Apple Press Info

アップル、CD-RWドライブとiTunesを搭載した
iMacを発表

「Rip、Mix、Burn」でオリジナルミュージックCDの作成が可能に

2001年2月22日、MACWORLD EXPO TOKYO—アップルは本日、CD-RWドライブと、アップルの驚きの「ジュークボックス」ミュージックソフトウェア、「iTunes(アイチューンズ)」を搭載した新しいラインアップのiMacを発表しました。iTunesは、自分のMacにオリジナルのミュージックライブラリを作成し、アレンジするためのソフトウェアで、自分のオリジナルオーディオCDを作成できます。最高600 MHzのPower PC G3プロセッサ、最高40 GBのハードディスクドライブ、FireWireポートとiMovie(アイムービー)を標準装備した新しいiMacファミリーは、これまでも人気の高かったIndigo(インディゴ)とGraphite(グラファイト)に加え、「Blue Dalmatian(ブルーダルメシアン)」と「Flower Power(フラワーパワー)」の2種類の魅力的なパターンデザインで提供されます。

「iMacはデスクトップムービー、デジタルミュージックライブラリの作成やアレンジ、オリジナルミュージックCDの作成などが可能なエンターテインメント・センターへと進化しました」とアップルのCEO(最高経営責任者)、スティーブ・ジョブズは語っています。「iMovieとiTunesは誰もが簡単に使えるソフトウェアで、あなたのご両親でも、まったく混乱せずに使うことができます。」

iTunesは今年1月の発表以来、750, 000本以上のダウンロードを記録しました。iTunesを使えばミュージックCDから好きな曲をiMacに取り込み、広く利用されているMP3フォーマットへ圧縮できます。また、パワフルで使いやすい検索・ブラウズ機能、およびプレイリスト機能を活用して音楽をアレンジできます。さらに、コンピュータスクリーン上に音楽に合わせた魅力的なビジュアルを表示したり、新しいiMacのCD-RWドライブを使ってオリジナルミュージックCDを作成できます。

すべてのiMacモデルには、世界で最も人気があり簡単で使いやすい一般向けデジタルビデオ編集ソフトウェアの最新版、「iMovie 2」があらかじめインストールされており、2基搭載されるFireWireポート経由で、多彩なデジタルビデオカメラやデジタルカメラなどの高速周辺機器を簡単に接続することができます。作成したムービーはデジタルビデオカメラに書き出したり、ビデオテープにコピーしたり、アップルの無償のインターネットサービス「iTools(アイツールズ)」を利用して、自分のWebサイトで公開することができます。

iMacは、アップルのオプティカル(光学式)マウスとフルサイズのApple Pro Keyboard(アップルプロキーボード)を標準装備し、AirMac(エアマック)に対応しています。アップルの革新的なワイヤレスネットワークソリューションであるAirMacは、最速11 Mbpsのスピードで、ワイヤレスでインターネットにアクセスすることができます。

iMacのその他の特長として、競合製品の二分の一のノイズレベルを実現した、無音に近い静粛性、ATI RAGE 128 Proグラフィックアクセラレータによる目を見張るグラフィック性能、DSLやケーブルモデムに簡単に接続できる内蔵の10/100 BASE-T Ethernet、そしてハーマンカードンとのコラボレーションにより設計されたフルデジタルサウンドシステムなどがあげられます。

価格と販売について
新しいiMacモデルは本日よりアップルのオンラインストア、Apple Store(アップルストア)において、受注を開始します。また、全国のiMacデモ展示販売店においては、2001年2月24日(土)より販売を開始します。新しい3つのiMacファミリーは、以下の構成により提供されます。


【アップルについて】
アップルはApple IIで1970年代のパーソナルコンピュータ革命に火をつけ、80年代にはMacintoshによって、再び、全く新しいパーソナルコンピュータを創出しました。アップルは、世界中の学生、教育者、プロフェッショナルクリエータそしてコンシューマに、革新的なハードウェア、ソフトウェア、およびインターネット関連の製品・テクノロジーを通じて最高のパーソナルコンピューティング環境を提供しています。

© 2001 Apple, the Apple logo , Macintosh, AirMac, Apple Store, FireWire, iMac, and iMovie are either registered trademarks or trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.


Apple Japan 03-4345-2000