MacのためのPages

ワードプロセッサの常識を書き変えます。

文書を美しく、読みやすく仕上げるために必要なものがすべてそろったパワフルなワードプロセッサ。
それがMacのためのPagesです。OS X Yosemiteに合わせて生まれ変わったPagesでは、MacとiOSデバイスの間で
シームレスに作業ができ、Microsoft Wordを使っている人との共同作業も簡単です。

パワフルな制作ツール

クリエイティブに書こう。テーマは問いません。

言葉とビジュアルで、あなた自身を表現しましょう。もちろん、常に美しく。フォント、スタイル、文字間隔と行間隔の選択も、
写真の挿入、サイズ変更、回転、背景の除去もすべてが簡単。インタラクティブなグラフも追加できます。あらゆる機能を備えたワードプロセッサのPagesなら、どんな文書も読まずにはいられないものに変わるでしょう。

シンプルさを極めたデザイン

一文字目から、好きになる。

Pagesには、完璧な文書を作るための環境が一文字目から用意されています。必要なツールのすべてが
適切な場所に配置され、デザインの選択も、フォント、スタイル、画像のカスタマイズも自然な感覚で行えます。
しかもPagesはOS X Yosemiteの64ビットのパワーを活かすように設計されているので、
あらゆることがあなたの思考の速さについていきます。

先進的な文書ツール

細かな配慮を、書ききれないほどたくさん。

EndNoteで引用文献を、MathTypeで数式を挿入する*。文字数を確認する。改訂を繰り返しながら変更を
トラッキングする。これらのかなり高度な機能も、驚くほどシンプルな操作で使えます。

Pagesをどこででも

すべてのあなたのデバイスを
連係させて作業できます。

あなたが作業をする場所やデバイスは一つだけとは限らないでしょう。それはPagesにとっても同じです。
あなたがMacで作った文書は、あなたのiPhoneやiPadでもまったく同じように表示されます。その逆も同様です。
あるデバイスから別のデバイスへ作業を引き継ぐのも実に簡単。ウェブ上で自分の文書にアクセスしたり、
それを誰かと共有したり、ほかの人と同時に共同作業をすることもできます。

共有は簡単

あなたの言葉を広めよう。

Pagesなら共有や共同作業も、書くのと同じくらい自然なことになります。ファイルのコピーを送信したければ、
共有ボタンをクリックするだけ。あなたの文書へのリンクをあなたが選んだ人と共有することもできます。
サードパーティのストレージサービスに保存したファイルで作業することも、GmailやDropboxといったサービスを使って
文書を送ることもできます。あなたの同僚たちはもう、バージョンが変わり続ける大量の文書に悩まされたり、
ファイルを開けなくて困ることはなくなるでしょう。全員がいつも同じものを見ることができるのですから。

Microsoft Wordと互換性があります

Officeとの作業に、Officeは必要ありません。

Microsoft Wordを使っている人と共同作業をする場合でも、Pagesなら簡単です。Pagesの文書を
Wordファイルとして保存することも、Word文書をPagesに直接読み込んで編集することもできます。
Wordの主な機能にも対応します。だから、異なるアプリケーションを使って一つの同じプロジェクトに
取り組んでも、これからはまったく問題ありません。

Microsoft Wordとの互換性についてさらに詳しく