Apple Press Info

Apple、メジャーアップデートとなるmacOS Sierraをプレビュー

MacでSiriを使う、どこからでもデスクトップにアクセス、異なるデバイス間でコピー&ペースト、写真アプリケーションで大切な思い出を再発見

2016年6月14日、Apple®は本日、世界で最も先進的なデスクトップオペレーティングシステムに、Mac®をこれまで以上にスマートで役立つ存在にする機能を加えたメジャーアップデート、macOS Sierra™(マックオーエス・シエラ)をプレビューしました。Siri®がMacでも使えるようになり、ユーザが毎日デスクトップで行う作業を手助けするまったく新しい機能を搭載しました。Siriを使うと、情報を調べたり、書類を探したり、検索結果にピンを付けたりドラッグ&ドロップしたり、システム環境設定を調節したりすることさえできるようになります。iCloud®とのシームレスな統合により、デスクトップや書類フォルダにあるすべてをiPhone®やiPad®からも利用することができるようになるため、いつでも必要なファイルにアクセスすることができます。Universal Clipboard (ユニバーサルクリップボード)を使うと、テキスト、画像、写真そして動画を含むコンテンツを一つのAppleデバイスからコピーし、別のAppleデバイスにペーストすることができます。SierraではApple Pay®をMacで使うことができるようになるため*、これまで以上に安全かつプライベートにオンラインショッピングを楽しむことができます。また写真アプリケーションでは、大切な思い出を再発見したり、ライブラリを整理したり、撮った写真をプロのように完璧に編集したりできるようになります。
 
「macOS Sierraは、皆様が使い慣れたお気に入りのアプリケーションへの改良や、素晴らしい数々の新機能によって、Macをこれまで以上にスマートで役立つ存在にするメジャーアップデートです。macOS Sierraでは、Siriを使って情報を入手し、ファイルを探し、マルチタスクをしたり、どこからでもMacのデスクトップや書類フォルダにアクセスしたり、MacとiOSデバイス間でコピー&ペーストをしたり、写真アプリケーションで貴重な思い出を再発見したりすることができます」と、Appleのソフトウェアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデント、クレイグ・フェデリギは述べています。
 
SiriがMacにデビュー
ワンクリックするだけで、MacでSiriを使うことができます。Siriのお馴染みの機能が、デスクトップ用に設計されたまったく新しい機能とともにMacでも使えるようになります。Dock、メニューバーまたはキーボードから簡単にアクセスできるSiriを使うと、自分の声を使って情報を検索したり、ファイルを探したり、メッセージを送信したりすることができます。例えば、昨夜作業したドキュメントを探したり、カレンダーにミーティングの予定を加えたり、FaceTime®での通話を始めたり、といったことをSiriに頼むことができます。MacでSiriを使うと、Siriの検索結果をドラッグ&ドロップでドキュメントまたは電子メールに追加したり、通知センターにSiriの検索結果をピンで付けてスポーツのスコアや株価といった情報に常にアクセスできるようにしたり、さらにシステム環境設定を調節したり、リマインダーを設定したり、写真ライブラリを検索したりすることさえできます。SiriのMacでのデビューに伴い、SiriはiOS、macOS™、watchOS®そしてtvOS™といったAppleのソフトウェアプラットフォーム、4つすべてで使えるようになり、世界36カ国で毎週20億件のリクエストを処理することになります。
 
すべてのデバイスでデスクトップと書類を共有
macOS Sierraでは、デスクトップ上と書類フォルダ内のすべてのファイルが自動的に他のどのMac、iOSデバイスまたはWindows PC上でも使えるようになります。デスクトップ上または書類フォルダ内に通常のやり方でファイルを保存するだけで、必要なときにどこからでも利用することができます。iPhoneおよびiPad上のiCloud Drive®アプリケーションから、そしてiCloud.comから、またはiCloud for Windowsアプリケーションからも自分のファイルにアクセスすることができます。そして別のMacにログインすると、ファイルはデスクトップや書類フォルダなど、先に保存したのと同じ場所に自動的に現れます。
 
