Apple Press Info

(米国報道発表資料抄訳—2009年6月9日)

アップル、新しいiPhone 3G Sを発表—これまでで最も速く、パワフルなiPhone

2009年6月8日、アップルは本日、新しいiPhone™ (アイフォーン)3G Sを発表しました。これまでで最も速く、パワフルなiPhoneとなるiPhone 3G Sには素晴らしい新機能が満載されています。スピードと性能が iPhone 3Gと比べて最大2倍高速化し、バッテリー寿命もより長くなったほか、高品質な300万画素のオートフォーカスカメラや使いやすいビデオ録画機能、そしてハンズフリーボイスコントロールが搭載されています。iPhone 3G Sには、カット、コピー、ペースト、MMS*、Spotlight検索、横長キーボードなど、100以上の新機能を特長とする、世界で最も進んだモバイルオペレーティングシステムである新しいiPhone OS 3.0が搭載されています。iPhone 3G Sのユーザは、世界最大のアプリケーションストアであるアップルの革新的なApp Storeで提供されている50,000以上のアプリケーションにアクセスすることができます。App Storeからはすでに10億件以上アプリケーションがダウンロードされています。iPhone 3G Sの容量はこれまでの2倍となり、16GBモデルと新たに32GBのモデルが用意されています。

「iPhone 3G Sはこれまでで最も速く、パワフルなiPhoneです。お客様にはオートフォーカスカメラやビデオ録画機能などの素晴らしい新機能、そしてボイスコントロールにより得られる自由さを気に入ってもらえることと思います。」と、アップルのワールドワイドプロダクトマーケティング担当シニアバイスプレジデント、フィリップ・シラーは述べています。

iPhone 3G Sは平均してiPhone 3Gの最大2倍という素晴らしいスピードと性能で、ウェブページの表示やアプリケーションの立ち上げをこれまで以上に速く行なうことができます。iPhone 3G Sは、OpenGL ES 2.0標準を利用して驚くほど美しい高品質な3Dグラフィックスを実現しているため、ゲームやその他のグラフィックを多用するモバイルアプリケーションをこれまで以上に素晴らしいものとします。iPhone 3G Sはより速いだけでなく、バッテリー寿命も長くなったため、より多くのビデオや音楽を楽しんだり、より長い時間、インターネットのブラウジングや、お好みのアプリケーションを使い続けることできます。新しいiPhone 3G Sはまた、より高速なネットワークスピードを実現する7.2 Mbps HSDPAをサポートしています。

iPhone 3G Sは、美しい写真や動画を撮影することができる新しい300万画素のオートフォーカスカメラを搭載しており、これまで以上に簡単に大切な瞬間をすぐに撮影、編集し、家族や友達と共有することができます。新しいオートフォーカスカメラは、最適な画像を実現するためにピント、露出、色そしてコントラストを調節するほか、自動マクロフォーカス機能も付いているため、超クローズアップの写真を撮ることもできます。新しい「タップ・トゥ・フォーカス」機能を使うと、ディスプレイに触れるだけで目的の物や興味のある部分を選ぶことができ、後はカメラが自動的にピントと露出を再調節してくれます。また、驚くほど高品質のビデオクリップを録画し、開始位置と停止位置を指定してトリミングするだけでiPhone 3G S上で編集することができます。iPhone 3G Sを使うと、写真やビデオを電子メールやMMSで送信したり、MobileMe™やYouTubeにタップ一つで投稿することができます。

iPhone 3G Sに備わったボイスコントロール機能を使うと、iPhoneとiPod®の操作をハンズフリーで行なうことができます。内蔵マイクロフォンまたはヘッドセットのマイクロフォンに適切なコマンドを喋るだけで、名前または番号で電話をかけることができます。ボイスコントロールを使うと、アーティスト名、アルバム名またはプレイリスト名で好きな音楽を再生したり、 Genius機能を起動することもできます。また、音声によりiPhoneに音楽を一時停止させたり、次の曲を再生させたり、シャッフル機能をオンにさせたり、今かかっている曲は何かを質問することもできます。

iPhone 3G Sにはインスタントナビゲーションのための内蔵デジタルコンパスが搭載されています***。Compass appは、ユーザがどの方向に向かっているかを示し、進行方向を変えると表示も回転します。自分自身を真北または磁北のいずれかに向けると、iPhoneの内蔵GPSが自動的に現在位置の座標を表示します。新しい内蔵デジタルコンパスはMapsとも統合されているため、どこの地図でも自動的にユーザの進行方向に合わせて向きを変えます。

iPhone 3G Sは、iPhone 3G Sのディスプレイ上に何が表示されているか声で知らせるスクリーンリーダーであるVoiceOverを含む新しいアクセシビリティー機能を提供します。VoiceOverにより、視力に障害のあるユーザでも電話をかけたり、メールを読んだり、ウェブページを閲覧したり、音楽を再生したり、アプリケーションを利用したりすることができます。新しいユニバーサルズーム機能はスクリーン全体を拡大し、White on Black機能はスクリーン上の色を反転させて、視力の弱い方のためにより高いコントラストを提供します。iPhone 3G Sはまた、左右のオーディオチャンネルを一つにまとめるMono Audioをサポートしているため、片耳の聴力を失った人でも、もう片方の耳で左右両方の音を聴くことができます。

