Apple Press Info

(米国報道発表資料抄訳―2014年3月2日)

Apple、自動車でのiPhoneの使用をより快適に、安全に、楽しくするCarPlayを発表

CarPlayはジュネーブモーターショーで主要自動車メーカーと共に初披露

2014年3月3日、ジュネーブ、Apple®は本日、車内でiPhone®をより快適で安全に、さらに楽しく使うための方法であるCarPlay対応モデルを主要な自動車メーカーが発売することを発表しました。CarPlayを使うと、iPhoneのユーザはたったひとこと話しかけるかタッチするだけで、電話をかけたり、マップを使ったり、音楽を聴いたり、メッセージにアクセスしたりといったことが信じられないほど直感的にできます。ユーザは自動車上のインターフェイスからCarPlayを簡単に操作できるほか、ハンドル上のボイスコントロールボタンを押し続けることで、運転から注意をそらすことなくSiri®を起動することができます。フェラーリ、メルセデス・ベンツそしてボルボがCarPlay対応のモデルを今週発表するほか、本田技研、三菱自動車、日産自動車、富士重工業、スズキ、トヨタ、BMWグループ、フォード、ゼネラルモーターズ、現代自動車、ジャガー・ランドローバー、起亜自動車、そしてPSA・プジョーシトロエンの各社が今後CarPlay対応車を発売する予定です。

「CarPlayは、車の中でiPhoneを使うために信じられないほど素晴らしい体験を提供するために、ゼロからデザインされたものです。iPhoneユーザはいつでも指先でコンテンツにアクセスしたいものですが、CarPlayを使うとドライバーは運転から注意をそらさられることがほとんどなく車内でiPhoneを使うことができます。自動車メーカーのパートナーがCarPlay対応の素晴らしいモデルを発表し、CarPlayが今週、ジュネーブでデビューすることに私たちは大変興奮しています」と、AppleのiPhoneおよびiOSプロダクトマーケティング担当バイスプレジデント、グレッグ・ジョズィアックは述べています。

Appleは10年以上にわたってコンシューマー向けテクノロジーの自動車への統合をリードしてきました。CarPlayは、ドライバーが運転に集中しながらiPhoneでやりたいことができるようにするという、車とiPhoneが一体となった考え抜かれた体験を提供します。

iPhoneをCarPlayに対応した車に接続すると、連絡先にアクセスしたり、電話をかけたり、不在着信があった相手に返信したり、ボイスメールを聞いたりといったことがSiriの手助けで簡単にできます。メッセージや通知を受け取ると、Siriが音声による指示に反応してメッセージの内容を読み上げたり、ドライバーが口頭で話した(読み上げた)メッセージを書き起こして返事をしたり、電話をかけるといったアイズフリーの体験を提供します。

CarPlayはマップと連動して、連絡先やメール、テキストメッセージから推測した最近の立ち寄り先をもとに行き先を予測することにより、行き先の案内をより直感的にわかりやすくし、経路案内、道路状況そして予想到着時刻をお知らせします。またSiriに直接尋ねて、クルマの内蔵ディスプレイに表示されるマップとともに音声でもルート案内機能を使うことができます。

CarPlayでは、車に内蔵されたコントローラーやSiriに指示することで、ドライバーは自分が持っているすべての音楽、ポッドキャスト、オーディオブックそしてiTunes RadioSMにアクセスすることができます。CarPlayはSpotifyやiHeartRadioなど特定のサードパーティーのオーディオアプリケーションもサポートしているため、好きなラジオサービスやスポーツ放送のアプリケーションを運転しながら聴くことができます。

【価格と提供について】
Apple CarPlayは、iOS7のアップデートとして提供され、iPhone 5s、iPhone 5cそしてiPhone 5を含む、Lightningケーブル対応のiPhoneで使うことができます。CarPlayは2014年に販売される一部の自動車でご利用いただくことができます。
 
※本資料は、米国発2014年3月2日付けで、米国アップルが発表したニュースリリースを日本語に翻訳したものです。
 
※文中にあるコンテンツの情報は、米国における状況です。
 
【Appleについて】
Appleは世界で最も優れたパーソナルコンピューターであるMacをデザインするとともに、OS X、iLife、iWork、そしてプロフェッショナル向けのソフトウェアを開発しています。AppleはiPodおよびiTunesオンラインストアでデジタル音楽革命をリードしています。Appleは革新的なiPhoneやApp Storeで携帯電話を再定義したほか、iPadでモバイルメディアとコンピューティングデバイスの未来を描いています。

© 2014 Apple Inc. All rights reserved. Apple, the Apple logo, Mac, Mac OS, Macintosh, iPhone, Siri and iTunes Radio are trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.

iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。

Apple Japan 03-4345-2000

画像使用契約

画像の使用に関する重要な情報

ご利用者は、以下の画像を複製または使用することにより、画像の使用方法を規定する以下の「画像使用契約」を読んで内容を理解し、これに同意したものと見なされます。本契約の条件に同意されない方は、Appleが署名した書面による許可を受けた場合を除き、いかなる方法によっても画像を複製または使用することはできません。

使用契約

ご利用者は、本契約の条件に従い、報道・解説を目的とした編集物においてのみ画像全体を使用できます。この使用権はご利用者本人のみに付与されるものであり、他者に譲渡することはできません。製品またはテクノロジーの宣伝または販売目的で画像を使用することはできません(広告、パンフレット、雑誌・書籍の表紙、ストックフォト、Tシャツ、その他の販促品など)。いかなる理由においても、画像全体またはその一部を変更または修正することはできません。

ご利用者とAppleの関係において、現在および将来にわたり、Appleが画像の所有権を単独かつ独占的に保有するものとします。ご利用者は画像に関する一切の所有権の表記を削除、変更、不鮮明化しないものとし、画像を使用する都度、画像の横に適切な所有権の帰属を記載するものとします。

「画像使用契約」を読んで内容を理解し、これに同意します。

同意してダウンロードする
同意しない