よくある質問

Appleの環境への取り組みに関する
質問に詳しくお答えします。

Appleでは、環境への取り組みを
誰がリードしていますか。

Appleは、気候変動への対処、より安全な製品を作るための環境に配慮した素材の開発、可能な限り効率的な素材の利用に積極的に取り組んでいます。2013年6月、AppleのCEOであるTim Cookは、環境イニシアティブ担当副社長にLisa P. Jacksonを任命しました。環境イニシアティブのオフィスは、Apple社内の様々なチームと協力しながら、戦略の策定、利害関係者との協議、進捗の報告を行います。

Appleの取締役会は、CEOをはじめとするAppleの経営幹部が日々Appleを適切かつ倫理的に経営しているかを監督し、株主に長期的な利益がもたらされるように見届けます。現在、LisaはCEO直属の環境、ポリシー、ソーシャルイニシアティブ担当副社長です。Appleでは環境に対して統合的なアプローチをとっているため、環境問題に関する意思決定は組織の最上級レベルで検討されます。それぞれの新製品の開発期間中には、エグゼクティブチームのメンバーが、材料やデザインの選択、サプライチェーン、パッケージ、製品のエネルギー効率に焦点を当てたレビューを定期的に行います。

Appleは、Apple製品の温室
効果ガスのライフサイクル評価を
どのように行っていますか。

Appleは製品ライフサイクル評価(LCA)を5段階で実施しています。

Appleは炭素排出量の報告に
ついて外部からの検証や保証を
受けていますか。

はい。Appleは炭素排出量の報告について第三者の検証を受けています。ビューローベリタス(BV)からは、Appleの施設に関連するスコープ1、2、3の排出量について、検証業界でも最高水準の結果の一つである「合理的保証」が与えられました。BVの見解はこちら(英語)でご覧いただけます。

ライフサイクル評価を使って計算された、Apple製品に関連するスコープ3の炭素排出量の品質と正確さは、国際的に認められているISO14000環境管理規格であるISO14040とISO14044に従って、ドイツのフラウンホーファー研究所による検証を受けています。

Appleは、グローバル・
レポーティング・イニシアティブ(GRI)
持続可能性報告書ガイドラインを
もとに環境パフォーマンスデータを
作成していますか。

Appleは、環境、社会、ガバナンスに関するポリシーやプログラムの透明性を保つために力を注いでおり、2016年の環境責任報告書(英語PDF)をはじめとする、様々な公開報告書を通して自分たちの取り組みを公開しています。こうした報告書には、グローバル・レポーティング・イニシアティブ(GRI)G4持続可能性報告書ガイドラインからの標準開示が含まれます。AppleのGRI指標についてはこちらをご覧ください。

Appleの施設の中で、
ISO14001認証を取得
しているものはありますか。

はい。Appleは製造工場のISO14001認証を1996年に初めて取得しました。アイルランドの製造施設では2001年に初めて取得してからずっと、クパチーノにあるエンジニアリングおよびデザインプロセスセンターと自社リサイクルセンターの2施設では2013年から取得を維持しています。ISO14001は、組織の環境管理システム(EMS)の条件を規定する任意の国際規格です。ISO14001規格は、企業活動が環境に与える影響の管理を、全体的な事業管理プロセスに組み込まれた計画的な方法で支援します。

Appleは、環境に影響を与える
物質の使用を禁止していますか。

はい。Appleの規制物質仕様書では、Appleの製品、パッケージ、製造で使用が制限または禁止されている多様な物質について詳しく説明しています。
Appleの規制物質仕様書をダウンロードする(英語PDF)
有害物質の削減や排除に対するAppleの取り組みについてさらに詳しく

Appleの製品は
鉛を含んでいますか。

Appleは、鉛とそのほかの物質の使用を制限する欧州RoHS指令に準拠しています。また、有害物質の使用に関しては慎重な対応をとっているため、鉛の使用が制限されるずっと前から、プラスチック製部品、塗料、梱包材での鉛の使用を段階的に廃止しました。

Appleは、臭素系難燃剤(BFR)
およびポリ塩化ビニル(PVC)
不使用製品をどのように定義
していますか。

Appleは、臭素と塩素の含有量がそれぞれ900ppm(百万分の一)未満の製品をBFRおよびPVC不使用と定義しています。900ppmという制限は電子産業で最も厳しい規制の一つであり、欧州RoHS指令で禁止されている濃度を下回っています。BFRとPVCが含まれる場合でも、毒性がもたらされるには900ppmを大幅に超える含有量が必要です。

AppleのBFRおよび
PVC不使用製品への
移行の対象になる製品は?

AppleによるBFRとPVCの段階的な使用廃止には、2008年12月31日よりもあとに製造された新しいApple製品の全部品が含まれます。例えばiPhone、iPad、Apple Watchは、いずれもBFRとPVCを含んでいません。ほとんどの製品とコンポーネントが移行の対象になっていますが、古い製品、交換部品、旧製品向けアクセサリ、古いBeats製品については、BFRおよびPVCを排除できない可能性があります。2015年以降の新しいBeats製品からは、BFRとPVCが排除されています。

REACHとは何ですか。
また、Appleはどのようにして
REACH規制に準拠していますか。

化学物質の登録、評価、許可および制限に関する規則EC1907/2006(通称REACH規則)は、化学物質とその安全な使用に関する欧州規則です。欧州化学物質庁は許可候補物質リストを発行し、高懸念物質(SVHC)を識別しました。製品のSVHC使用量が0.1パーセントを超える場合、製造業者は消費者への情報開示を義務づけられます。

現行の許可候補物質リストに従った場合、Apple製品には0.1パーセントを超えるSVHCは含まれていません。ただしApple Remoteは、1,2-ジメトキシエタンを含むコイン電池を使用します。

Appleはオゾン層破壊物質を
使っていますか。

オゾン層を破壊する物質に関するモントリオール議定書の規定に従い、Appleが使用するコンポーネント、材料、製品梱包材の製造工程では、オゾン層破壊化学物質(ODC)を一切使っていません。

Appleは環境保護方針を
策定していますか。

Appleは環境保護、従業員とお客様の健康と安全、Appleが事業を展開する世界中のコミュニティの安全衛生のための取り組みに力を注いでいます。詳しい情報については、AppleのEnvironmental Health and Safety Policy statement(英語PDF)をご覧ください。

Appleは、リサイクルを
行っていますか。

はい。使い終わったApple製品のリサイクルを受け付けています。Appleのリサイクルプログラムの詳細については、apple.com/jp/recyclingをご覧ください。