プレスリリース 3月 2, 2000

アップル、「Mac OS X Server 1.2」を発表

インターネット、ワークグループ向けサーバソリューションがさらに拡充

2000年3月2日−アップルは本日、同社のサーバソリューションである、「Mac OS X Server」の最新バージョン、Mac OS X Server 1.2のパッケージ版を発表しました。
Mac OS X Serverは、Unixの堅牢さとMacintoshの使いやすさを兼ね備え、インターネットとワークグループ向けの革新的なサービスを一つのパッケージに統合したユニークなサーバソリューションです。最新バージョンのMac OS X Server 1.2は、Power Mac G4に対応したことにより、大幅なパフォーマンスの向上が可能になると同時に、サーバとしての機能をさらに拡充しています。一台のMacintoshを扱うように容易にネットワーク上の複数のMacintoshを管理できるNetBoot機能が、最新のオペレーティングシステムMac OS 9に対応します。また、ネットワーク上のMacitnoshの管理ツールであるNetwork Assistant 4を同梱します。これにより、NetBootクライアントを含め、ネットワーク上の全てのMacintoshの管理を、管理者が一元的に行うことが可能となります。また、バックアップソフトとして定評のあるOmni Backupもバンドルします。
Mac OS X Serverは、ファイルサーバ、プリントサーバ、Webサーバといった通常のサーバ機能に加え、インターネット上で高品質な動画の配信を実現する QuickTime Streaming Serverや、ネットワーク上のMacを一元的に管理するNetBootといった、他のサーバに類を見ないユニークな機能を提供しています。 QuickTime Streaming Serverは、ミュージッククリップの配信、映画制作の記者会見のライブ中継、カンファレンスの中継、インターネット上のラジオ放送など、高品質な動画・音声の配信に活用されています。また、大学などの教育機関では、100台以上の大規模なシステムにNetBootを採用し、一元的に管理・運営を行っています。
また、アップルでは、Mac OS X Serverをより多くの方に活用いただくため、管理者向けに有償のトレーニングコースを4月より開設します。詳しくは、後日開設されるアップルのトレーニングホームページ(www.apple.co.jp/support/training/macosxserver.html)を参照ください。
Mac OS X Server 1.2は、以下の販売各社、および、アップルのオンラインストアThe Apple Store(アップルストア:www.apple.com/japanstore/)から販売します。
NTTアドバンステクノロジ株式会社、株式会社大塚商会、株式会社サイバー・ラボ、株式会社ステラクラフト、株式会社Too。(順不同)
システム条件
  • Power Macintosh G3、Power Mac G4、Macintosh Server G3、Macintosh Server G4(iMac、iBook、Macintosh PowerBook G3または、それ以前に発売されたシステムはサポートいたしません)
  • メモリ64MB以上、ハードディスク1GB以上

    © 2000 Apple. All rights reserved. Apple, the Apple logo, Mac, Mac OS and Macintosh are registered trademarks of Apple Computer,Inc. iBook, iMac, iMovie and The Apple Store are trademarks of Apple Computer, Inc. Additional company and product names may be trademarks or registered trademarks of the individual companies and are respectfully acknowledged.