約を譲渡すること、(ii) お客様は譲渡通知を AppleCare サービス&サポート製品事務局 Apple メールセンター (〒106-6140 東京都港区六本木 6 丁目 10 番 1 号 六本木ヒルズ) 宛に送付することにより Apple に通知すること、(iii) 当該第三者が、本サービス契約の条件を受諾すること。さらに、月払いプランについては、お客様がプランの購入代金を支払った場合を含め、被譲渡人は譲渡人のすべての支払い義務を引き継いで履行するものとします。被譲渡人がその支払い義務を履行しなかった場合は、第 8.2 項および第 8.3 項に記載されている月払いプランに関する解約条項がただちに有効になるものとします。譲渡について Apple に通知する際は、本プランの契約番号、対象機器のシリアル番号、および新しい所有者の名前、住所、電話番号、メールアドレスを提示する必要があります。

10. 一般条項

(a) Apple は、Apple の義務の履行を第三者に請け負わせる、または委任することができますが、その場合でも Apple はお客様に対する義務からは免責されません。

(b) Apple は、Apple の合理的な管理範囲を超えた事由による本プランの不履行または履行遅滞に関して責任を負いません。

(c) お客様は、本プランにおけるサービスを受けるために対象機器に関する予防保守を行う必要はありません。

(d) 本プランは、日本においてのみ提供され、効力を有します。未成年者は、本プランを購入できません。

(e) Apple は、その義務の履行に際し、Apple による顧客対応の品質を監視する目的に限定して、独自の裁量によってお客様と Apple との通話の一部またはすべてを録音する場合があります。

(f) お客様は、本プランにおいて Apple に開示される情報またはデータの一切が、お客様にとって機密または専有の情報でないことに同意するものとします。またお客様は、Apple がサービスを提供する際に、Apple がお客様に代わってデータを収集および処理することに同意するものとします。これには、Apple が、関連会社またはサービスプロバイダに対し、Apple カスタマープライバシーポリシーに基づいてお客様のデータを送信する行為が含まれる場合があります。

(g) Apple は、不法なデータ破壊、不正アクセス、不正開示からお客様のデータを保護するセキュリティ対策を講じています。お客様は、データ処理に関して Apple に指示する内容に責任を負うものとし、Apple は、本プランにおけるサービスおよびサポート義務を履行するために合理的に必要とされる、かかる指示を遵守することに努めるものとします。お客様が上記に同意されない場合、またはお客様のデータの処理についてご質問がある場合は、support.apple.com/ja-jp/HT201232 に記載されている Apple サポートの電話番号までご連絡ください。

(h) Apple は、apple.com/jp/privacy/contact/ に記載されている Apple カスタマープライバシーポリシーに従い、お客様の情報を保護します。お客様ご自身が、Apple が保持しているお客様情報へのアクセスまたは変更を希望される場合は、appleid.apple.com にアクセスしてお客様の個人連絡先情報を更新するか、apple.com/jp/privacy/contact/ から Apple にお問い合わせください。

(i) 本プランの領収書原本および本プラン確認書を含む本プランの規約は、発注書やその他の書類の相反する条件、付加的な条件、またはその他の条件に優先して適用され、本プランに関するお客様と Apple との完全なる合意を構成します。

(j) Apple は、本プランを更新する義務を負いません。Apple が本プランの更新を提案する場合は、その料金および条件を Apple が決定します。

(k) 本プランに関しては、非公式な紛争解決プロセスを一切利用できません。

(l) 本プランにおける「Apple」とは、Apple Japan 合同会社 (〒106-6140 東京都港区六本木 6 丁目 10 番 1 号 六本木ヒルズ) であり、本プランの財務および法的責任者です。

(m) 本プランは、日本の法律に準拠します。本プランにおけるサポートサービスは、日本語でのみ提供されます。

電話番号

各国の電話番号については、support.apple.com/ja-jp/HT201232 をご確認ください。

* 電話番号および営業時間は、変更される場合があります。フリーダイヤルは、すべての国で利用できる訳ではありません。

111021 AC+ EDU Japan v2.1 – Japanese

AppleCare+ for Schools (iPad)
AppleCare+ for Schools (Mac)

1. 本プラン

本契約 (以下「本プラン」) は、上記のプランに基づき Apple によって提供されるサービスを規定するものです。また本プランには、本契約、お客様のプラン確認書 (以下「本プラン確認書」)、およびお客様が本プランを購入した際の領収書原本に記載されている条件が含まれます。お客様の本プラン確認書は、購入時にお客様に提供されるか、その後に自動的にお客様に送付されます。Apple から本プランをご購入いただいた場合は、mysupport.apple.com/products で本プラン確認書の写しを入手できます。

本プランに基づく利益は、メーカーのハードウェア保証および無償テクニカルサポートに付加されるものです。本プランの条件は、特に明記されていない限り、1 回払い (以下「一括払いプラン」) か月払い (以下「月払いプラン」) かを問わず、同様に適用されます。

本プランは、次の機器 (総称して「対象機器」) を対象としています。(i) 本プラン確認書に記載されている Apple 製品 (Mac または iPad (iPad で使用する目的で購入された Apple Pencilおよび Apple ブランドの iPad 用キーボード (以下「iPad 入力デバイス」といいます) も含まれる) (以下「対象デバイス」といいます)、(ii) 対象デバイスの購入時のパッケージに含まれていたアクセサリ、(iii) Apple ブランドのマウス、Magic Trackpad、キーボード (Mac に付属する場合、または Mac mini や Mac Pro とともに購入された場合)、Apple メモリモジュール (RAM)、Apple USB SuperDrive (以下「Mac アクセサリ」) (お客様がこれらの製品を対象デバイスとなる Mac の購入日の 2 年前以降に最初に購入し、ともに使用している場合)。

保証は、お客様が本プランを購入した時点で開始し、解約しない限り、本プラン確認書に指定された日付 (以下「本プランの期間」) まで継続します。 

本プランの価格は、本プランの領収書原本に記載されています。

2.対象範囲

2.1 不具合または劣化したバッテリーに関するハードウェアサービス (以下「ハードウェアサービス」)

お客様が、本プランの期間中に Apple に対し、材質上または製造上の不具合が対象機器に生じたこと、または内蔵充電式バッテリーを使用する対象機器に関して、対象デバイスのバッテリーの蓄電容量が元の仕様の 80 % 未満であることのいずれかを通知することにより有効な請求を行った場合、Apple は、(i) 新品の部品、または性能および信頼性において新品と同等の部品を使用して無償で不具合品の修理を行うか、(ii) 当該対象機器を新品の交換用製品、または性能および信頼性において新品と同等の交換用製品と交換します。