デバイス間でコピー&ペースト
macOS SierraではAppleデバイス間の連係もさらに良くなっています。Universal Clipboard(ユニバーサルクリップボード)を使うと、クリップボードの内容がiCloudを通じてすべてのAppleデバイスで利用できます。テキスト、画像、写真そして動画をMacとiPhone、iPad間で簡単にコピー&ペーストすることができます。
 
ほとんどすべてのアプリケーションにタブ
デスクトップをより効率的にナビゲートできるよう、macOS SierraではSafari®の人気機能であるタブが、マップ、メール、Pages®、Keynote®そしてTextEditなどマルチウィンドウに対応する全てのMacアプリケーション、さらにはサードパーティのアプリケーションでも利用できるようになります。タブを使うと、マップ内で現在の位置を失うことなく複数のロケーションを閲覧したり、Pagesの書類間のコピー&ペーストをフルスクリーンで行なったり、メールで複数の下書きの間を素早く行き来したりすることができます。
 
Macでピクチャ・イン・ピクチャ
一つの事から目を離さないで別の作業も行うことができます。macOS Sierraでは、作業中もSafariまたはiTunes®のムービーをデスクトップ上でウインドウ表示させることができるほか、ムービーのサイズを変えたり、スクリーンのどのコーナーにでもドラッグしてピンすることができます。スペースを切り替えている間はムービーは進まないため、一瞬たりとも見逃すことがありません。
 
MacでもApple Payを使ってショッピング*
Mac上でのオンラインショッピングは人気がありますが、macOSでは、Safariでのショッピングエクスペリエンスがさらに良くなります。Apple Pay on the webを使って、対応したウェブサイトで安全かつプライベートに買い物をすることが簡単にできます。もうオンラインショップにクレジットカードやデビットカードの番号を知らせる必要はなく、実際のカード番号はお使いのデバイス上にもAppleのサーバにも保存されません。お気に入りのショッピングサイトでチェックアウトの際にApple Payのボタンを探してみてください。そしてお使いのiPhoneのTouch ID®で、またはApple Watch®を使って購入手続を完了してください。強力な暗号化がお使いのデバイスとApple Payサーバとの間のすべての通信を保護し、Apple Payはユーザの購入行為を追跡しません。
 
写真アプリケーションで思い出を再発見
写真アプリケーションの新しい「メモリー」は、最初の誕生会や、結婚式、家族旅行などのイベントを自動的にコレクションとして作成することにより、写真ライブラリの中に深く埋もれたお気に入りや忘れられた瞬間を再発見する手助けをしてくれます。新しい高度なコンピュータビジョンにより、写真アプリケーションは、オンデバイスの顔認識、物体認識、シーン認識や位置情報を使って、ピープル、撮影地そして写真の中の物体を理解し、画像をアルバムにまとめます。ピープル機能は、誰が写っているかを基に写真を自動的にアルバムにまとめます。撮影地機能は、写真を世界地図上に表示し、それらがどこで撮られたかがわかるようにします。また、ハイライトを抑え、コントラストを加えることにより写真全体のディテールを強化する新しいBrilliance(ブリリアンス)ツールを使うと、写真をプロのように完璧に仕上げることがこれまで以上に簡単にできます。
 
macOSのその他の機能
  • Auto Unlock(オートアンロック):認証されたApple Watchを身に付けて自分のMacまで近づいていくと自動的に自分のデスクトップにログインすることができます。
  • Optimized Storage(オプティマイズドストレージ):お使いのMacの容量が一杯になり始めると、頻繁に利用しない項目をiCloudに保存した上で、使用済みのアプリケーションインストーラーを削除するように促し、さらに重複してダウンロードしたもの、キャッシュ,ログなどを消去します。
  • メッセージ:アプリケーション内でのウェブリンクのプレビューやビデオクリップの視聴、Tapback(タップバック)を使ってのハート、サムズアップなどのリアクションのメッセージバブル上への直接投稿などにより会話がより面白くなります。またより大きな絵文字を使ってメッセージのインパクトを高めることができます。
  • Apple Music in iTunes:新しいミュージックを発見したり、エクスクルーシブやニューリリースを閲覧することがこれまで以上に簡単になります。
 
