Apple Press Info

(米国報道発表資料抄訳―2012年10月30日) 

Apple、ハードウェア、ソフトウェア、サービス間の協力を推進するための組織変更を発表

ジョニー・アイブ、ボブ・マンスフィールド、エディ・キュー、クレイグ・フェデリギの担当範囲を拡大

2012年10月29日、カリフォルニア州クパティーノ、Apple®は本日、同社の世界最高レベルのハードウェア、ソフトウェアそしてサービスチームの間でこれまで以上に協力を奨励するためのエグゼクティブマネジメントの変更を発表しました。これらの変更の一環として、ジョニー・アイブ、ボブ・マンスフィールド、エディー・キュー、そしてクレイグ・フェデリギはそれぞれの担当分野を増やすことになります。Appleはまた、スコット・フォーストールが来年Appleを離れ、それまでの間、CEO(最高経営責任者)ティム・クックのアドバイザーとなることも発表しました。
 
「当社は今、Appleの歴史の中でも最も革新的で、かつ多くの新製品を生み出している時期にあります。今年9月と10月に発表した素晴らしい製品、iPhone 5、iOS6、iPad mini、iPad、iMac、MacBook Pro、iPod touch、iPod nano、そして多くのアプリケーションは、Appleだからこそ作り得たものばかりで、ワールドクラスのハードウェア、ソフトウェアそしてサービスを密に連携させることに執拗なまでに集中してきたことが如実に反映された結果です」と、AppleのCEO、ティム・クックは述べています。
 
ジョニー・アイブは現在のインダストリアル・デザインのリーダーという役割に加え、全社的なヒューマンインターフェイス(HI)を統括します。彼の素晴らしいデザイン感覚は10年以上にわたってApple製品のルック・アンド・フィールの推進力でありました。
 
エディー・キューは、新たにSiri®とMapsも担当し、当社のすべてのオンラインサービスを一つのグループに統括します。この組織はiTunes Store®、App Store™、iBookstore™そしてiCloud®などを大きな成功に導いてきました。このグループはAppleのオンラインサービスを構築、強化し、お客様の期待に応え、それを上回ってきたという実績を持っています。
 
クレイグ・フェデリギはiOSとOS X®の両方のリーダーとなります。Appleは最も進んだモバイルおよびデスクトップオペレーティングシステムを持っています。今回の動きは、OSチームを一つにまとめ、最高のテクノロジーとユーザエクスペリエンスのイノベーションを両方のプラットフォームに提供することをこれまで以上に容易にするものです。
 
ボブ・マンスフィールドは新しいグループ、「テクノロジー」のリーダーとなります。このグループはAppleの全社のワイヤレスチームを一つの組織にまとめたもので、この分野における技術革新をこれまで以上に高いレベルで育成します。未来に向けた野心的な計画を持つ半導体チームもこの組織に含まれます。
 
また、ジョン・ブロウェットがAppleを去ります。リテール部門の新たな担当者は現在探しているところですが、暫定的にはリテールチームはティム・クックに直接報告することとなります。Appleのリテール組織はストアおよび地域レベルで非常に強固なリーダーのネットワークを持っていますが、これらリーダーが過去10年にわたってユニークで革新的なサービスをお客様に提供することによってリテールのあり方を大きく変えて来たという素晴らしい仕事は今後も続いていきます。
 
※本資料は、米国発2012年10月29日付けで、米国アップルが発表したニュースリリースを日本語に翻訳したものです。
  
【Appleについて】
Appleは世界で最も優れたパーソナルコンピュータであるMacをデザインするとともに、OS X、iLife、iWork、そしてプロフェッショナル向けのソフトウェアを開発しています。AppleはiPodおよびiTunesオンラインストアでデジタル音楽革命をリードしています。Appleは革新的なiPhoneやApp Storeで携帯電話を再定義したほか、iPadでモバイルメディアとコンピューティングデバイスの未来を描いています。


© 2012 Apple Inc. All rights reserved. Apple, the Apple logo, Mac, Mac OS, Macintosh, Siri, iTunes Store, iBookstore, iCloud and OS X are trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.

iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。

Apple Japan 03-4345-2000