プレスリリース 1月 10, 2001

アップル、デスクトップでDVDオーサリングを実現する
iDVDとDVD Studio Proを発表

アップルの革新的SuperDriveを搭載したPower Mac G4、
史上初の完璧なDVDオーサリングソリューションを提供

2001年1月10日—アップルは本日、革新的な新しいソフトウェア、「iDVD(アイディーヴィーディー)」と10万円台のお求めやすい価格では初めてフル機能を提供するDVDオーサリングツール、「DVD Studio Pro(ディーヴィーディースタジオプロ)」を発表しました。iDVDは、まるでプロが創ったようなDVDタイトル(一般のDVDプレーヤーで再生可能)を、個人ユーザでも素早くかつ簡単に制作できるソフトウェアです。iDVDは、CDおよびDVDの読み書きができる画期的な新型ドライブ、「SuperDrive(スーパードライブ、DVD-R/CD-RW両用ドライブ)」を搭載したPower Mac G4に付属されます。DVD Studio Proでは、プロフェッショナル品質のDVDエンコーディング、オーサリング、そして書き込みが可能で、特殊効果や合成などを含むプロフェッショナルレベルのビデオ編集を可能にする「Final Cut Pro(ファイナルカットプロ)」と完璧な組み合わせとなります。
「iDVDとDVD Studio Proにより、アップルはデスクトップビデオ革命を引き続きリードします」とアップルのCEO(最高経営責任者)、スティーブ・ジョブズは語っています。「iMovie、Final Cut Pro、iDVD、およびDVD Studio Proの使用に最適なアップルの新しいPower Mac G4は、プロフェッショナルユーザとハイエンド個人ユーザの両者に対し、プロフェッショナル品質のDVDタイトルの作成を可能にする、唯一の統合型ソリューションを提供します。」
iDVD
アップルのiDVDにより、Macユーザは自分のiMovieやQuickTimeの動画ファイル、あるいは静止画像を使って、一般用DVDプレーヤーで再生可能なDVDタイトルを驚くほど簡単に制作することができます。iDVDは、プロフェッショナルがデザインしたテーマを備え、ドラッグ&ドロップで簡単に操作できるため、ユーザは複雑なDVDオーサリング作業から解放されます。iDVDでは次の操作が可能です。
  • iMovieのビデオ素材、QuickTimeファイル、および静止画像をiDVDの高速MPEGエンコーダを使い、DVD用のフォーマットに変換
  • iMovieのビデオ素材や画像データをDVDのプロジェクト画面へドラッグ&ドロップ
  • オリジナル画像を使ったメニュー、ボタン、背景の作成。また、プロフェッショナルデザインの背景画像、フォント、文字デザインなどの組み合わせからなる10種類以上の美しいテーマから選択
  • プロジェクトをプレビューしてナビゲーションや流れを確認
  • 一回のクリックで、Power Mac G4のSuperDrive(DVD-R/CD-RW両用ドライブ)によりDVDに書き込み

DVD Studio Pro
Final Cut Proの完璧なパートナーであるDVD Studio Proを使うことで、ビデオのエンコーディング、複雑なオーサリングの作業、完成した作品のリアルタイムでのプレビュー、およびPower Mac G4の新しいSuperDriveによるDVDの書き込みが可能になります。
DVD Studio Proでは以下の操作が可能です。
  • プロ基準のマスターDVDで選択されるフォーマット、MPEG-2とDolby Digitalにビデオとオーディオをそれぞれエンコーディング
  • 最大99のビデオトラックと多言語トラックを使ったDVDオーサリング。DVDにスライドショーを加えたり、レイヤー情報を持つPhotoShopのファイルやビデオクリップから静止画メニューや動画メニューを作成したり、Webへのインタラクティブなリンクを張ったりできます
  • あらかじめディスクイメージやマルチプレキシングを処理することなく、完成したプロジェクトをリアルタイムでプレビュー
  • Power Mac G4の新しいSuperDriveを使い、DVDタイトル(一般のDVDプレーヤーで再生可能)を作成。DVDを書き込む以外にも、DLTテープに出力してDVDタイトルを大量に生産したり、DVD-RAMに出力して低コストでプロジェクトのテストを行うこともできます

価格と販売について
iDVDは、標準4.7GB DVD-Rディスクへの書き込み可能なSuperDrive(DVD-R/CD-RW両用ドライブ)搭載の新しいPower Mac G4に付属しています。また、DVD-Rディスクは5枚一組で、2001年2月下旬より、Apple Store(https://www.apple.com/japanstore/)において 5,800円(Apple Storeプライス、税別)で購入できます。各ディスクには1時間分の高品質ビデオを収録可能で、多くのDVDプレーヤーやコンピュータに搭載のDVDプレーヤーで使用できます。
DVD Studio Proは、2001年2月よりApple Storeおよびアップルの正規販売代理店を通じて、128,000円(Apple Storeプライス、税別)で販売されます。DVD Studio Proを動作させるための最低システム条件は、AGPグラフィックおよびDVD-R、DVD-RAM、またはDVD-ROMドライブ搭載のPower Mac G4(Apple DVD Player 2.0以上に対応している必要があります)、Mac OS 9.0.4または9.1、QuickTime 4.1、128MBのRAM (192MBを推奨)および12GBのハードディスクドライブです。

    © 2001 Apple, the Apple logo, Macintosh, DVD Studio Pro, Final Cut Pro, iDVD, Movie, Mac, Mac OS, Quicktime, and the Apple Store are either registered trademarks or trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.