私たちには、フットプリントをより小さくするための、大きな責任があります。

私たちは疑いを持ちません。気候変動は現実に起こっている、現実の問題です。世界で最も人気の高い製品の
いくつかを手がけるグローバル企業として、Appleは自分たちが多くのエネルギーと資源を使っていることを知っています。
それが気候変動の一因となる温室効果ガスを発生させていることも知っています。でもまさにその部分で、私たちは
問題の解決に貢献できます。自社施設でエネルギーと素材をより効率良く使う。よりクリーンな供給源からエネルギーを入手する。
世界で最もエネルギー効率の高い電子製品の数々を作る。そのための様々な方法を見つけました。データセンターが
再生可能エネルギーを100パーセント使って稼働している。すべての製品がENERGY STARの厳しい条件を満たしているだけでなく、
その水準を超えている。そのような企業は、この業界において、いまだにAppleだけです。まだまだ長い道のりですが、
私たちの努力は確実に実を結んでいます。Apple製品の製造と出荷が増えているにもかかわらず、製品一台あたりの
温室効果ガス排出量が着実に減っているのがその証しです。
気候変動への影響を軽減する取り組みについてさらに詳しく
  • iMac
    1998年
    35ワット
  • iMac
    2002年
    8ワット
  • iMac
    2007年
    4ワット
  • iMac
    2009年
    2ワット
  • iMac
    現在
    0.9ワット

現在のiMacのスリープモード時の電力消費量は0.9ワット。
初代のiMacの電力消費量と比べると、97パーセントも少なくなっています。

有害物質は、私たちの製品や製造プロセスにふさわしくありません。

エレクトロニクス産業で使われている材料の多くは、人々や環境に害を及ぼす可能性があります。そのためAppleでは、
これらの有害物質を削減して排除するために、よりクリーンで、より安全な素材を使って製品を設計しています。また、
私たちのサプライヤー各社も説明責任が果たせるように、工場の監査とともに独立した研究機関による部品試験を行い、
クパチーノのApple本社に設けた研究室で試験結果を検証しています。Apple製品を組み立てる時も、使う時も、
リサイクルする時も、すべての人の安全が確実に守られるようにする。それが私たちの使命です。
有害物質を最小限に抑える取り組みについてさらに詳しく

私たちは地球の資源を責任を持って使います。リサイクルもしています。

地球は一つ。その資源にも限りがあります。だから、限りある資源を未来の世代に渡せるよう、私たちには資源を節約する
責任があります。Appleでは、すべての始まりである設計段階から資源保全を開始します。コンパクトな製品を作れば、
材料効率がさらに向上し、製品の交換サイクルも長くなります。資材が余った時は、無駄にすることがないように再利用の方法を
考えます。Apple製品のパッケージに使われる紙、iTunes Card、iPhotoプリントサービスの製品にも、リサイクルされた、
またはリサイクルできる素材が含まれています。私たちは製紙業者に直接働きかけ、持続可能な方法で管理されている認定済みの
森林や、伐採管理を行っている木材源から紙を調達するようにしています。さらに、寿命を迎えたApple製品を簡単に
リサイクルできる方法も用意しました。今後はすべてのApple StoreでApple製品を無料で回収し、責任を持って
リサイクルします1。他社製品も受け入れる特別なリサイクルイベントも開催しています2。私たちは引き続き、
環境からこれ以上何かを奪うことなく、これまで以上に革新的な製品を作り出す方法を考えていきます。
資源保全の取り組みについてさらに詳しく

カリフォルニア州ローズビルにあるAppleのパートナーのリサイクルセンターで、廃棄されたハードドライブを従業員が安全に解体している様子。

私たちの取り組み

Appleは何十年にもわたって、自社と自社製品が環境に与える影響を最小限にとどめるための取り組みを続けています。
私たちは今後もこの取り組みを継続し、その内容を公開していきます。そこには、世界規模のリサイクルイベントの開催や、
新しいApple Campus 2のための、気候変動に順応しやすい自生樹木の調達なども含まれます。
今後の取り組みを見る