Apple Press Info

(米国報道発表資料抄訳—2011年6月7日)

Apple、iCloudを発表

今日までに提供されてきたあらゆるサービスを超える無料のクラウドサービス

2011年6月6日、サンフランシスコ、Apple®は本日、飛躍的な進歩となる新しい無料クラウドサービス「iCloud(アイクラウド)」を発表しました。iCloudは、iPhone®、iPad®、iPod touch®、Mac®、Windows PC上のアプリケーションとシームレスに連動し、ユーザのコンテンツはiCloudに自動的にワイヤレスで保存され、そこからユーザのすべてのデバイスに自動的にワイヤレスでプッシュ配信されます。これにより使用中のデバイスのひとつに何らかの変更があると、ユーザのすべてのデバイスがワイヤレスでほぼ即座に更新されるようになります。

「これまでは、自分のデバイスに入っている情報やコンテンツを常に最新の状態にしておくのは、実に面倒でフラストレーションのたまるものでした。iCloudは、すべてのデバイスにある大切な情報やコンテンツを、常に最新のものにしてくれます。これはすべてワイヤレスで自動的に実行され、その機能がアプリケーションそのものに組み込まれているので、ユーザはそれについて考える必要すらないのです。ただただ、うまくいくようにできているということです」と、AppleのCEO(最高経営責任者)、スティーブ・ジョブズは述べています。

無料のiCloudサービスには以下が含まれます:

  • 従来のMobileMe®サービス — 連絡先、カレンダー、メール — すべてがiCloudとシームレスに連動するように完全に再設計され、書き直されています。ユーザは友人や家族とカレンダーを共有し、me.comでホストされる広告表示のないプッシュ型メールを利用できます。受信箱やメールボックスはユーザのすべてのiOSデバイスとコンピュータを通じて最新の状態に保たれます。
  • App Store™やiBookstore℠で購入したiOSアプリケーションや書籍が、それらの購入に使用したデバイス上だけでなく、ユーザのデバイスすべてにダウンロードできるようになりました。また、App StoreとiBookstoreでは自分の購入履歴を確認することもでき、iCloudアイコンをタップするだけで、すでに購入したアプリケーションや書籍を追加費用なしでお持ちのiOSデバイス(最大10台)にダウンロードできます。
  • iCloud Backupは、iPhone、iPad、iPod touchを充電している間に、それらiOSデバイスのバックアップをWi-Fi経由で自動的かつセキュアにiCloudに対して毎日行います。バックアップされる内容は、購入した音楽、アプリケーション、書籍、カメラロール(写真およびビデオ)、設定とアプリケーションのデータです。iOSデバイスを入れ替えた場合には、セットアップ時にApple IDとパスワードを入力するだけで、iCloudが新しいデバイスの内容を更新します。
  • iCloud Storageは、iCloud Storage APIを使って作成したすべての書類をシームレスに保存すると共に、それらを自動的にユーザのすべてのデバイスにプッシュ配信します。いずれかのデバイス上で書類を変更すると、iCloudが変更内容をユーザのすべてのデバイスに自動的にプッシュ配信します。AppleのPages®、Numbers®、Keynote®アプリケーションは既にiCloud Storageに対応しています。ユーザアカウント毎に最大5GBの無料ストレージが提供され、それをメール、書類、バックアップに利用できます。素晴らしいことに、Appleから購入した音楽、アプリケーション、書籍の保存に使われるスペースおよびPhoto Streamに必要とされるスペースは、この合計5GBの容量には含まれません。ユーザはストレージを追加購入することもできます。詳細については、今秋に予定されているiCloudリリース時に発表します。
  • iCloudの革新的なPhoto Streamサービスは、ユーザが撮影した写真やデバイス上に読み込んだ写真を自動的にアップロードし、すべてのデバイスおよびコンピュータへワイヤレスにプッシュ配信します。これによって、例えば、午後に行われた野球の試合中にiPhoneを使って撮影した何十枚もの友人の写真が、自宅に戻った時にはiPad(さらにはApple TV®)を使って友人全員で一緒に見る準備ができている、といったことが可能になります。Photo StreamはすべてのiOSデバイス上の写真アプリケーションに組み込まれるほか、MacではiPhoto®に、Windows PCでは「ピクチャ」フォルダに保存されます。写真の保管スペースを抑えるために各デバイスには直近の写真1,000枚が保存され、鑑賞できるほか、写真をアルバムに移動して永久保存するのも容易になります。MacとWindows PCでは、保存スペースが大きいこともあり、Photo Stream経由ですべての写真を保存できます。iCloudではそれぞれの写真をクラウド上に30日間保管しますが、これは使用中のデバイスをiCloudに接続し、Photo Streamを通じてWi-Fi経由で自動的に最新の写真をダウンロードするには十分な時間と言えるでしょう。
  • iTunes® in the Cloudでは、過去にiTunesを通じて購入した音楽をユーザのiOSデバイスすべてに追加費用なしでダウンロードできるほか、新たに購入する音楽についてもユーザのデバイスすべてに自動的にダウンロードできるようになります。また、iTunesから購入したものでない音楽についても、iTunes Matchを使って同様の恩恵が受けられます。iTunes MatchはユーザのiTunes以外で入手した音楽が、1800万曲を超えるiTunes Store®で提供中の楽曲と合致する場合には、それを256kbps AAC DRMフリーバージョンと差し替えるというサービスで、(何週間もかけて手持ちの音楽ライブラリ全体をアップロードする代わりに)合致した音楽は数分で入手でき、合致しない残りのごく一部の音楽のみがクラウド上へアップロードされます。iTunes Matchは今秋より年間24.99ドルで提供予定です。Appleは本日より、iTunes Matchを搭載しないiTunes in the Cloud無料ベータバージョンを、iOS 4.3が稼働するiPhone、iPad、iPod touchをお使いのユーザに提供します。

