Apple Press Info

(米国報道発表資料抄訳―2015年4月14日)

Apple、WWDCを6月8日にサンフランシスコのMoscone Westで開幕

開発者は本日からチケットの申し込みが可能に。さらに世界中で何百万人もがセッションのライブストリーミングを視聴可能。

2015年4月14日、カリフォルニア州クパティーノ、Apple®は本日、26回目となる恒例のワールドワイドデベロッパカンファレンス(世界開発者会議、以下WWDC)を6月8日から12日にかけて、サンフランシスコのMoscone Westで開催することを発表しました。これまでより多くのセッションがデベロッパ(開発者)向けにライブストリーミングされます。WWDCは、Appleの名高いデベロッパコミュニティーが一堂に会し、iOSとOS X®の未来について学び、世界で最も革新的なアプリケーションを作る手助けをする場となります。WWDCでは、100以上のテクニカルセッションが行われ、1,000人以上のAppleエンジニアの参加、ハンズオンラボによりデベロッパが新しい技術を自分たちのアプリケーションに組み込み、アプリケーションを改良する手助けをするほか、Apple Design Awardsも同時に開催され、昨年以降新たに配信された数々のベストアプリケーションが表彰されます。

「App Storeは、本当に素晴らしいアプリケーションのエコシステムを作り出しました。お客様の生活を永久に変えるとともに、世界中で何百万人もの仕事を生み出しています。WWDCでは、世界中でデベロッパと共有するための、iOSとOS X用の驚くべき新しいテクノロジーを用意しており、彼らが作る次世代のアプリケーションを見るのが待ちきれません」と、Appleのワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデント、フィリップ・シラーは述べています。

デベロッパは本日から米国太平洋夏時間4月17日(金)午前10時*まで、WWDCのウェブサイト (developer.apple.com/wwdc/tickets) を通じてチケットを申し込むことができます。そしてランダムに選ばれた参加者にチケットが発行され、デベロッパは米国太平洋夏時間4月20日(月)午後5時**までに申込み状況を知ることができます。また、最大350のWWDC Scholarshipが用意されており、学生および世界各国のSTEM参加組織のメンバーを対象に、無料チケットを獲得できるチャンスが提供されます (developer.apple.com/wwdc/scholarships) 。

WWDC 2015では以下のアクティビティが用意されています。

WWDCの一部のセッションは開催期間中を通じてWWDCのウェブサイト (developer.apple.com/wwdc/videos) およびWWDCアプリケーションを通じてライブストリーミングされ、世界中のより多くのデベロッパが最新の情報にリアルタイムでアクセスすることができます。すべてのテクニカルセッションのビデオは毎日その日の終わりまでにアップロードされます。

チケットの申し込み、アップデートおよびその他の情報は、Apple WWDC 2015のウェブサイト (developer.apple.com/wwdc) でご確認ください。

*日本時間 4月18日(土)午前2時
**日本時間 4月21日(火)午前9時

※本資料は、米国発2015年4月14日付けで、米国アップルが発表したニュースリリースを日本語に翻訳したものです。

【Appleについて】
Appleは世界で最も優れたパーソナルコンピュータであるMacをデザインするとともに、OS X、iLife、iWork、そしてプロフェッショナル向けのソフトウェアを開発しています。AppleはiPodおよびiTunesオンラインストアでデジタル音楽革命をリードしています。Appleは革新的なiPhoneやApp Storeで携帯電話を再定義したほか、iPadでモバイルメディアとコンピューティングデバイスの未来を描いています。

© 2015 Apple Inc. All rights reserved. Apple, the Apple logo, Mac, Mac OS, Macintosh, Apple Watch, Apple Store, Siri, Apple Pay, iPhone, iPad, App Store, Digital Crown, Retina and Taptic Engine are trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.

iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。

Apple Japan 03-4345-2000