Apple Press Info

Apple、iCloudを10月12日に提供開始

iTunes in the Cloud、フォトストリーム、Documents in the Cloudから構成される画期的な無料のクラウドサービス

2011年10月5日、Apple®は本日、画期的な無料のクラウドサービスであるiCloud®(アイクラウド)を10月12日より提供することを発表しました。iTunes® in the Cloud、フォトストリーム、Documents in the Cloudで構成されるiCloudは、iPhone®、iPad®、iPod touch®、Mac®、Windows PCとシームレスに連動し、ユーザのコンテンツはiCloudに自動的にワイヤレスで保存され、そこからユーザのすべてのデバイスにプッシュされます。iCloudに保存されるコンテンツは音楽・写真・アプリケーション・連絡先・カレンダー・書類などで、これらをすべてのデバイスで最新の状態に保つことが可能です。これにより、使用中のデバイスひとつに何らかの変更があると、ユーザのすべてのデバイスが自動的にワイヤレスで更新されます。
 
「iCloudはコンテンツ管理の最も簡単な方法です。コンテンツ管理をユーザに代わってすべておこなってくれるiCloudは、今日までに提供されてきたあらゆるサービスをはるかに超えるものです。ユーザはデバイスのシンクについて考える必要は一切ありません。なぜなら、それは自動的に行なわれ、しかも無料なのです」と、Appleのインターネットソフトウェア&サービス担当シニアバイスプレジデント、エディー・キューは述べています。
 
iTunes in the Cloudでは、新たに購入した音楽をユーザのすべてのデバイスに自動的にダウンロードできるので、例えばiPadで購入した楽曲は、シンクをしなくても、自動的にユーザのiPhoneにも現れます。iTunes in the Cloudでは過去にiTunesを通じて購入した音楽やテレビ番組などのコンテンツも、ユーザのデバイスすべてに追加費用なしでダウンロードできます*。iCloudにはiTunesでの購入履歴も保存されているので、購入の際にどのデバイスを使ったかにかかわらず 、購入したコンテンツをまとめて確認できます。コンテンツは既にユーザが所有しているので、ユーザのすべてのデバイスで再生できるほか、iCloudアイコンをタップすれば、そのデバイスにコンテンツをダウンロードし、再生することも可能です。
 
さらに、iTunes Matchでは iTunesで購入されたもの以外も含むユーザの音楽ライブラリにある楽曲をスキャンし、それがiTunes Store®で提供中の2000万以上の楽曲と合致した場合には、それを256kbps AAC DRMフリー高音質バージョンで提供します。合致しなかった楽曲はiCloudにアップロードされ、ユーザはすべてのデバイスでユーザの音楽ライブラリにある楽曲、アルバム、プレイリストを再生できるようになります。
 
iCloudの革新的なフォトストリームサービスでは、ユーザがあるデバイスで撮影した写真が、自動的にユーザの別のデバイスにも現れるようになります。ユーザがiPhoneで撮影した写真はiCloudに送られ、自動的にそのユーザのiPad、iPod touch、Mac、Windows PCにプッシュされます。ユーザのフォトストリームのアルバムを、そのユーザのApple TV®で視聴することさえ可能です。iCloudでは、デジタルカメラから読み込んだ写真のコピーをWi-FiまたはEthernet経由で自動的にプッシュできるので、それらをユーザの他のデバイスでも視聴できるようになります。iCloudはユーザのフォトストリームを効率的に管理して直近の1000枚の写真を表示してくれるので、ストレージが不足することはありません。
 
iCloudのDocuments in the Cloudサービスは、ユーザの書類をユーザのすべてのデバイスで横断的に、自動的に最新の状態に保つことができます。例えば、ユーザのiPadでPages®を使って作成した書類は自動的にiCloudに送られます。Pagesを別のiOSデバイスで起動すると、同じ書類を最新の状態で開くことが可能で、前回作業を終えた時点の状態から編集を続けたり続きから読むことができます。AppleのiOSデバイス用iWork®アプリケーションであるPages、Numbers®、Keynote®でこのようにiCloudストレージを利用できることに加えて、Appleは、デベロッパが自身のアプリケーションでDocuments in the Cloudとシームレスな連係を実現させるのに必要なAPIも提供しています。
 
iCloudでは、App Store™とiBookstoreでの購入履歴も確認して、アプリケーションや書籍をユーザのデバイスにいつでもダウンロードできます。購入済みのアプリケーションや書籍は、それを購入したデバイスだけでなく、ユーザのすべてのデバイスに自動的にダウンロードすることもできます。購入済みのアプリケーションや書籍はiCloudアイコンをタップすればユーザのiOSデバイスにダウンロードされます。追加費用は一切かかりません。
 
iCloud Backupでは、iOSデバイスが電源につながっていれば、ユーザの大切な情報を毎日、自動的かつ安全にWi-Fiを通じてiCloudにバックアップします。電源につなぐだけで、すべてが素早く効率的にバックアップされます。購入済みの音楽・テレビ番組・アプリケーション・書籍そしてフォトストリームについては既にiCloudに保存されているので、iCloud Backupはそれ以外のもの、つまりカメラロールの写真やビデオ、デバイス設定、アプリケーションのデータ、ホーム画面とアプリケーションの配置状況、メッセージ、呼び出し音などのバックアップを行ないます。iCloud Backupは新しいiOSデバイスのセットアップに役立てたり、既にお使いのiOSデバイスに情報やデータを復元するのにも利用できます**。
 
iCloudはユーザの連絡先、カレンダー、メールともシームレスに連係するので、友人や家族とカレンダーを共有することも可能です。また、広告表示のないメールアカウントはme.comでホストされます。メールの受信ボックスやフォルダはユーザのすべてのiOSデバイスとコンピュータの間で横断的に最新の状態に保たれ、icloud.comではメール、連絡先、カレンダー、iPhoneを探す、そしてiWork書類にウェブを通じて簡単にアクセスできます。
 