本プランに基づいて提供されるすべての交換品は、元の製品と少なくとも機能的に同等のものです。Apple が対象機器を交換した場合、元の製品は Apple の所有物となり、交換品はお客様の所有物となって、本プランの残存期間の保証がその交換品に適用されます。

2.2 過失や事故による損傷に関するサービス (以下「ADH サービス」)

お客様が、本プランの期間中に Apple に対し、不測かつ不慮の外的事由 (落下や液体接触による損傷など) の結果生じた過失や事故による損傷 (以下「ADH」) により対象デバイスが故障したことを通知することにより有効な請求を行った場合、Apple は、以下に記載するサービス料金にて、(i) 新品の部品、または性能および信頼性において新品と同等の再生部品を使用して不具合品の修理を行うか、(ii) 当該対象デバイスを新品の交換用製品、または性能および信頼性において新品と同等の交換用製品と交換します。お客様が ADH のサービスを受けることを「サービスイベント」と呼びます。なお、以下の点にご留意ください。各対象デバイスについては、領収書原本に記載されているプラン購入日から 12 か月ごとに最大 2 回のサービスイベントを受けることができます。未使用のサービスイベントは失効し、その後の 12 か月間は新しい ADH サービスイベントが 2 回まで保証されます。本プランのその他すべてのサービスは、プランが終了するまで保証されます。

以下のサービス料が各サービスイベントに適用されます。

iPad Pro:

4,400 円 (税込)

iPad (他のすべてのモデル):

4,400 円 (税込)

iPad 用入力デバイス:

3,700 円 (税込)

Mac:

 

Tier 1 ADH サービスイベント

- 画面のみの ADH 損傷

- 外部筐体のみの ADH 損傷

12,900 円 (税込)

Tier 2 ADH サービスイベント

- その他すべての ADH 損傷

37,100 円 (税込)

iPad 用入力デバイスに対する ADH サービスは、iPad および iPad 用入力デバイスが同時に損傷した場合でも、iPad に対する ADH サービスとは別のサービスイベントとしてみなされます。

対象デバイスが Mac で、Tier 1 ADH サービスイベントの料金でサービスをご利用いただく場合は、Apple が対象デバイスのディスプレイまたは外部筐体を修理する上で妨げとなる、画面のみ (該当する場合) または外部筐体のみの損傷以外の損傷がないことが条件となります。その他の損傷がある対象デバイスには、Tier 2 ADH サービスイベントの料金が請求されます。

購入国以外の国で本プランに基づくサービスをお求めになる場合、サービス料はその国の通貨でお支払いいただく必要があり、その国における料金が適用されます。各国で適用される料金などの詳細は、AppleCare+ のサポート Web サイト (apple.com/jp/legal/sales-support/applecare/applecareplus/) をご覧ください。

2.3 テクニカルサポート

本プランの期間中、Apple はお客様に対して、対象機器に関する電話および Web によるテクニカルサポート (以下「テクニカルサポート」) を優先的に提供します。テクニカルサポートは、お客様が対象機器を購入した日から開始される Apple 提供の無償テクニカルサポートの期間終了後に開始されます。テクニカルサポートには、ファイルの保存、取得、管理などを含む、インストール、起動、設定、トラブルシューティング、修復 (データの復元を除く) に関するサポート、システムエラーメッセージの解釈、ならびにハードウェアサービスが必要な時期や ADH サービスの適用可否の判断などが含まれます。Apple は、サポート対象ソフトウェアのその時点での最新バージョンおよび直前のメジャーリリースに関するサポートを提供します。本項において「メジャーリリース」とは、「1.0」や「2.0」などのリリースナンバー形式によって Apple が商業的にリリースする重要なソフトウェアバージョンであり、ベータ版やプレリリースの形式でないものを意味します。

Apple テクニカルサポートの対象範囲は以下に制限されます。(i) 対象機器、(ii) Apple ブランドのオペレーティングシステム (以下「OS」)、および対象機器にあらかじめインストールされている、または対象機器で動作するように設計された Apple ブランドのソフトウェアアプリケーション (以下「コンシューマソフトウェア」)、(iii) 対象機器への接続仕様を満たし、対象機器に対応するオペレーティングシステムを使用しているノートパソコンまたはデスクトップパソコンと、対象機器との接続に関する問題。なお、以下に規定されるサービスは、テクニカルサポートの対象範囲外です。

3.対象範囲外

3.1 ハードウェアサービスと ADH サービス

Apple は、ハードウェアサービスおよび ADH サービスの提供対象国を、お客様が最初に対象機器を購入した国に限定する場合があります。

Apple は、以下に関するハードウェアサービスまたは ADH サービスを提供しません。

(a) 通常の使用による経年劣化、または対象機器の機能に影響しない外観上の損傷

(b) 予防保守

(c) 紛失または盗難にあった対象機器の交換

(d) 無謀行為、乱用行為、故意や意図的な行為、または通常ではない方法や Apple が意図していない方法による対象機器の使用によって生じた損傷

(e) 対象機器または対象機器の修理中に実施される機器の設置、取り外し、廃棄

(f) 対象機器ではない製品によって生じた損傷

(g) Apple または正式な権限を有する Apple 担当者以外によって開封、修理、改造、改変された対象機器の損傷 (原因を問わず) 

(h) お客様が対象機器を購入した後に本プランを購入した場合における、本プランの購入前に対象機器に生じていた状態

(i) シリアル番号が改変されている、判読できない、または削除されている対象機器の損傷 

(j) 火災、地震、その他の外的原因によって生じた損害

(k) 対象デバイスが Mac の場合の、対象機器への過度または壊滅的な物理的損傷 (製品がつぶれたり曲がったりしているなど)、または液体接触に起因する対象機器への過度または壊滅的な損傷 (製品の一部または全体が浸水しているなど)

(l) 対象デバイスが Mac の場合の、危険物の存在に起因する損傷。危険物とは、人間の健康に害を及ぼす生物的汚染物質やアレルゲンを指しますが、これらに限定されません

他社製の部品を取り付けると、お客様の保証範囲に影響が及ぶ場合があります。ハードウェアサービスまたは ADH サービスを利用する条件として、対象機器を、元の部品または Apple 正規交換用コンポーネントを含む完全な状態で Apple に返却する必要があります。この制限は、お客様の消費者法に基づく権利を侵害するものではありません。

