Apple Press Info

Apple、Final Cut Pro Xでビデオ編集に革命をもたらす

2011年6月21日、Apple®は本日、世界で最も人気のあるプロ用ビデオ編集ソフトウェアの新バージョン、「Final Cut Pro® X(ファイナルカットプロテン)」を発表しました。Final Cut Pro Xは、柔軟な、トラックレスのキャンバスで編集ができるマグネティックタイムライン、コンテンツを読み込む際に、撮影のタイプ、メディアそして映っている人々によってカテゴリに分けるコンテンツの自動解析、そして中断せずに作業ができるバックグラウンドレンダリングなどの新機能により、ビデオ編集をまったく新しいものにします。先進の64ビットアーキテクチャをベースとするFinal Cut Pro Xは、Mac® App Store™より35,000円で販売されます。

「Final Cut Pro Xは、プロ用ビデオ編集の業界において、最初のFinal Cut Pro以来最大の進化と言えます。世界最高のプロの編集者の方々にも見ていただきましたが、皆さん非常に驚いておられました。」と、Appleのワールドワイドプロダクトマーケティング担当シニアバイスプレジデント、フィリップ・シラーは述べています。

「AppleがFinal Cut Proでやったことには本当に驚きました。Final Cut Pro Xは信じられないほど先進的で速いだけでなく、より重要なことは、Final Cut Pro Xが、テクニカルなディテールをすべて積極的に管理してくれるので、これまで以上にクリエイティブな方法でストーリー展開の作成に集中することができるということです。」と語るのは、アカデミー賞受賞監督のアンガス・ウォール氏です。

Final Cut Pro Xの中心にあるのが、マグネティックタイムラインです。撮影した場面をトラックレスで編集できるこのアプローチによって、どこでも好きな場所にクリップを挿入したり、入れ替えたりすることができ、その瞬間に他のクリップはスライドアウトします。クリップ接続を使うと、メインのストーリークリップをタイトルやサウンドエフェクトなどの要素にリンクさせることができるため、それらを完全に同期させた状態で移動させることができます。また、関連づけられたストーリー要素を複合クリップに統合して、一つのクリップとして編集することもできます。画期的な新機能であるオーディション機能を使うと、様々なクリップを入れ替えながら、瞬時に別のテイクと比較することができます。

コンテンツの自動解析は、読み込む際にメディアをスキャンし、有用な情報をコンテンツにタグ付けします。Final Cut Pro Xは、その情報を使ってクリップを動的に整理し、スマートコレクションを作成します。スマートコレクションの中のクリップは、クローズアップ、メディア、ワイドショットはもとより、メディアのタイプや、ショットの中の人の数によっても検索することができます。また、クリップの部分ごとに範囲ベースのキーワードでタグを付けて、自分のメディアにカスタム検索のための条件を追加することができます。

一から作り直されたFinal Cut Pro Xは、最新のMacハードウェアとソフトウェアをフルに利用できる64ビットアプリケーションで、例え4Kビデオの作業中であったとしても次の編集を待つ必要はありません。Final Cut Pro Xは、マルチスレッドプロセッシングとグラフィクスカード上のGPUを利用して、超高速バックグラウンドレンダリングと極めて優れたリアルタイム再生性能を実現します。さらに、ColorSyncが管理するカラーパイプラインが読み込みから出力まで色の一貫性を確保します。

Final Cut Pro Xはまた、オーディオ編集と色校正のための強力なツールを搭載するほか、プロフェッショナルモーショングラフィックスのためのMotion 5と、高度なメディアエンコーディングのためのCompressor 4(共にMac App Storeからそれぞれ5,800円で販売)の2つのアプリケーションが用意されています。


【価格と販売について】
Final Cut Pro Xは、Mac App Storeから35,000円で、本日から販売されます。Motion 5とCompressor 4は、Mac App Storeから5,800円で、本日から販売されます。Final Cut Pro Xの利用に必要なシステム要件の詳細その他の情報は、www.apple.com/jp/finalcutpro でご覧いただくことができます。

※ 文中の価格はすべて税込み、Mac App Storeプライスです。


【Appleについて】
Appleは世界で最も優れたパーソナルコンピュータであるMacをデザインするとともに、OS X、iLife、iWork、そしてプロフェッショナル向けのソフトウェアを開発しています。AppleはiPodおよびiTunesオンラインストアでデジタル音楽革命をリードしています。Appleは革新的なiPhoneやApp Storeで携帯電話を再定義したほか、最近では魔法のようなiPadを発表し、モバイルメディアとコンピューティングデバイスの未来を描いています。

© 2011 Apple Inc. All rights reserved. Apple, the Apple logo, Mac, Mac OS, Macintosh, Final Cut Pro and App Store are trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.


Apple Japan 03-4345-2000

画像使用契約

画像の使用に関する重要な情報

ご利用者は、以下の画像を複製または使用することにより、画像の使用方法を規定する以下の「画像使用契約」を読んで内容を理解し、これに同意したものと見なされます。本契約の条件に同意されない方は、Appleが署名した書面による許可を受けた場合を除き、いかなる方法によっても画像を複製または使用することはできません。

使用契約

ご利用者は、本契約の条件に従い、報道・解説を目的とした編集物においてのみ画像全体を使用できます。この使用権はご利用者本人のみに付与されるものであり、他者に譲渡することはできません。製品またはテクノロジーの宣伝または販売目的で画像を使用することはできません(広告、パンフレット、雑誌・書籍の表紙、ストックフォト、Tシャツ、その他の販促品など)。いかなる理由においても、画像全体またはその一部を変更または修正することはできません。

ご利用者とAppleの関係において、現在および将来にわたり、Appleが画像の所有権を単独かつ独占的に保有するものとします。ご利用者は画像に関する一切の所有権の表記を削除、変更、不鮮明化しないものとし、画像を使用する都度、画像の横に適切な所有権の帰属を記載するものとします。

「画像使用契約」を読んで内容を理解し、これに同意します。

同意してダウンロードする
同意しない