Apple Press Info

(米国報道発表資料抄訳-2015年12月3日)

Apple、Swiftをオープンソースとしてリリース

デベロッパの貢献がSwiftの改良を促進し、より多くのプラットフォームで利用可能に

2015年12月3日、カリフォルニア州クパティーノ、Apple®は本日、同社のプログラミング言語、Swift™をオープンソースにしたことを発表しました。オープンソース言語として、アプリケーションデベロッパから教育機関そして大企業のデベロッパまで、幅広い分野の才能あるデベロッパが、Swiftの新しい機能と最適化に貢献できるようになり、Swiftを新たなコンピューティングプラットフォームでも使えるようにする手助けをすることができるようになります。2014年に発表されたSwiftは、史上最も速く広がっているプログラミング言語であり、高性能で効率のよいコンパイル言語と人気の高いスクリプト言語のシンプルさと対話性を合わせ持っています*。Appleはまた、技術文書、コミュニティリソースそしてSwiftのソースコードがダウンロードできるリンクなどを含む、Swiftオープンソースに関する詳細な情報を提供するSwift.orgというウェブサイトを立ち上げました。
 
「Swiftをオープンソースにすることで、デベロッパコミュニティ全体がこのプログラミング言語に貢献し、これまで以上に多くのプラットフォームで使えるようにする手助けをすることができます。Swiftのパワーと使いやすさは新しい世代にコーディングへの興味を持たせ、本日の発表によって、彼らは、モバイルデバイスからクラウドまで、どこにでもアイディアをもたらすことができるようになります」と、Appleのソフトウェアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデント、クレイグ・フェデリギは述べています。
 
Swiftは、次世代の最先端ソフトウェアを作るために必要な自由と能力をデベロッパに与える、強力で直感的なプログラミング言語です。Swiftは、これまでコーディングをしたことがない人でも簡単に学び、使うことができます。また、スクリプト言語と同じくらい表現力に満ち、楽しい、初めてのシステムプログラミング言語です。安全性を念頭に設計されたSwiftはまた、よくあるプログラミングエラーのカテゴリー全体を取り除いています。
 
SwiftオープンソースコードはGitHubから入手することができ、これには、iOS、OS X®、watchOSそしてtvOS™を含む、Appleのすべてのプラットフォームはもとより、Linuxのサポートも含まれています。提供されるコンポーネンツにはSwiftコンパイラ、デバッガ、標準ライブラリ、基本ライブラリ、パッケージマネジャーそしてREPLが含まれます。Swiftは人気のあるApache 2.0オープンソースライセンスの下でライセンスされ、ランタイムライブラリ例外が付いているため、ユーザは簡単にSwiftを独自のソフトウェアに組み込み、この言語を新しいプラットフォームに移植することができます。Swiftに関するより詳しい情報およびコミュニティリソースへのアクセスについては、Swift.orgをご覧ください。
 
*RedMonk Programming Language Rankings, June 2015による。

【Appleについて】
Appleは1984年にMacintoshを登場させ、パーソナルテクノロジーに革命を起こしました。今日Appleは、iPhone、iPad、Mac、Apple Watchにより世界のイノベーションを牽引しています。Appleの3つのソフトウェアプラットフォーム - iOS、OS X、watchOS - はすべてのApple製品でシームレスな体験を提供するとともに、App Store、Apple Music、Apple Pay、iCloudといった画期的なサービスで人々の可能性を拡げています。Appleの10万人の社員は世界で最も素晴らしい製品を創り出すこと、そして自分たちが生まれてきた世界をさらに良いものとして次世代へ残すことに邁進しています。

© 2015 Apple Inc. All rights reserved. Apple, Swift, OS X, tvOS and the Apple logo are trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.

Apple Japan 03-4345-2000