3.2 テクニカルサポート

Apple は、以下の状況ではテクニカルサポートを提供しません。

(a) OS およびコンシューマソフトウェアをサーバーベースのアプリケーションとして使用している

(b) ソフトウェアをその時点での最新バージョンに更新することで問題が解決する可能性がある

(c) 他社製品に関するサポート、または他社製品が対象機器に与える影響や相互作用に関するサポート

(d) コンシューマソフトウェアまたは対象機器の接続の問題に関連しないコンピュータまたは OS の使用に関するサポート

(e) コンシューマソフトウェア以外のソフトウェアに関するサポート

(f) 「ベータ版」「プレリリース」「プレビュー」または同様の呼称が適用されているコンシューマソフトウェアに関するサポート 

(g) 対象機器に保存または記録されているあらゆるソフトウェアやデータの損害や損失に関するサポート (注:ソフトウェアプログラムおよびユーザデータの復元や再インストールは本プランの対象外) 

(h) 対象デバイスが Mac で、サーバ用 macOS ソフトウェアに関するサポート (対象デバイス上の macOS Server でのサーバ管理とネットワーク管理に関する問題に対してグラフィカルインターフェイスを使用している場合を除く)

(i) 対象デバイスが Mac で、意図されていない用途または改造方法によって対象機器、macOS、コンシューマソフトウェアが使用または改造されている場合 

4.サービスおよびサポートを受ける方法

Apple にお電話いただくか、support.apple.com/ja-jp にアクセスしていただくことにより、サービスまたはテクニカルサポートを受けることができます。その際は、本プランの契約番号または対象デバイスのシリアル番号を提示する必要があります。また、Apple が求めた場合は、本プラン確認書、および対象デバイスと本プランの領収書原本を提示していただく必要があります。

5.サービスのオプション

Apple は、以下の 1 つまたは複数のオプションを通じてお客様にハードウェアサービスを提供します。

(a) 持ち込み修理。持ち込み修理はほとんどの対象機器で利用可能です。その場合は、持ち込み修理を実施する Apple Store 直営店の拠点または Apple 正規サービスプロバイダ (以下「AASP」) に対象機器をお持ち込みください。サービスはそのストアで提供される場合もあれば、そのストアが対象機器を Apple 修理サービス (以下「ARS」) サイトに送付して修理が行われる場合もあります。お客様はすみやかに対象機器を引き取る必要があります。

(b) 出張修理。出張修理は、対象機器の設置場所が Apple 正規出張修理プロバイダの拠点から半径 50 マイル (80 キロ) 圏内であれば、多くのデスクトップ型コンピュータに対して実施可能です。以下に記載する通り、在宅自己交換修理サービスによって修理可能な特定の部品については、出張修理の対象となりません。出張修理を提供可能であると Apple が判断した場合、Apple は修理技術者を対象機器の設置場所に派遣します。サービスは、その場所で提供されるか、修理技術者が対象機器を AASP または ARS の拠点に配送して行われます。対象機器が AASP または ARS の拠点で修理される場合、Apple は、サービス終了後、対象機器をお客様の設置場所に配送する手配を行います。修理技術者が予約された時間に対象機器へのアクセスを許可されない場合、再度の出張訪問には追加料金がかかる場合があります。

(c) ピックアップ&デリバリー修理サービス。Apple がお客様の対象機器がピックアップ&デリバリー修理サービスの対象になると判断した場合、Apple の指定業者が対象機器を引き取りに伺います。サービスが完了すると、Apple は対象機器または交換品をお客様に返送します。すべての手順に従っていただいた場合、Apple は、お客様の所在地からの往復のピックアップ&デリバリーの送料を負担します。

(d) エクスプレス交換サービス (以下「ERS」) または在宅自己交換修理 (以下「DIY」) サービス。ERS は特定の対象機器で利用できます。Mac では ERS を利用できません。DIY サービスは、多くの対象機器で利用できます。このサービスでは、お客様自身が対象機器を交換修理できます。Apple が、交換されたデバイスまたは部品の返却を要求した場合は、交換されたデバイスをお客様が指示通りに返却するまで、交換用デバイスまたは交換部品の小売価格および該当する送料の支払保証のために、Apple がクレジットカードによる支払承認を求める場合があります。お客様の都合によりクレジットカードによる支払承認が不可能な場合はサービスを利用できない場合があります。その場合 Apple は、別の修理サービスの手配についてご案内します。交換された対象機器や部品が指示通りに返却されない場合や、交換されたサービス対象外の対象機器または部品が返却された場合、Apple は承認料金をお客様のクレジットカードより引き落とさせていただきます。Apple が、交換された製品または部品の返却を要求しない場合、Apple は交換品または部品を、該当する指示書または交換された製品や部品の廃棄条件と共に、無料でお客様に送付します。いずれの場合も、Apple は、ERS または DIY サービスに伴うお客様の人件費を負担しません。

Apple は、お客様に対して修理や交換サービスを提供する方法、およびお客様の対象機器が特定のサービス方針の適用対象となるか否かを変更する場合があります。

サービスは、お客様がサービスを依頼する国で利用可能なオプションに限定されます。サービスのオプション、部品の在庫、対応にかかる時間は、状況によって異なる場合があります。購入国以外の国で対象機器に対するサービスを利用できない場合、サービスが利用可能な国でサービスを受けるための送料および取扱手数料を、お客様にご負担いただく場合があります。購入国以外の国でのサービスをお求めになる場合、適用されるすべての輸出入に関する法律および規制を遵守し、すべての関税、付加価値税、その他の関連する売上税および諸費用を、お客様にご負担いただきます。海外でのサービスが行われる場合、Apple は製品および部品を、現地の基準に合致する同等の製品および部品を使用して修理または交換することがあります。

6.お客様の責任

本プランにおけるサービスまたはサポートを利用する場合、お客様は、以下の項目に従うことに同意するものとします。(i) 本プランの契約番号および本プランの購入証明書原本の写しを提供すること、(ii) 対象機器の問題の症状および原因に関する情報を提供すること、(iii) 対象機器の診断または修理に必要な情報の提供要請に対応すること、(iv) Apple からの指示に従うこと、(v) サービスを請求する前に、公表されている最新のリリースにソフトウェアを更新すること、(vi) 対象機器に保存されているソフトウェアおよびデータをバックアップすること。