iPhone 3G Sには新しいiPhone OS 3.0ソフトウェアが搭載されています。これにはカット、コピー、ペースト、MMS、iPhone内またはMail、Contacts、Calendar、iPod内を検索するためのSpotlight検索、メール、Messages、メモそしてSafari®で使える横長キーボード、TV番組、ムービーおよびApp Storeからダウンロードしたアプリケーションを対象に拡張されたペアレンタルコントロール、そして新しいVoice Memo アプリケーションを使って外出先ででも音声を録音、送信できる機能など、100以上の新機能が含まれています。iPhone 3.0ソフトウェアにはまた、新しいFind My iPhone機能が含まれています。これはMobileMeと一緒に使うことで、置き忘れたiPhoneを地図上で見つけたり、本体のスクリーンに現れるメッセージを送信したり、iPhoneをマナーモードに設定しているときでも音で場所を知らせたりすることができる機能です。iPhoneをどうしても見つけられないときは、新しいRemote Wipe機能を使って、すべてのデータとコンテンツを消してしまうこともできます。iPhone 3.0ソフトウェアで提供されるiTunes®の新しい機能には、無線ダウンロードできるムービー、TVおよびオーディオ番組や、学生がどこででも教材をダウンロードできるiTunes Uが含まれています。

iPhone 3G Sは、50,000本以上のアプリケーションが登録された世界最大のアプリケーションストアである、革新的なApp Storeへのアクセスをユーザに提供します。App Storeはデベロッパが世界中に何千万人もいるiPhoneおよびiPod touchユーザにリーチすることを可能にします。今日までに10億件以上のアプリケーションがApp Storeからダウンロードされました。iPhone SDKには1,000以上の新しいAPIが含まれており、デベロッパはIn-App Purchases(アプリケーション内コンテンツ購入)、新しいMaps APIそしてプッシュ型通知を使って、これまで以上に革新的なアプリケーションを作ることができます。

iPhone 3G Sにはまた、Nike + iPodサポートが搭載されており、ワークアウトのコンパニオンとしても最高です。オプションのNike + iPodセンサ(2,200円)をNike + シューズに取り付けると、iPhone 3G Sとシームレスにつながり、走った距離を記録したり、最新のジム機器とシンクすることも可能です。

【価格と販売について】
iPhone 3G Sは米国、カナダ、イギリス、フランス、ドイツ、スペイン、イタリア、スイスでは6月19日に販売が開始されます。日本、オーストラリア、アイルランド、オーストリア、ベルギー、オランダでは6月26日に販売が開始されます。価格については販売開始時に改めて発表する予定です。iPhone OS 3.0ソフトウェアは、すべてのiPhoneユーザを対象に、iTunes 8.2以降を通じて無料ソフトウェアアップデートとして6月17日に提供されます。iPod touchをお使いのお客様は9.95ドルでソフトウェアアップデートを購入することができます。iPhone用の新しいMobileMe機能の利用にはiPhone OS 3.0が必要です。MobileMeは99ドルで1年間利用することができます。iPhone 3G Sは今後数週間のうちに世界80カ国以上でも販売されます。米国およびその他の国々における価格と販売については、www.apple.com/jp/iphoneをご覧下さい。

*MMSメッセージングはiPhone 3GまたはiPhone 3G Sでのみ利用することができます。これには料金が発生することがあります。地域によっては、MMSが利用できないこともあります。

**地域によっては、7.2 Mbps HSDPAが利用できないこともあります。

***コンパスの信頼性は、近くに磁場があるときなど使用条件によって影響を受けることがあります。

※ 本資料は、米国発2009年6月8日付けで、米国アップルが発表したニュースリリースを日本語に翻訳したものです。


【アップルについて】
アップルはApple IIで1970年代のパーソナルコンピュータ革命に火をつけ、80年代にはMacintoshによって、再び、全く新しいパーソナルコンピュータを創出しました。数々の賞に輝く革新的なコンピュータ、Mac OS Xオペレーティングシステム、iLifeデジタルライフスタイル・アプリケーション、そしてプロ向けの各種アプリケーションで業界をリードし続けています。これに加えてアップルは、ポータブルミュージックおよびビデオプレーヤーのiPodと、オンラインのiTunes Storeにより、デジタルメディアの分野でも先頭に立ってその革命を推し進め、さらに革新的なiPhoneによって携帯電話市場にも参入しました。

© 2009 Apple Inc. All rights reserved. Apple, the Apple logo, Mac, Mac OS, Macintosh, iPhone, MobileMe, iPod, Safari, iTunes and iPod touch are trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.

iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。


Apple Japan 03-4345-2000