「iPhoneを探す」は、ユーザがデバイスのひとつを紛失した場合に役立つアプリケーションです。このアプリケーションを別のデバイスで利用したり、コンピューターを使ってicloud.comにサインインすることで、紛失したiPhone、iPad、iPod touchを地図上で探したり、メッセージを表示したり、ロックやデータの消去を遠隔操作で行なうこともできます。なお、「iPhoneを探す」 では新たに、OS X Lionが稼働するMacの場所も見つけられるようになりました。
 
「友達を探す」はApp Storeから無料でダウンロードできる新しいアプリケーションで、大切な人に自分の居場所を簡単に伝えることができます。友人や家族が地図上に表示されるので、素早く彼らの居場所を知ることができます。「友達を探す」では 夕食の間数時間や、キャンプに出かける数日間など自分の居場所を一時的に複数の友人と共有することも可能で、その時間が経過すると共有は終了します。「友達を探す」では、新たに友達からリクエストを受ける度にユーザはその通知を受け取ります。リクエストを承認すると新しい友達にあなたの居場所が見えるようになります。もちろん簡単なタップ操作で自分の居場所を隠すこともできます。ペアレンタルコントロール機能により保護者の方がお子様の「友達を探す」の使い方を管理することも可能です。
 
iCloudは、iOS 5のリリースと同時に利用可能になります。iOS 5は、作業に割り込むことなく通知を一個所で簡単に閲覧・管理できる通知センター、iOS 5ユーザ間でテキストメッセージ・写真・ビデオを簡単に送れる新しいメッセージングサービスのiMessage™、新聞や雑誌の購読を購入・管理するための新しい方法となるNewsstandなど、200以上を新機能を備えた世界で最も先進的なモバイルオペレーティングシステムです。
 
【価格と販売について】
iCloudは、10月12日より、iOS 5が動作するiPhone、iPad、iPod touch、またはOS X Lionが稼働するMacをお使いで有効なApple IDをお持ちのユーザに対して提供されます。iCloudにはメール、書類の保存、バックアップに利用される5GBの無料クラウドストレージが含まれます。購入済みの音楽・テレビ番組・アプリケーション・書籍およびPhoto Storageの容量は、5GBのストレージ上限には含まれません**。iTunes Matchは今月後半より米国において提供開始予定の年間24.99ドルの有料サービスです。Windows PCでのiCloudのご利用にはWindows VistaまたはWindows 7が必要です。連絡先とカレンダーは、Outlook 2010または2007からのアクセスを推奨します。iCloudストレージの追加アップグレードは10GBを年間1,700円、20GBを年間3,400円、50GBを年間8,500円にて提供します。
 
iOS 5は、 iPhone 4S、iPhone 4、iPhone 3GS、iPad 2、iPad、第3・4世代のiPod touchをお使いのユーザーの皆様に対して無料のソフトウェアアップグレードとして提供されます。驚きの新機能の数々をご堪能ください。
 
*iCloudは全世界で提供されます。iTunes in the Cloudは国別の対応となります。iTunes Matchおよびテレビ番組は米国のみのサービスです。iTunes in the CloudおよびiTunes Matchは、同じApple IDで管理される最大10台までのデバイスで利用可能です。
 
**購入済みの音楽のバックアップは国別の対応となります。購入済みのテレビ番組のバックアップは米国のみで提供されます。購入済みコンテンツの復元は、当該コンテンツがiTunes Store、App Store、iBookstoreで提供終了された場合には利用できません。
 
iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  
【Appleについて】
Appleは世界で最も優れたパーソナルコンピュータであるMacをデザインするとともに、OS X、iLife、iWork、そしてプロフェッショナル向けのソフトウェアを開発しています。AppleはiPodおよびiTunesオンラインストアでデジタル音楽革命をリードしています。Appleは革新的なiPhoneやApp Storeで携帯電話を再定義したほか、最近では魔法のようなiPad 2を発表し、モバイルメディアとコンピューティングデバイスの未来を描いています。

© 2011 Apple Inc. All rights reserved. Apple, the Apple logo, Mac, Mac OS, Macintosh, iCloud, iTunes, iPhone, iPad, iPod touch, iTunes Match, iTunes Store, Apple TV, Pages, iWork, Numbers, Keynote, App Store, iBookstore and iMessage are trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.

Apple Japan 03-4345-2000

画像使用契約

画像の使用に関する重要な情報

ご利用者は、以下の画像を複製または使用することにより、画像の使用方法を規定する以下の「画像使用契約」を読んで内容を理解し、これに同意したものと見なされます。本契約の条件に同意されない方は、Appleが署名した書面による許可を受けた場合を除き、いかなる方法によっても画像を複製または使用することはできません。

使用契約

ご利用者は、本契約の条件に従い、報道・解説を目的とした編集物においてのみ画像全体を使用できます。この使用権はご利用者本人のみに付与されるものであり、他者に譲渡することはできません。製品またはテクノロジーの宣伝または販売目的で画像を使用することはできません(広告、パンフレット、雑誌・書籍の表紙、ストックフォト、Tシャツ、その他の販促品など)。いかなる理由においても、画像全体またはその一部を変更または修正することはできません。

ご利用者とAppleの関係において、現在および将来にわたり、Appleが画像の所有権を単独かつ独占的に保有するものとします。ご利用者は画像に関する一切の所有権の表記を削除、変更、不鮮明化しないものとし、画像を使用する都度、画像の横に適切な所有権の帰属を記載するものとします。

「画像使用契約」を読んで内容を理解し、これに同意します。

同意してダウンロードする
同意しない