プレスリリース 1月 10, 2001

アップル、733 MHz PowerPC G4プロセッサを搭載したPower Mac G4を発表

Power Mac G4全モデルに標準でCD作成用CD-RWドライブ、最上位モデルには
アップルの革新的なCD/DVD作成用の新型SuperDriveを搭載

2001年1月10日—アップルは本日、最高733 MHzのPowerPC G4プロセッサ、133 MHzのシステムバスおよびメモリバス、用途に合わせた拡張性を提供する5つの拡張スロットなど、新しいパフォーマンスアーキテクチャを搭載した、「Power Mac G4(パワーマックジーフォー)」を発表しました。この新しいPower Mac G4ラインには、全てのモデルにCD-RWドライブが標準装備されています。さらにアップルは、一般用DVDプレーヤーで再生可能なDVDを読み書きできるDVD-R/CD-RW 両用ドライブ、「SuperDrive(スーパードライブ)」も発表しました。アップルのSuperDriveは、Power Mac G4の最上位モデルに標準装備されます。
世界で最もクールで使いやすい「ジュークボックス」ソフトウェアである、アップルの新しいiTunes(アイチューンズ)ソフトウェアが搭載されていることで、G4ユーザはPower Mac G4に搭載されたCD-RWドライブを使って、自分だけのオリジナルミュージックCDを作成することが可能になります。さらに、最上位のPower Mac G4に搭載される革新的なSuperDriveやiDVD(アイディーヴィーディー)、または DVD Studio Pro(ディーヴィーディースタジオプロ)ソフトウェアにより、Power Mac G4のユーザは一般用DVDプレーヤーで再生可能な、プロフェッショナル品質のDVDタイトルを作成することができます。
「新しい Power Mac G4により、アップルはCD/DVDの制作において史上初の完璧なソリューションを生み出しました」とアップルのCEO(最高経営責任者)、スティーブ・ジョブズは語っています。「CDおよび一般家庭向けDVDプレーヤーで再生可能なDVD、このどちらも作成可能な革新的なSuperDriveと新しいiTunesやiDVDにより、アップルは他社の何年も先を行くソリューションを実現しました。」
iDVDは、一般用DVDプレーヤーで再生可能な、まるでプロが作ったようなDVDビデオを誰でも簡単に作成できる革新的なアプリケーションです。iDVD は、プロフェッショナルがデザインしたテーマやドラッグ&ドロップのシンプルさを提供することで、複雑なDVDのオーサリング作業からユーザを解放します。iDVDは、iMovie(アイムービー)、Final Cut Pro(ファイナルカットプロ)あるいは QuickTime(クイックタイム)形式のファイルを、クリック一つでDVD作成に必要なMPEG-2圧縮フォーマットへ変換、アップルの革新的SuperDriveによるDVD-Rディスクへの書き込みをおこないます。
アップルのDVD Studio Proソフトウェアは、数々の賞に輝くビデオ編集、特殊効果、映像合成を行うソフトウェア、Final Cut Proを完璧に補完するものです。DVD Studio Proは、10万円台のお求めやすい価格でフル機能を装備した、初めてのDVDオーサリングツールであり、プロフェッショナル品質のエンコーディング、オーサリングおよび書き込みによるDVDビデオ制作を実現します。DVD Studio Proにより、G4 ユーザはFinal Cut Proで作成したデータをDVD用のフォーマットに変換、オーサリングができ、完成したプロジェクトをリアルタイムでプレビューしたり、G4の新しいSuperDriveを使って、DVDビデオディスクに書き込むことができます。
また、アップルが発表した、世界最高かつ最も使いやすいジュークボックスソフトウェア、 iTunesにより、ユーザはお気に入りの曲をCDから自分のPower Mac G4に取り込んだり、ミュージックファイルをMP3フォーマットに圧縮したり、パワフルで使いやすい検索・ブラウズ・プレイリスト機能を利用してお気に入りのプログラムを作成することができます。また、スクリーン上で魅力的なグラフィックスを楽しんだり、Power Mac G4の新しいCD-RWや革新的なSuperDriveでオリジナルミュージックCDを作成することができます。
新しい Power Mac G4の概要は以下の通りです:
  • 667MHz、733MHzの高速PowerPC G4プロセッサ、プロセッサと同速度で動作する256KBのオンチップ二次キャッシュおよびプロセッサの1/3の速度で動作する1MBのバックサイド三次キャッシュを搭載
  • 466MHz、533MHzの高速PowerPC G4プロセッサ、プロセッサの1/2の速度で動作する1MBのバックサイド二次キャッシュを搭載
  • 1GB/s以上のシステムスループットを可能にするハイパフォーマンス133 MHzシステムバスおよび1.5GBまで拡張可能なメモリシステム(128MBまたは256MBのメモリを標準搭載)
  • 最高215MB/s(従来製品の2倍)のデータスループットを実現可能な4基のハイパフォーマンス64ビット33 MHz PCIスロット
  • 32MBのSDRAMを搭載したNVIDIA GeForce2 MX グラフィックカードなどの、新しいグラフィックカードオプションを提供する、AGP 4Xグラフックスロット
  • マルチオーディオ出力機能をサポートする内蔵アンプと、Harman Kardonテクノロジーをベースとし、70Hz〜20KHzの周波数特性を持つ、Apple Pro Speakers(アップルプロスピーカーズ)とを特長とする新デジタルサウンドシステム
  • 最大60GB のUltra ATA/66 ハードディスクドライブ