ハードウェアサービスの過程で、Apple は対象機器内のデータを消去し、ストレージメディアを再フォーマットします。お客様の対象機器や交換用機器は、対象機器の出荷時の構成に、該当するアップデートを適用した状態で返却または提供されます。Apple は、ハードウェアサービスの一環として OS のアップデートをインストールする場合があります。これは、対象機器が前のバージョンの OS に戻るのを防ぐためのものです。OS をアップデートした結果、対象機器にインストールされていた他社製アプリケーションが、対象機器との互換性を維持できなくなる場合や、正常に動作しなくなる場合があります。他のすべてのソフトウェアプログラム、データ、およびパスワードの再インストールについては、お客様が責任を負うものとします。

7.責任の制限

準拠法によって最大限認められる限り、Apple と Apple の従業員および関連エージェントは、いかなる状況下においても、お客様またはその後の対象機器所有者に対し、本プランにおける Apple の義務に起因する、プログラムやデータの復元/再プログラミング/再生の費用、データの機密保持の不履行、商業機会/利益/収入/想定される費用節減の損失などを含む (ただしこれらに限定されない) 間接的または結果的な損害に関して責任を負いません。準拠法によって最大限認められる限り、お客様およびその後の所有者に対する、本プランにおける Apple と Apple の従業員および関連エージェントの責任は、本プランに対してお客様が支払った当初の金額を超えないものとします。Apple は特に、(i) プログラムまたはデータに対してリスクや消失を発生させることなく対象機器を修理または交換できること、(ii) データの機密性を保持すること、(iii) 製品が支障なく動作することまたは誤動作しないことを保証しません。

消費者保護法令に基づき責任が制限される範囲において、Apple の責任は、Apple 独自の選択により、対象機器の交換もしくは修理、またはサービスの提供に限定されます。

8.解約

8.1 一括払いプラン

お客様は、理由の如何にかかわらず、いつでも本プランを解約できます。本プランを解約する場合は、Apple にお電話いただくか、本プランの契約番号を記載した解約通知をAppleCare サービス&サポート製品事務局 Apple メールセンター (〒106-6140 東京都港区六本木 6 丁目 10 番 1 号 六本木ヒルズ) 宛に送付して Apple に通知することにより解約できます。お客様の通知には、本プランの購入証明書原本の写しを添付していただく必要があります。 

現地の法律に特別な規定がない限り、以下のように解約払戻金が返金されます。

(a) 本プランの購入日と受領日のいずれか遅い方から 30 日以内に解約した場合は、本プランにおいて提供されたサービスの対価を差し引いた残額がお客様に全額返金されます。

(b) 本プランの受領日から 31 日目以降に解約した場合、当初の購入価格に比例した金額がお客様に返金されます。本プラン購入日からの本プラン期間の残存期間に応じて、元の購入金額から (a) 解約料として残存期間相当額の 10 %、および (b) 本プランにおいてお客様に提供された利益の対価を差し引いた金額がお客様に返金されます。

現地の法律に特別な規定がない限り、不正行為もしくは重要な虚偽申告があった場合、または Apple が対象機器の修理部品を入手できない場合、Apple は 30 日前に書面で通知することにより本プランを解約することができます。現地の法律で許可される場合は、Apple が修理部品を入手できないために本プランを解約する際に、本プランの残存期間に比例した金額がお客様に返金されます。

8.2 月払いプラン

お客様は、理由の如何にかかわらず、いつでも本プランを解約できます。Apple 以外の販売業者 (以下「取扱店」) から月払いプランを直接購入した場合は、その取扱店に連絡してそのプランを解約してください。Apple から月払いプランを購入した場合は、本プランの契約番号と購入証明書原本を AppleCare サービス&サポート製品事務局 Apple メールセンター (〒106-6140 東京都港区六本木 6 丁目 10 番 1 号 六本木ヒルズ) 宛に送付して Apple に通知することにより解約できます。現地の法律に特別な規定がない限り、14 日間の返却期間内に対象デバイスを返却した場合、お客様はプランを解約し、最初に支払った月払い分の全額の返金を受けることができます。ただし解約するには、上記の手順に従って Apple に連絡する必要があります。対象デバイスの返却に関係なくプランを解約する場合は、最後に行われた支払いの対象月末日の深夜 0 時まで解約が延期されます。月々の支払いが満額かつ適時に行われなかった場合は、お客様が本プランの解約を希望しているとみなされます。この場合は、お客様がすでに支払った額の返金を受ける資格はありません。月払いプランの支払いが第三者によって行われていた場合は、すべての返金がその第三者に対して行われる場合があります。

8.3 解約の効力

早期解約が有効になった時点で、本プランに基づく Apple のお客様に対する将来の義務はすべて消失します。

9.本プランの譲渡

お客様は、本プランにおけるお客様の権利のすべてを、1 回に限り、第三者に対して永久譲渡することができます。ただしこの場合は、次のすべての条件を満たす必要があります。(i) お客様は当該第三者に対し、購入証明書原本、本プラン確認書、本プランの印刷物、本サービス契約を譲渡すること、(ii) お客様は譲渡通知を  AppleCare サービス&サポート製品事務局 Apple メールセンター (〒106-6140 東京都港区六本木 6 丁目 10 番 1 号 六本木ヒルズ) 宛に送付することにより Apple に通知すること、(iii) 当該第三者が、本サービス契約の条件を受諾すること。さらに、月払いプランについては、お客様がプランの購入代金を支払った場合を含め、被譲渡人は譲渡人のすべての支払い義務を引き継いで履行するものとします。被譲渡人がその支払い義務を履行しなかった場合は、第 8.2 項および第 8.3 項に記載されている月払いプランに関する解約条項がただちに有効になるものとします。譲渡について Apple に通知する際は、本プランの契約番号、対象機器のシリアル番号、および新しい所有者の名前、住所、電話番号、メールアドレスを提示する必要があります。

10.一般条項

(a) Apple は、Apple の義務の履行を第三者に請け負わせる、または委任することができますが、その場合でも Apple はお客様に対する義務からは免責されません。

(b) Apple は、Apple の合理的な管理範囲を超えた事由による本プランの不履行または履行遅滞に関して責任を負いません。

(c) お客様は、本プランにおけるサービスを受けるために対象機器に関する予防保守を行う必要はありません。

(d) 本プランは、日本においてのみ提供され、効力を有します。未成年者は、本プランを購入できません。

(e) Apple は、その義務の履行に際し、Apple による顧客対応の品質を監視する目的に限定して、独自の裁量によってお客様と Apple との通話の一部またはすべてを録音する場合があります。

(f) お客様は、本プランにおいて Apple に開示される情報またはデータの一切が、お客様にとって機密または専有の情報でないことに同意するものとします。またお客様は、Apple がサービスを提供する際に、Apple がお客様に代わってデータを収集および処理することに同意するものとします。これには、Apple が、関連会社またはサービスプロバイダに対し、Apple カスタマープライバシーポリシーに基づいてお客様のデータを送信する行為が含まれる場合があります。

