MacとiOS。

相性は最高です。

MacやiOSデバイスを使うと、驚くようなことがいろいろできます。その両方を一緒に使うと、
一段と多くのことができます。iPhoneを手に取ることなく電話をかけたり、電話に出る。
手元のデバイスで始めたEメールの作成、書類の編集、ネットサーフィンを、中断した所から
ほかのデバイスで再開する。あなたのiPhoneをポケットやバッグから取り出さずに、
iPhoneのインターネット共有を有効にすることもできます。

電話。これからは、もしもしをMacでも。

iPhoneにかかって来た電話は、あなたのMacで受けられます。あなたのiPhoneが別の部屋で充電中の時でも、バッグの中に埋もれている時でも、Mac上で電話に出たり、電話をかけることができます。カーソルを合わせたらクリック。そして「もしもし」と言うだけです1

電話に出る。

あなたのiPhoneに電話がかかってくると、あなたのMacで呼び出し音が鳴り、Mac上に相手の名前、電話番号、プロフィール写真を表示した通知が現れます。あなたがiPhoneでその人に割り当てたものと同じ着信音も鳴ります。通知をクリックして応答すると、Macがスピーカーフォンに変身。だから電話での会話とMac上の作業を同時に進められます。

電話をかける。

Macで電話をかけるのも、電話に出るのと同じくらい簡単です。電話をかけるには、連絡先、カレンダー、メッセージ、Spotlight、Safariに表示される電話番号をクリックするだけ。FaceTimeの通話履歴から電話をかけたり、キーボードで電話番号を入力することもできます。

SMS。メッセージを伝える方法が、さらに増えました。

MacとiPhoneを一緒に使えば、緑の吹き出しで表示されるSMSのテキストメッセージをあなたのMac上でもやり取りできます。iPhone上に現れるすべてのメッセージがMac上にも現れるようになったので、あなたのすべてのデバイス上ですべての会話が最新の状態に保たれます。だから、友だちがどんな携帯電話からテキストメッセージを送ってきても、あなたはMacでもiPhoneでも、一番近くにあるデバイスで返信できるのです2。Safari、連絡先、カレンダー、Spotlightに表示された電話番号をクリックして、Mac上でSMSやiMessageの会話を始めることもできます。

Handoff。こちらで始めて、そちらで完了。

ミーティングに出かけるので、iMacで書き始めた報告書の続きをiPadで書きたい。iPhoneで書き始めたEメールの続きをMacで書きたい。そんな時に活躍するのがHandoffです。あなたのMacとiOSデバイスがお互いの近くにあれば、一方のデバイスで行っている作業を、もう一方のデバイスに自動的に引き継げます3。Macで引き継いだ場合はDockに、iOSデバイスで引き継いだ場合はロック画面に、あなたが直前まで使っていたアプリケーションのアイコンが現れます。そのアイコンをクリックまたはスワイプするだけで中断した部分から作業を再開できるので、いちいちファイルを探す必要はありません。Handoffは、メール、Safari、メモ、Pages、Numbers、Keynote、マップ、メッセージ、リマインダー、カレンダー、連絡先に対応します。アプリケーションデベロッパのみなさんが、自らのアプリケーションにHandoffを組み込むのも簡単です。

iPhoneで書き始めたEメールをMacで引き継ぐ時も、どこまで書いていたかがわからなくなることはありません。

Instant Hotspot。あっという間に、オンライン。

Wi‑Fiがなくてもご心配なく。あなたのMacとiPhoneが近くにある場合、Instant Hotspotを使えば、iPhoneのインターネット共有をMacから遠隔操作で有効にできます4。あなたはMac上のWi-FiメニューであなたのiPhoneを選ぶだけ。すぐにインターネットにつながります。iPhoneをポケットやバッグに入れたままでも大丈夫。あなたのインターネット共有に接続している間は、MacのWi-Fiメニューの一番上に、あなたのiPhoneの信号強度とバッテリーの残量が表示されます。あなたがネットサーフィンを終えると、自動的にインターネット共有を無効にしてバッテリーを節約します。次にインターネットに接続する時にWi-Fiが使えない場合は、Macがあなたにインターネット共有を再び有効にしたいかどうかをたずねます。使いたければ「OK」をクリック。それだけでインターネットにつながります。

AirDrop。ファイルの共有が、今までになく簡単に。

AirDropは、MacとiOSデバイスの間でのファイル共有を簡単にします。あなたのMac上でクリック数回。それだけでどのフォルダにあるファイルでも、AirDrop経由で近くのMacやiOSデバイスに送信できます。AirDropはP2Pなので、Wi-Fiネットワークに接続していなくても使えます。この機能は隣の部屋にいる同僚と書類を共有したり、テーブルの向かい側にいるクライアントにプレゼンテーションを送りたい時などに最適です。AirDropを使ったファイル送信は、アプリケーションにある共有メニューからでも、Finderからでも行えます。受け取った人には通知が届くので、それをクリックするだけでファイルをダウンロードできます。