macOSにおけるプライバシー
セキュリティとプライバシーは、Appleのハードウェア、ソフトウェアそしてサービスの設計にとって基本となるものです。iMessageとFaceTimeはエンドツーエンドの暗号化を使い、ユーザのデータをAppleや他者が読めないようにすることで保護しています。SiriやマップのようなサービスはAppleのサーバにデータを送信しますが、このデータはユーザプロファイルを作成するためには使われません。また写真アプリケーションは、デバイス上のインテリジェンスを使って、顔認識、物体認識、シーン認識による画像整理を行っています。
 
macOS Sierraより、AppleはDifferential Privacy(差分プライバシー)と呼ばれる技術を使って、個人のプライバシーを侵害することなく多数のユーザの利用パターンの発見に役立てています。macOS Sierraでは、この技術はメモ内での推測候補やルックアップヒントの自動修正を改善するのに役立ちます。

【提供について】
macOS Sierraの開発者向けプレビューは、本日より、developer.apple.comにてApple Developer Programのメンバーに対して提供されます。Macのユーザは、本日macOS Sierra Beta Programにサインアップすると、7月からdeveloper.apple.comにてソフトウェアをダウンロードすることができます。最終版は今秋、Mac App Store®から無料で提供されます。詳しくは、apple.com/macos/sierra-previewをご覧ください。機能は変更される可能性があり、機能の中には、全ての地域または言語では利用できない可能性があるものもあります。
*一部の地域でのみお使いいただける機能です。

【Appleについて】
Appleは1984年にMacintoshを登場させ、パーソナルテクノロジーに革命を起こしました。今日Appleは、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Apple TVにより世界のイノベーションを牽引しています。Appleの4つのソフトウェアプラットフォーム――iOS、macOS、watchOS、tvOS――はすべてのApple製品でシームレスな体験を提供するとともに、App Store、Apple Music、Apple Pay、iCloudといった画期的なサービスで人々の可能性を拡げています。Appleの10万人の社員は世界で最も素晴らしい製品を創り出すこと、そして自分たちが生まれてきた世界をさらに良いものとして次世代へ残すことに邁進しています。

© 2016 Apple Inc. All rights reserved. Apple, the Apple logo, macOS, Mac, Siri, iCloud, iPhone, iPad, Apple Pay, FaceTime, watchOS, tvOS, iCloud Drive, Safari, Pages, Numbers, Keynote, iTunes, Touch ID, Apple Watch, Apple Music and Mac App Store are trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.

iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。

Apple Japan 03-4345-2000

画像使用契約

画像の使用に関する重要な情報

ご利用者は、以下の画像を複製または使用することにより、画像の使用方法を規定する以下の「画像使用契約」を読んで内容を理解し、これに同意したものと見なされます。本契約の条件に同意されない方は、Appleが署名した書面による許可を受けた場合を除き、いかなる方法によっても画像を複製または使用することはできません。

使用契約

ご利用者は、本契約の条件に従い、報道・解説を目的とした編集物においてのみ画像全体を使用できます。この使用権はご利用者本人のみに付与されるものであり、他者に譲渡することはできません。製品またはテクノロジーの宣伝または販売目的で画像を使用することはできません(広告、パンフレット、雑誌・書籍の表紙、ストックフォト、Tシャツ、その他の販促品など)。いかなる理由においても、画像全体またはその一部を変更または修正することはできません。

ご利用者とAppleの関係において、現在および将来にわたり、Appleが画像の所有権を単独かつ独占的に保有するものとします。ご利用者は画像に関する一切の所有権の表記を削除、変更、不鮮明化しないものとし、画像を使用する都度、画像の横に適切な所有権の帰属を記載するものとします。

「画像使用契約」を読んで内容を理解し、これに同意します。

同意してダウンロードする
同意しない