(g) Apple は、不法なデータ破壊、不正アクセス、不正開示からお客様のデータを保護するセキュリティ対策を講じています。お客様は、データ処理に関して Apple に指示する内容に責任を負うものとし、Apple は、本プランにおけるサービスおよびサポート義務を履行するために合理的に必要とされる、かかる指示を遵守することに努めるものとします。お客様が上記に同意されない場合、またはお客様のデータの処理についてご質問がある場合は、support.apple.com/ja-jp/HT201232 に記載されている Apple サポートの電話番号までご連絡ください。

(h) Apple は、apple.com/jp/privacy/contact/ に記載されている Apple カスタマープライバシーポリシーに従い、お客様の情報を保護します。お客様ご自身が、Apple が保持しているお客様情報へのアクセスまたは変更を希望される場合は、appleid.apple.com にアクセスしてお客様の個人連絡先情報を更新するか、apple.com/jp/privacy/contact/ から Apple にお問い合わせください。

(i) 本プランの領収書原本および本プラン確認書を含む本プランの規約は、発注書やその他の書類の相反する条件、付加的な条件、またはその他の条件に優先して適用され、本プランに関するお客様と Apple との完全なる合意を構成します。

(j) Apple は、本プランを更新する義務を負いません。Apple が本プランの更新を提案する場合は、その料金および条件を Apple が決定します。

(k) 本プランに関しては、非公式な紛争解決プロセスを一切利用できません。

(l) 本プランにおける「Apple」とは、Apple Japan 合同会社 (〒106-6140 東京都港区六本木 6 丁目 10 番 1 号 六本木ヒルズ) であり、本プランの財務および法的責任者です。

(m) 本プランは、日本の法律に準拠します。本プランにおけるサポートサービスは、日本語でのみ提供されます。 

電話番号

各国の電話番号については、support.apple.com/ja-jp/HT201232 をご確認ください。

* 電話番号および営業時間は、変更される場合があります。フリーダイヤルは、すべての国で利用できる訳ではありません。

090120 AC+ EDU Japan v2.0 – Japanese

AppleCare+ for Schools (iPad)
AppleCare+ for Schools (Mac)

1.本プラン

本契約 (以下「本プラン」といいます) は、上記のプランに基づき Apple によって提供されるサービスを規定するものです。また本プランには、本契約、お客様のプラン確認書 (以下「本プラン確認書」といいます)、およびお客様が本プランを購入した際の領収書原本に記載されている条件が含まれます。本プラン確認書は、購入時にお客様に提供されます。Apple から本プランをご購入いただいた場合は、mysupport.apple.com/products で本プラン確認書の写しを入手できます。

本プランに基づく利益は、メーカーのハードウェア保証および無償テクニカルサポートに付加されるものです。本契約の条件は、特に明記されていない限り、1 回払い (以下「一括払いプラン」といいます) か、月払い (以下「月払いプラン」といいます) かを問わず、同様に適用されます。

本プランは、次の機器 (総称して「対象機器」といいます) を対象としています。(i) 本プラン確認書に記載されている Apple 製品 (Mac または iPad (iPad で使用する目的で購入された Apple Pencil および Apple ブランドの iPad 用キーボード (以下「iPad 入力デバイス」といいます) も含まれる) (以下「対象デバイス」といいます)、(ii) 対象デバイスの購入時のパッケージに含まれていたアクセサリ、(iii) iPad とともに使用され、当該 iPad の購入日の 2 年前以降に購入された AirMac Express または AirMac Extreme ベースステーション、および AirMac Time Capsule (以下「接続デバイス」といいます)、(iv) Apple ブランドのマウス、Magic Trackpad、キーボード (Mac に付属する場合、または Mac mini もしくは Mac Pro とともに購入された場合)、ならびに AirMac Express、AirMac Extreme ベースステーション、AirMac Time Capsule、Apple メモリモジュール (RAM)、および Apple USB SuperDrive (以下「Mac アクセサリ」といいます) (お客様がこれらの製品を対象デバイスである Mac の購入日の 2 年前以降に最初に購入し、対象デバイスとともに使用している場合)。

保証は、お客様が本プランを購入した時点で開始され、解約しない限り、本プラン確認書に指定された日付 (以下「本プランの期間」といいます) まで継続します。 

本プランの価格は、本プランの領収書原本に記載されています。

2.対象範囲

2.1 不具合または劣化したバッテリーに関するハードウェアサービス (以下「ハードウェアサービス」といいます)

お客様が、本プランの期間中に Apple に対し、材質上または製造上の不具合が対象機器に生じたこと、または内蔵充電式バッテリーを使用する対象機器に関して、対象デバイスのバッテリーの蓄電容量が元の仕様の 80 % 未満であることのいずれかを通知することにより有効な請求を行った場合、Apple は、(i) 新品の部品、または性能および信頼性において新品と同等の部品を使用して無償で不具合品の修理を行うか、(ii) 当該対象機器を新品の交換用製品、または性能および信頼性において新品と同等の交換用製品と交換します。

本プランに基づいて提供されるすべての交換用製品は、元の製品と少なくとも機能的に同等のものです。Apple が対象機器を交換した場合、元の製品は Apple の所有物となり、交換用製品はお客様の所有物となり、本プランの残存期間の保証が交換用製品に適用されます。

2.2 過失や事故による損傷に関するサービス (以下「ADH サービス」といいます)

お客様が、本プランの期間中に Apple に対し、不測かつ不慮の外的事由 (落下や液体接触による損傷など) の結果生じた過失や事故による損傷 (以下「ADH」といいます) により対象デバイスが故障したことを通知することにより有効な請求を行った場合、Apple は、以下に記載するサービス料金にて、(i) 新品の部品、または性能および信頼性において新品と同等の再生部品を使用して不具合品の修理を行うか、(ii) 当該対象デバイスを新品の交換用製品、または性能および信頼性において新品と同等の交換用製品と交換します。お客様が ADH のサービスを受けることを「サービスイベント」と呼びます。なお、以下の点にご留意ください。各対象デバイスでは、プランの購入日から 12 か月ごとに最大 2 回のサービスイベントを受けることができます。

以下のサービス料が各サービスイベントに適用されます。

iPad Pro:

4,400 円 

iPad (その他のモデル):

4,400 円 

iPad 入力デバイス:

Apple Pencil:

