Apple Press Info

(米国報道発表資料抄訳―2014年4月3日)

Apple、WWDCをサンフランシスコのMoscone Westで6月2日に開幕

開発者は本日からWWDCのチケットの申し込みが可能に

2014年4月3日、カリフォルニア州クパティーノ、Apple®は本日、恒例のワールドワイドデベロッパカンファレンス(世界開発者会議、以下WWDC)を6月2日から6日にかけて、サンフランシスコのMoscone Westで開催することを発表しました。5日間にわたって開催される今年の会議では、世界中から集まる 開発者たちがiOSとOS X®の未来について学び、世界中の何百万人ものiOSおよびMac®のユーザ向けに最も革新的なアプリケーションを作り続けるための最新のツールとテクノロジーを手にすることができます。WWDCでは100以上のテクニカルセッション、1,000人以上のAppleエンジニア、開発者が新しい技術を自分たちのアプリケーションに組み込み、アプリケーションを改良する手助けをするハンズオンラボが用意されています。また、Apple Design Awardsも同時に開催され、昨年以降配信されたベストアプリケーションの数々が表彰されます。
 
開発者は本日から米国太平洋夏時間4月7日(月)午前10時*まで、WWDCのウェブサイト(developer.apple.com/wwdc)を通じてチケットを申し込むことができます。ランダムに選ばれた参加者にチケットが発行されます。開発者は米国太平洋夏時間4月7日(月) 午後5時**までに申し込み状況を知ることができます。また、200のStudent Scholarshipが用意されており、世界各国の学生を対象に、無料チケットが獲得できるチャンスが提供されています(developer.apple.com/wwdc/students)。今年は、National Center for Women & Information Technology(NCWIT)とその提携パートナーが、女性エンジニアとプログラマーを対象とした奨学制度のプロモーションを支援します。
 
「私たちは世界で最も素晴らしいデベロッパコミュニティーを持っており、彼らのために素晴らしい1週間を用意しています。WWDCの参加者は年ごとに多様化してきており、あらゆる分野の開発者が世界のあらゆる場所から参加するようになってきています。彼らとiOSおよびOS Xの最新の進歩を共有し、彼らが次世代の素晴らしいアプリケーションを作ることができるようになることを楽しみにしています」と、Appleのワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデント、フィリップ・シラーは述べています。
 
WWDC 2014では以下のアクティビティが用意されています。 
月曜日に行われるState of the UnionセッションとApple Design AwardsはWWDCのウェブサイトを通じてライブでストリーミングされ、世界中のより多くの開発者が最新の情報にリアルタイムでアクセスすることができます。すべてのテクニカルセッションのビデオは開催期間中を通じてApple Developerウェブサイト(developer.apple.com/wwdc/videos)にアップロードされ、すべての登録開発者が見ることができます。
 
チケットの申し込み、アップデートおよびその他の情報は、Apple世界開発者会議2014のウェブサイト(developer.apple.com/wwdc)でご確認ください。
 
*日本時間4月8日(火)午前2時
**日本時間4月8日(火)午前9時
 
※本資料は、米国発2014年4月3日付けで、米国Appleが発表したニュースリリースを日本語に翻訳したものです。
 
【Appleについて】
Appleは世界で最も優れたパーソナルコンピュータであるMacをデザインするとともに、OS X、iLife、iWork、そしてプロフェッショナル向けのソフトウェアを開発しています。AppleはiPodおよびiTunesオンラインストアでデジタル音楽革命をリードしています。Appleは革新的なiPhoneやApp Storeで携帯電話を再定義したほか、iPadでモバイルメディアとコンピューティングデバイスの未来を描いています。

Apple, the Apple logo, Mac, Mac OS, Macintosh, OS X, iPhone and iPad are trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.

Apple Japan 03-4345-2000