真のイノベーションには、
あらゆることへの配慮が不可欠だと、
私たちは信じています。

私たちはイノベーションにかける情熱を、製品の領域にとどまらず、毎日の事業活動でも
体現しています。出会った時よりも良い世界を未来へ渡す、という継続的なミッションの一環として、
AppleはThe Conservation Fundと提携し、私たちの製品パッケージを作るために利用する森林の
保護と造成に取り組んでいます。オレゴン州プラインビルにあるAppleのデータセンターに電力を
供給するための、再生可能なマイクロ水力発電プロジェクトも開発しました。さらに、自社オフィスや
Apple Storeが消費するエネルギーをまかなうために、中国にソーラーファームを建設しています。
美しい製品を作りながら、美しい地球にも配慮する。それを徹底することが私たちの責任だからです。

ビデオを見る

気候変動

私たちは気候変動について、
議論したいのではありません。
阻止したいのです。

私たちのように多くの製品を作ることが、環境に多大な影響を及ぼすということを、私たちは理解しています。
カーボンフットプリントは、私たちが常に気にかけていることであり、常に対処していることです。自社施設で
エネルギーと素材をより効率良く使う。よりクリーンな供給源からエネルギーを入手する。世界で最もエネルギー
効率の高い電子製品を設計する。そのための様々な方法を見つけました。事実、私たちのすべての製品ラインは
ENERGY STARの規格に準拠しているだけでなく、その水準を超えています。まだまだ長い道のりですが、
私たちの努力は確実に実を結んでいます。Apple製品の製造と出荷がこれまで以上に増えているにもかかわらず、
2011年以降、製品一台あたりの温室効果ガス排出量が着実に減っているのがその証しです。さらに詳しく

0%
再生可能エネルギーで稼働している米国における自社事業の割合
0%
再生可能エネルギーで稼働している自社データセンターの割合
0%
再生可能エネルギーで稼働している全世界における自社事業の割合
中国の紅原県にあるAppleのソーラーファーム。中国にあるすべての自社施設とApple Storeが消費するエネルギーよりも多い量の再生可能エネルギーを生み出す予定です。
Appleのマイクロ水力発電プロジェクトは、高い位置から流れ落ちるデシュート川の水流を利用して、オレゴン州プラインビルにあるAppleのデータセンターに電力を供給できるようにします。
中国の東莞市にあるAppleのサプライヤーの施設では、AppleのClean Water Programによる指導のもと、廃水を再利用するための処理と試験が行われています。

有害物質

私たちは、一部の重要な物質を製品から
取り除きます。それには理由があります。

エレクトロニクス産業で使われている物質の多くは、人々や環境に害を及ぼす可能性があります。そのためAppleでは、
これらの有害物質を削減して排除するために、よりクリーンで、より安全な素材を使って製品を設計しています。また、
私たちのサプライヤー各社も説明責任が果たせるように、工場の監査とともに独立した研究機関による部品試験を行い、
Appleの自社研究室で試験結果を検証しています。Apple製品を組み立てる時も、使う時も、リサイクルする時も、
すべての人の安全が確実に守られるようにする。それが私たちの使命です。さらに詳しく

ベリリウム
水銀
ヒ素
ポリ塩化ビニル
臭素系難燃剤
フタル酸エステル
現在のMac Proはリサイクル効率の高い素材で作られており、BFRもPVCも使用していません。だから、環境に対してより安全です。

私たちの取り組み

私たちは大きく前進してきました。
これからもさらに進み続けます。

Appleは何十年にもわたり、自社と自社製品が環境に与える影響を最小限にとどめるための取り組みを続けています。
私たちは今後もこの取り組みを継続し、その内容を公開していきます。2014年には、米国における事業の100パーセントを
再生可能エネルギーに転換するとともに、持続可能で幅広い用途に利用できる森林の未来に向けた投資を行い、
ベリリウムを使用しない製品を設計しました。さらに詳しく

2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2000〜2009年