Apple ブランドの iPad 用キーボード


3,400 円 

3,400 円 

Mac:

Tier 1 ADH サービスイベント

画面のみの ADH 損傷

外部筐体のみの ADH 損傷

11,800 円

Tier 2 ADH サービスイベント

その他すべての ADH 損傷

33,800 円

 

* ここに記載されている料金には、税額は含まれていません


iPad 入力デバイスに対する ADH サービスは、iPad および iPad 入力デバイスが同時に損傷した場合でも、iPad に対する ADH サービスとは別個のサービスイベントとしてみなされます。

対象デバイスがMacの場合、Tier 1 ADH サービスイベントの料金でサービスをご利用いただくために場合は、Apple が対象デバイスのディスプレイまたは外部筐体を修理する上で妨げとなる、画面のみ (該当する場合) または外部筐体のみの損傷以外の損傷がないことが条件となります。その他の損傷がある対象デバイスには、Tier 2 ADH サービスイベントの料金が請求されます。

2.3 テクニカルサポート

本プランの期間中、Apple はお客様に対して、対象機器に関する電話および Web によるテクニカルサポート (以下「テクニカルサポート」といいます) を優先的に提供します。テクニカルサポートは、お客様が対象機器を購入した日から開始される Apple 提供の無償テクニカルサポートの期限切れ後に開始されます。テクニカルサポートには、ファイルの保存、取得および管理などを含む、インストール、起動、構成、トラブルシューティングおよび修復 (データの復元を除きます) に関するサポート、システムエラーメッセージの解釈、ならびにハードウェアサービスが必要な時期や ADH サービスの適用可否の判断が含まれます。Apple は、サポート対象ソフトウェアのその時点での最新バージョンおよび直前のメジャーリリースに関するサポートを提供します。本項において「メジャーリリース」とは、「1.0」や「2.0」などのリリースナンバー形式によって Apple が商業的にリリースする重要なソフトウェアバージョンであり、ベータ版やプレリリースの形式でないものを意味します。

Apple テクニカルサポートの対象範囲は以下に制限されます。(i) 対象機器、(ii) Apple ブランドのオペレーティングシステム (以下「OS」といいます)、および対象機器にあらかじめインストールされている、または対象機器で動作するように設計された Apple ブランドのソフトウェアアプリケーション (以下「コンシューマソフトウェア」といいます)、(iii) 対象機器への接続仕様を満たし、対象機器に対応するオペレーティングシステムを使用しているノートパソコンまたはデスクトップパソコンと、対象機器との接続の問題。なお、以下に規定されるサービスは、テクニカルサポートの対象範囲外です。

3.対象範囲外

3.1 ハードウェアサービスと ADH サービス

Apple は、ハードウェアサービスおよび ADH サービスの提供対象の国を、お客様が最初に対象機器を購入した国に限定する場合があります。

Apple は、以下の状況ではハードウェアサービスまたは ADH サービスを提供しません。

(a) 通常の消耗、または対象機器の機能に影響しない外観上の損傷

(b) 予防保守

(c) 紛失、または盗まれた対象機器の交換

(d) 無謀行為、乱用行為、故意の行為もしくは意図的な行為、または通常ではない方法や Apple が意図していない方法による対象機器の使用によって生じた損傷

(e) 対象機器または対象機器の修理中に実施される機器の設置、取り外し、廃棄

(f) 対象機器ではない製品によって生じた損傷

(g) Apple または正式な権限を有する Apple 担当者以外の手によって開封、修理、改造、改変された対象機器の損傷 (原因を問わず) 

(h) お客様が対象機器を購入した後に本プランを購入した場合における、本プランの購入前に対象機器に生じていた状態

(i) シリアル番号が改変されている、判読できない、または削除されている対象機器の損傷 

(j) 火災、地震、その他の外的原因によって生じた損害

(k) 対象デバイスが Mac の場合の、対象機器への過度または壊滅的な物理的損傷 (製品がつぶれたり曲がったりしているなど)、または液体接触に起因する対象機器への過度または壊滅的な損傷 (製品の一部または全体が浸水しているなど)

(l) 対象デバイスが Mac の場合の、危険物の存在に起因する損傷。危険物とは、人間の健康に害を及ぼす生物的汚染物質やアレルゲンを指しますが、これらに限定されません

他社製の部品を取り付けると、お客様の保証範囲に影響が及ぶ場合があります。ハードウェアサービスまたは ADH サービスを利用する条件として、対象機器を、元の部品または Apple 正規交換用コンポーネントを含む完全な状態で Apple に返却する必要があります。この制限は、お客様の消費者法に基づく権利を侵害するものではありません。

3.2 テクニカルサポート

Apple は、以下の状況ではテクニカルサポートを提供しません。

(a) OS およびコンシューマソフトウェアをサーバーベースのアプリケーションとして使用している

(b) ソフトウェアをその時点での最新バージョンに更新することで問題が解決される可能性がある

(c) 他社製品に関するサポート、または他社製品が対象機器に与える影響や相互作用に関するサポート

(d) コンシューマソフトウェアまたは対象機器の接続の問題に関連しないコンピュータまたは OS の使用に関するサポート

(e) コンシューマソフトウェア以外のソフトウェアに関するサポート

(f) 「ベータ版」「プレリリース」「プレビュー」または同様の呼称が適用されているコンシューマソフトウェアに関するサポート 

(g) 対象機器に保存または記録されているソフトウェアまたはデータの一切に関する損害や損失に関するサポート (注:ソフトウェアプログラムおよびユーザのデータの復元または再インストールは、本プランの対象ではありません) 

(h) 対象デバイス上の macOS Server でのサーバ管理およびネットワーク管理問題に対してグラフィカルインターフェイスを使う場合を除く、サーバ向けの macOS ソフトウェアに関するサポート

(i) 対象デバイスが Mac の場合の、意図されていない使用または改造方法によって対象機器、macOS、またはコンシューマソフトウェアを使用あるいは改造している場合

4.サービスおよびサポートを受ける方法

Apple にお電話いただくか、support.apple.com/ja-jp にアクセスしていただくことにより、サービスまたはテクニカルサポートを受けることができます。本プランの契約番号または対象デバイスのシリアル番号を提示する必要があります。また、Apple が求めた場合は、本プラン確認書、および対象デバイスと本プランの領収書原本を提示していただく必要があります。