Appleでは、3つのデータセンター(3番目はノースカロライナ州メイデンに最近完成)を使ってiCloudを提供する準備を進めています。Appleはメイデンのデータセンターに5億ドル以上を投資し、無償のiCloudサービスに対して期待されるお客様の需要に応えていきます。


【価格と販売について】
iCloudベータおよびCloud Storage APIは本日より、iOSならびにMacの デベロッパプログラムのメンバーにdeveloper.apple.comを通じて提供されます。iCloudの正式バージョンは今秋、iOS 5と同時に提供予定です。ユーザは、iOS 5が動作するiPhone、iPad、iPod touch、またはMac OS® X Lionが稼働するMacをお使いの場合に、有効なApple IDを使ってiCloudに無料サインアップすることができます。iCloudでは無料の5GBクラウドストレージが提供され、メール、書類の保管、バックアップに利用できます。Appleより購入された音楽、アプリケーション、書籍、Photo Streamに必要なスペースは5GBの容量制限には含まれません。iTunes Matchは年間24.99ドルで提供予定です(米国のみ)。

iTunes in the Cloudは米国において本日より提供され、ご利用にはiTunes 10.3およびiOS 4.3.3が必要です。アプリケーションおよび書籍の自動ダウンロードは本日よりご利用いただけます。Windows PCでiCloudを利用するには、Windows VistaまたはWindows 7が必要です。コンタクトとカレンダーの利用には、Outlook 2010または2007が推奨されます。

※ 文中の価格は米国での価格になります。
※ 本資料は、米国発2011年6月6日付けで、米国アップルが発表したニュースリリースを日本語に翻訳したものです。
※ iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。

【Appleについて】
Appleは世界で最も優れたパーソナルコンピュータであるMacをデザインするとともに、OS X、iLife、iWork、そしてプロフェッショナル向けのソフトウェアを開発しています。AppleはiPodおよびiTunesオンラインストアでデジタル音楽革命をリードしています。Appleは革新的なiPhoneやApp Storeで携帯電話を再定義したほか、最近では魔法のようなiPadを発表し、モバイルメディアとコンピューティングデバイスの未来を描いています。

© 2011 Apple Inc. All rights reserved. Apple, the Apple logo, Mac, Mac OS, Macintosh, iCloud, iPhone, iPad, iPod touch, MobileMe, App Store, iBookstore, iBooks, Pages, Numbers, Keynote, Apple TV, iPhoto, iTunes and iTunes Store are trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.


Apple Japan 03-4345-2000

画像使用契約

画像の使用に関する重要な情報

ご利用者は、以下の画像を複製または使用することにより、画像の使用方法を規定する以下の「画像使用契約」を読んで内容を理解し、これに同意したものと見なされます。本契約の条件に同意されない方は、Appleが署名した書面による許可を受けた場合を除き、いかなる方法によっても画像を複製または使用することはできません。

使用契約

ご利用者は、本契約の条件に従い、報道・解説を目的とした編集物においてのみ画像全体を使用できます。この使用権はご利用者本人のみに付与されるものであり、他者に譲渡することはできません。製品またはテクノロジーの宣伝または販売目的で画像を使用することはできません(広告、パンフレット、雑誌・書籍の表紙、ストックフォト、Tシャツ、その他の販促品など)。いかなる理由においても、画像全体またはその一部を変更または修正することはできません。

ご利用者とAppleの関係において、現在および将来にわたり、Appleが画像の所有権を単独かつ独占的に保有するものとします。ご利用者は画像に関する一切の所有権の表記を削除、変更、不鮮明化しないものとし、画像を使用する都度、画像の横に適切な所有権の帰属を記載するものとします。

「画像使用契約」を読んで内容を理解し、これに同意します。

同意してダウンロードする
同意しない