プレスリリース 5月 16, 2000

アップル、プロフェッショナルサービスを拡充へ

Apple iServicesによりWebObjects、Mac OS XおよびQuickTimeの専門的なサービスをさらに充実

2000年5月15日、カリフォルニア州サンノゼ、WWDC(ワールドワイドデベロッパカンファレンス)—アップルは本日、WebObjects(ウェブオブジェクツ)、QuickTime Streaming Server(クイックタイムストリーミングサーバ)およびMac OS X(マックオーエステン)のコンサルティング、インテグレーション、トレーニングサービス等の専門的なサービスを拡充し、提供することを発表しました。 Apple iServices(アップルアイサービス)と呼ばれる組織は、クリエイティブ、教育、ビジネス市場のユーザやデベロッパを対象に、プロフェッショナルなサービスを提供します。
「アップルは、Webベースのアプリケーションの設計、開発、運用、ソフトウェアプロジェクト管理、様々なシステムとWebObjectsとの統合などで、長年にわたって経験を積んでいます」とアップルのワールドワイドセールス担当上級副社長、ミッチ・マンディッチは語っています。「当社は現在、 QuickTime Streaming Serverやアップルの次世代オペレーティングシステムであるMac OS X を活用した、カスタムインターネットソリューションやインテグレーションサービスを求めるユーザの増加に対応するため、長年培ったノウハウを発展させていきます」
「我々はBBC News Onlineプロジェクトに当たり、まず最初にWebObjectsを選びました。それは、WebObjectsが柔軟な開発機能を備え、堅牢かつスケーラブルな運用アーキテクチャを持っているためです」と、BBC Newsのニューメディア部門で編集長を務めるマイク・スマート氏は語っています。「このテクノロジに加え、Apple iServicesコンサルティングチームのサポートが提供されたことにより、我々がプロジェクトの成功に必要としていた弾力のあるスケーラブルなアプリケーションを作ることができました。」
今回、拡充されたプロフェッショナルサービスの詳細については、https://www.apple.com/iservicesをご参照ください。
本資料は、米国で発表された報道資料の抄訳です。原文は以下でお読みいただけます。

    © 2000 Apple. All rights reserved. Apple, the Apple logo, Mac, Mac OS and Macintosh are registered trademarks of Apple Computer,Inc. iBook, iMac, iMovie and The Apple Store are trademarks of Apple Computer, Inc. Additional company and product names may be trademarks or registered trademarks of the individual companies and are respectfully acknowledged.