5.サービスのオプション

Apple は、以下の 1 つまたは複数のオプションを通じてお客様にハードウェアサービスを提供します。

(a) 持ち込み修理。持ち込み修理はほとんどの対象機器で利用可能です。持ち込み修理を提供する Apple Store 直営店または Apple 正規サービスプロバイダに対象機器をお持ち込みください。サービスはそのストアで提供される場合もあれば、そのストアが対象機器を Apple 修理サービス (以下「ARS」といいます) サイトへ送付して修理が行われる場合もあります。お客様はすみやかに対象機器を引き取る必要があります。

(b) 出張修理。出張修理は、対象機器の設置場所が Apple 正規出張修理プロバイダの拠点から半径 50 マイル (80 キロ) 圏内であれば、多くのデスクトップ型コンピュータに対して実施可能です。以下に記載する通り、在宅自己交換修理サービスによって修理可能な特定の部品については、出張修理の対象となりません。出張修理を提供可能であると Apple が判断した場合、Apple は修理技術者を対象機器の設置場所に派遣します。サービスは、その場所で提供されるか、修理技術者が対象機器を AASP または ARS の拠点に配送して行われます。対象機器が AASP または ARS の拠点で修理される場合、Apple は、サービス終了後、対象機器をお客様の設置場所に配送する手配を行います。修理技術者が予約された時間に対象機器へのアクセスを許可されない場合、再度の出張訪問には追加料金がかかる場合があります。

(c) ピックアップ&デリバリー修理サービス。Apple がお客様の対象機器がピックアップ&デリバリー修理サービスの対象になると判断した場合、Apple の指定業者が対象機器を引き取りに伺います。サービスが完了すると、Apple は対象機器または交換用製品をお客様に返送します。すべての手順に従っていただいた場合、Apple は、お客様の所在地からの往復のピックアップ&デリバリーの送料を負担します。

(d) エクスプレス交換サービス (以下「ERS」といいます) または在宅自己交換修理 (以下「DIY」といいます) サービス。ERS は特定の対象機器で利用できます。ERS は、Mac や接続デバイスでは利用できません。DIY サービスは、多くの対象機器で利用できます。このサービスでは、お客様自身が対象機器を交換修理できます。Apple が交換された対象デバイスまたは部品の返却を要求する場合、お客様が交換されたデバイスを指示通りに返却するまで、交換用デバイスまたは交換部品の小売価格および該当する送料の支払保証のために、Apple がクレジットカードによる支払承認を求める場合があります。お客様の都合によりクレジットカードによる支払承認が実施できない場合はサービスを利用できない場合があります。その場合、Apple は他の修理サービスの手配をご案内します。交換された対象機器や部品が指示通りに返却されない場合、またはサービス対象外の交換された対象機器または部品が返却された場合、Apple は承認分の金額をお客様のクレジットカードより引き落とさせていただきます。Apple が交換された製品または部品の返却を要求しない場合、Apple は交換用製品または部品を、該当する指示書または交換された製品または部品の廃棄条件とともに無料でお客様に送付します。いずれの場合も、Apple は、ERS または DIY サービスに伴うお客様の人件費を負担しません。

Apple は、お客様に対して修理や交換サービスを提供する方法、およびお客様の対象機器が特定のサービス手法の適用対象であるか否かを変更する場合があります。

サービスは、お客様がサービスを依頼する国で利用可能なオプションに限定されます。サービスのオプション、部品の在庫、および対応にかかる時間は状況によって異なる場合があります。購入国以外の国で対象機器に対するサービスを利用できない場合、サービスが利用可能な国でサービスを受けるための送料および取扱手数料をお客様にご負担いただく場合があります。購入国以外の国でのサービスをお求めになる場合、お客様には適用されるすべての輸出入に関する法律および規制を遵守し、すべての関税、付加価値税、その他の関連する売上税および諸費用をご負担いただきます。海外でのサービスが行われる場合、Apple は製品および部品を、現地の基準に合致する同等の製品および部品を使用して修理または交換することがあります。

6.お客様の責任

本プランにおけるサービスまたはサポートを受けるために、お客様は、以下の項目に従うことに同意するものとします。(i) 本プランの契約番号および本プランの購入証明書原本の写しを提供すること、(ii) 対象機器の問題の症状および原因に関する情報を提供すること、(iii) 対象機器の診断または修理に必要な情報の提供要請に対応すること、(iv) Apple からの指示に従うこと、(v) サービスを請求する前にソフトウェアを公表されている最新のリリースに更新すること、(vi) 対象機器に保存されているソフトウェアおよびデータをバックアップすること。

ハードウェアサービスの過程で、Apple は対象機器のコンテンツを消去し、ストレージメディアを再フォーマットします。お客様の対象機器や交換用機器は、対象機器の出荷時の構成に、該当するアップデートを適用した状態で返却または提供されます。Apple は、ハードウェアサービスの一部として OS のアップデートをインストールする場合があります。これは、対象機器が前のバージョンの OS に戻るのを防ぐためのものです。OS のアップデートの結果、対象機器にイ ンストールされた他社製アプリケーションは、対象機器との互換性がなくなる場合や、作動しな くなる場合があります。他のすべてのソフトウェアプログラム、データ、およびパスワードの再インストールについては、お客様が責任を負うものとします。

7.責任の制限

準拠法によって最大限認められる限り、Apple と Apple の従業員および関連エージェントは、いかなる状況下においても、お客様またはその後の対象機器所有者に対し、本プランにおける Apple の義務に起因する、プログラムやデータの復元/再プログラミング/再生の費用、データの機密保持の不履行、商業機会/利益/収入/想定される費用節減の損失などを含む (ただしこれらに限定されない) 間接的または結果的な損害に関して責任を負いません。準拠法によって最大限認められる限り、お客様およびその後の所有者に対する、本プランにおける Apple と Apple の従業員および関連エージェントの責任は、本プランに対してお客様が支払った当初の金額を超えないものとします。Apple は特に、(i) プログラムまたはデータに対してリスクや消失を発生させることなく対象機器を修理または交換できること、(ii) データの機密性を保持すること、(iii) 製品が支障なくまたは誤りなく動作することを保証しません。

消費者保護法令に基づき責任が制限される範囲において、Apple の責任は、Apple 独自の選択により、対象機器の交換もしくは修理、またはサービスの提供に限定されます。

8.解約

8.1 一括払いプラン

お客様は、理由の如何にかかわらず、いつでも本プランを解約できます。本プランを解約する場合は、Apple にお電話いただくか、本プランの契約番号を記載した通知書を  AppleCare サービス&サポート製品事務局 Apple メールセンター (〒106-6140 東京都港区六本木 6 丁目 10 番 1 号 六本木ヒルズ) 宛に送付してください。お客様の通知には、本プランの購入証明書原本の写しを添付していただく必要があります。現地の法律に特別な規定がない限り、以下のように解約払戻金が返金されます。

