Apple Press Info

Apple Pay、iPhone 7と共に日本に登場

iPhone 7、iPhone 7 Plus、Apple Watch Series 2がFeliCaに対応、
簡単、クイックそして、安心、安全に支払いや交通機関での利用が可能に

2016年9月8日、Appleは本日、iPhone® 7、iPhone 7 PlusそしてApple Watch® Series 2の登場により、10月から日本のお客さまにApple Pay®を提供開始することを発表しました。Apple Payは簡単に、クイックに、そして安心、安全に毎日の様々な支払いに利用することができます。JR東日本のSuicaを通勤・通学や毎日の買い物に利用したり、クレジットカードやプリペイドカードを使って店舗やアプリケーション内、ウェブサイトで、個人情報を保護しながら、タッチ一つで便利に支払いが行えるようになります。また、iOS 10ではマップが日本国内の交通機関情報に対応するようになるため、運賃の内訳を含む乗車の詳細を簡単に調べられるようになるほか、Suicaの運賃が自動的にデバイスに表示されるようになり、交通機関を使った移動がこれまで以上にスムーズでシンプルになります。

Apple PayはSuicaが使えるところならどこでも利用できるので、毎日のちょっとした買い物を素早く済ませたり、Suicaカードや定期券を購入したりチャージすることも、すべてお持ちのiPhoneで行うことができます。日本の主要な金融機関やカードブランドもApple Payに対応するため、日本国内で多くの大規模店舗や地元の商店、レストラン、そしてお気に入りのオンラインショップでの支払いにApple Payを利用することができます。
 
「日本のお客さまに、iPhone 7を通してApple Payの魔法のような体験をお届けできることをとても嬉しく思います。常に持ち歩いているiPhone 7やApple Watch Series 2にSuicaを入れて、かつてないほど簡単で便利に通勤・通学に利用できるほか、タッチ一つでお気に入りのカードを使って安心、安全でプライベートに買い物ができるなど、Apple Payは日々の暮らしを一変します」と、AppleのCEO(最高経営責任者)ティム・クックは述べています。

「世界最大の交通機関として、JR東日本は日本全国のお客さまに最高のサービスを提供できるよう技術革新に取り組んでいます。お客さまがSuicaで、通勤・通学中や店舗、弊社アプリケーションで簡単に安全にApple Payを利用できるよう、iPhone 7のために全く新しい体験を一から設計しました。」と、東日本旅客鉄道株式会社、代表取締役社長の冨田哲郎氏は述べています。

日本で販売されるiPhone 7、iPhone 7 Plus、Apple Watch Series 2は、全国で毎日1億6千万件以上使われているFeliCa Type-F NFC非接触技術に対応します。
 
10月にiOS 10でマップが国内の交通機関情報に対応すると、Apple PayのユーザはiPhone 7、iPhone 7 Plus、Apple Watch Series 2で、最新の運賃と時刻情報に基づいて主要な鉄道、地下鉄、フェリー、全国の路線バスを含む経路を計画し、支払いを行えるようになります。Apple PayにSuicaカードを追加しておけば、予定した経路の運賃が残額を超えるとチャージが必要なことを知らせるアラートが表示され、デバイス上ですぐにチャージすることができます。また、日本の地下鉄の出口や乗り換えなども、ていねいなナビゲーションにそって簡単に確認することができます。

Apple Payは、AEON、オリコ、クレディセゾン、JCB、トヨタファイナンス、ビューカード、三井住友カード、三菱UFJニコス、UCカード、通信会社のKDDI、ソフトバンク、NTTドコモが発行する、日本で最も人気のある多数のクレジットカードおよびプリペイドカードに対応します。これは、American Express、MasterCard、JCB、iD、QUICPayといった世界・国内のネットワークに対応した、国内のクレジットカードによる支払いの4分の3以上を占めることになります。クレジットカードのポイントプログラムや特典は引き続き対象となります。

10月より、iPhone 7、iPhone 7 Plus、Apple Watch Series 2のユーザーは、Suica、iDまたはQUICPayが使えるすべての店舗でApple Payを使って買い物ができるようになります。これは日本の大規模店舗での全取引のほぼ3分の2近くに相当します。国内のApple Storeに加え、サークルK、サンクス、セブンイレブン、ミニストップ、ファミリーマート、そしてローソンといったコンビニエンスストア、AEON、アピタそしてピアゴといったスーパーマーケット、エッソ・モービル・ゼネラル、ENEOSといったガソリンスタンド、ビックカメラ、マツモトキヨシそしてユニクロといった小売店、そしてすき家、日本交通などでApple Payが使えるようになります。

Apple Payに対応したアプリケーションやウェブサイトでのオンラインショッピングでは、Touch ID®に指を載せるだけで支払いが完了し、アカウント情報や配送先、連絡先、クレジットカード番号を繰り返し入力する必要はありません。カード番号はだれにも知られることがなく、加盟店に知らされることもありません。日本でApple Payが使えるオンラインブランドには、giftee、じゃらんnet、出前館、TOHOシネマズ、日本交通、BASE、minneがあります。

外出先でアプリケーションやSafari®で購入した商品やサービスの支払いをする場合は、iPhone 6以降、iPad Pro™、iPad Air® 2、iPad mini™ 3以降でApple Payを使うことができます。また、2012年以降に発売され、macOS™ SierraがインストールされたMac®でも、SafariでApple Payを使うことができ、iPhone 6以降またはApple Watchで支払いを承認することができます。
 
セキュリティとプライバシーはApple Payの中核をなす要素です。iPhone、iPadまたはApple Watchを紛失した場合でも、「iPhoneを探す」機能でデバイスを紛失モードに設定してApple Payの使用を一時停止したり、リモートワイプ(遠隔消去)によってデバイスを完全に消去したりすることができます。また、iCloud.comでApple Payを使った支払い機能を無効にすることもできます。デバイスを紛失してしまってもSuicaの残高は保証されます。

Apple Payでクレジットカードまたはプリペイドカードを使用する際、実際のカード番号はデバイスにもAppleのサーバにも保存されません。その代わりに、デバイスの固有のアカウント番号が割り当てられ、お客さまのデバイスのセキュアエレメントに暗号化されて安全に保管されます。

 
【Appleについて】
Appleは1984年にMacintoshを登場させ、パーソナルテクノロジーに革命を起こしました。今日Appleは、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Apple TVにより世界のイノベーションを牽引しています。Appleの4つのソフトウェアプラットフォーム − iOS、macOS、watchOS、tvOS − はすべてのApple製品でシームレスな体験を提供するとともに、App Store、Apple Music、Apple Pay、iCloudといった画期的なサービスで人々の可能性を拡げています。Appleの10万人の社員は世界で最も素晴らしい製品を創り出すこと、そして自分たちが生まれてきた世界をさらに良いものとして次世代へ残すことに邁進しています。


© 2016 Apple Inc. All rights reserved. Apple, the Apple logo, iPhone, Apple Watch, Apple Pay, Touch ID, Safari, iPad Pro, iPad Air, iPad mini, Mac and macOS are trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners. 

iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。

Apple Japan 03-4345-2000