(a) 本プランの購入日、または本プランの受領日のいずれか遅い方の日から 30 日以内に解約した場合、本プランにおいて提供された利益の対価を差し引いた残額がお客様に全額返金されます。

(b) 本プランの受領日から 31 日目以降に解約した場合、当初の購入価格に比例した金額がお客様に返金されます。本プラン購入日からの本プラン期間の残存期間に応じて、元の購入金額から (a) 解約料として残存期間相当額の 10 %、および (b) 本プランにおいてお客様に提供された利益の対価を差し引いた金額がお客様に返金されます。

現地の法律に特別な規定がない限り、不正行為もしくは重要な虚偽申告があった場合、または Apple が対象機器の修理部品を入手できない場合、Apple は 30 日前に書面で通知することにより本プランを解約することができます。現地の法律で許可される場合は、Apple が修理部品を入手できないために本プランを解約する際に、本プランの残存期間に比例した金額がお客様に返金されます。

8.2 月払いプラン

お客様は、理由の如何にかかわらず、いつでも本プランを解約できます。月払いプランを Apple 以外の販売業者 (以下「取扱店」といいます) から直接購入した場合は、その取扱店に連絡してそのプランを解約してください。月払いプランを Apple から購入した場合は、本プランの契約番号と購入証明書原本を AppleCare サービス&サポート製品事務局 Apple メールセンター (〒106-6140 東京都港区六本木 6 丁目 10 番 1 号 六本木ヒルズ) 宛に送付して Apple に通知することにより解約できます。現地の法律に特別な規定がない限り、お客様がすでに前払いを行っている場合は、最後に行われた支払いの対象月末日の午前 0 時まで解約が延期されます。月々の支払いが満額かつ適時に行われなかった場合は、お客様が本プランの解約を希望しているとみなされます。この場合は、お客様がすでに支払った額の返金を受ける資格はありません。月払いプランの支払いが第三者によって行われている場合は、すべての返金がその金融機関に対して行われる場合があります。

8.3 解約の効力

早期解約が有効になった時点で、本プランに基づく Apple のお客様に対する将来の義務はすべて消失します。

9.本プランの譲渡

お客様は、本プランにおけるお客様の権利のすべてを、1 回に限り、第三者に対して永久譲渡することができます。ただしこの場合は、次のすべての条件を満たす必要があります。(i) お客様は当該第三者に対し、購入証明書原本、本プラン確認書、本プランの印刷物、本サービス契約を譲渡すること、(ii) お客様は譲渡通知を  AppleCare サービス&サポート製品事務局 Apple メールセンター (〒106-6140 東京都港区六本木 6 丁目 10 番 1 号 六本木ヒルズ) 宛に送付することにより Apple に通知すること、(iii) 当該第三者が、本サービス契約の条件を受諾すること。さらに、月払いプランについては、被譲渡人は譲渡人のすべての支払い義務を引き継いで履行するものとします。被譲渡人がその支払い義務を履行しなかった場合は、第 8.2 項および第 8.3 項に記載されている月払いプランに該当する解約条項がただちに有効になるものとします。譲渡について Apple に通知する際は、本プランの契約番号、対象機器のシリアル番号、および新しい所有者の名前、住所、電話番号、メールアドレスを提示する必要があります。

10.一般条項

(a) Apple は、Apple の義務の履行を第三者に請け負わせる、または委任することができますが、その場合でも Apple はお客様に対する義務からは免責されません。

(b) Apple は、Apple の合理的な管理範囲を超えた事由による本プランの不履行または履行遅滞に関して責任を負いません。

(c) お客様は、本プランにおけるサービスを受けるために対象機器に関する予防保守を行う必要はありません。

(d) 本プランは、日本においてのみ提供され、効力を有します。未成年者は、本プランを購入できません。

(e) Apple は、その義務の履行に際し、Apple による対応の品質を監視する目的に限定して、お客様と Apple との電話の一部またはすべてを録音することがあります。

(f) お客様は、本プランにおいて Apple に開示される情報またはデータの一切が、お客様にとって機密または専有の情報でないことに同意するものとします。また、お客様は、Apple がサービスを提供する際に Apple がお客様に代わってデータを収集、処理することに同意するものとします。これには、Apple が、関連会社またはサービスプロバイダに対し、Apple カスタマープライバシーポリシーに基づいてお客様のデータを送信する行為が含まれる場合があります。

(g) Apple は、不法なデータ破壊や不正アクセスまたは不正開示からお客様のデータを保護するセキュリティ対策を講じています。お客様は、データ処理に関して Apple に提供する指示に責任を負うものとし、Apple は、本プランにおけるサービスおよびサポート義務を履行するために合理的に必要とされる、かかる指示を遵守することに努めるものとします。お客様が上記に同意されない場合、またはお客様のデータの処理についてご質問がある場合は、support.apple.com/ja-jp/HT201232 に記載されている Apple サポートの電話番号までご連絡ください。

(h) Apple は、apple.com/jp/privacy/contact/ に記載されている Apple カスタマープライバシーポリシーに従い、お客様の情報を保護します。お客様ご自身が、Apple が保持しているお客様情報へのアクセスまたは変更を希望される場合は、appleid.apple.com にアクセスしてお客様の個人連絡先情報を更新するか、apple.com/jp/privacy/contact から Apple にお問い合わせください。

(i) 本プランの領収書原本および本プラン確認書を含む本プランの規約は、発注書やその他の書類の相反する条件、付加的な条件、またはその他の条件に優先して適用され、本プランに関するお客様と Apple との完全なる合意を構成します。

(j) Apple は、本プランを更新する義務を負いません。Apple が本プランの更新を提供する場合、Apple が価格と条件を決定します。

(k) 本プランでは、非公式な紛争解決プロセスは一切利用できません。

(l) 本プランにおける「Apple」とは、Apple Japan 合同会社 (〒106-6140 東京都港区六本木 6 丁目 10 番 1 号 六本木ヒルズ) であり、本プランの財務および法的責任者です。

(m) 本プランは、日本の法律に準拠します。本プランにおけるサポートサービスは、日本語でのみ提供されます。 

電話番号

各国の電話番号については、support.apple.com/ja-jp/HT201232 をご確認ください。

* 電話番号および営業時間は、変更されることがあります。フリーダイヤルは、すべての国で利用できる訳ではありません。

022520 AC+ EDU Japan v1.0 – Japanese