販売について
本日発表の新しいPower Mac G4は、アップルのオンラインストアであるApple Store(https://www.apple.com/japanstore/)およびアップルの正規販売代理店を通じて販売されます。Apple Storeでは、すべてのモデルについて本日よりご注文できます。販売店においては、466MHzおよび533 MHzのPower Mac G4が2001年1月13日(土)より、また、667MHzおよび733 MHzのPower Mac G4は2001年2月より販売を開始します。
標準システム構成および価格は以下の通りです:
  • 466 MHz Power Mac G4 198,000円(Apple Storeプライス、税別):
  • 1MBのバックサイド二次キャッシュ、128MBのPC133 SDRAM メモリ、約30GB Ultra ATA/66 ハードディスクドライブ、AGP 4Xに装着した16MB SDRAMを備えたATI RAGE 128 Proグラフィックカード 、CD-RWドライブ、FireWireおよびUSBポート(各2基)、33 MHzフルサイズ64ビットPCIスロット(×4基)、10/100/1000BASE-T Ethernet、AirMac対応、56K V.90モデムを搭載。iTunesおよびiMovie 2が付属。
  • 533 MHz Power Mac G4 248,000円(Apple Storeプライス、税別):
  • 1MBのバックサイド二次キャッシュ、128MBのPC133 SDRAM メモリ、約40GB Ultra ATA/66 ハードディスクドライブ、AGP 4Xに装着した32MB SDRAMを備えた NVIDIA GeForce2 MXグラフィックカード、CD-RWドライブ、FireWireおよびUSBポート(各2基)、33 MHzフルサイズ64ビットPCIスロット(×4基)、10/100/1000BASE-T Ethernet、AirMac対応、56K V.90モデムを搭載。iTunesおよびiMovie 2が付属。
  • 667 MHz Power Mac G4 318,000円(Apple Storeプライス、税別):
  • 256KBのオンチップ二次キャッシュおよび1MBのバックサイド三次キャッシュ、256MBのPC133 SDRAM メモリ、約60GB Ultra ATA/66 ハードディスクドライブ、AGP 4Xに装着した32MB SDRAMを備えた NVIDIA GeForce2 MXグラフィックカード、CD-RWドライブ、FireWireおよびUSBポート(各2基)、33 MHzフルサイズ64ビットPCIスロット(×4基)、10/100/1000BASE-T Ethernet、AirMac対応、56K V.90モデムを搭載。iTunesおよびiMovie 2が付属。
  • 733 MHz Power Mac G4 398,000円(Apple Storeプライス、税別):
  • 256KBのオンチップ二次キャッシュおよび1MBのバックサイド三次キャッシュ、256MBのPC133 SDRAM メモリ、約60GB Ultra ATA/66 ハードディスクドライブ、AGP 4Xに装着した32MB SDRAMを備えた NVIDIA GeForce2 MXグラフィックカード、DVD-R/CD-RW SuperDrive、FireWireおよびUSBポート(各2基)、33 MHzフルサイズ64ビットPCIスロット(×4基)、10/100/1000BASE-T Ethernet、AirMac対応、56K V.90モデムを搭載。iTunes、iMovie 2およびiDVDが付属。

Power Mac G4は、Apple StoreでBTOによる30万種類以上の仕様で注文可能です。オプションとして、デュアル533 MHz PowerPC G4プロセッサ、最大1.5GBのSDRAM、最大約72GBのUltra160 SCSIハードディスクドライブ、AirMacベースステーションおよびAirMacカードが選択可能です。また、オプションのApple Pro Speakersは7,500円(メーカー希望小売価格、税別)で購入できます。SuperDriveに対応した書き込み可能な標準の4.7GB DVD-Rディスク(5枚組)は、5,800円(Apple Storeプライス、税別)で購入できます。
さらに、アップルは本日より、数々の賞に輝くApple Studio Display(アップルスタジオディスプレイ)15インチフラットパネルモデルを、Apple Storeおよびアップルの正規販売代理店を通じて、88,000円(AppleStoreプライス、税別)で販売します。
また、新しいサーバラインアップとして、Macintosh Server G4 with AppleShare IP(マッキントッシュサーバジーフォーウィズアップルシェアアイピー)システムは、Apple Storeおよびアップルの正規販売代理店を通じて348,000円(Apple Storeプライス、税別)で2月下旬より販売を開始します。2つの新しいMacintosh Server G4 with Mac OS X Server(マッキントッシュサーバジーフォーウィズマックオーエステンサーバー)は、Apple Storeおよびアップルの正規販売代理店を通じて348,000円および468,000円(Apple Storeプライス、税別) で、Mac OS X発売開始後に販売を開始する予定です。

    © 2001 Apple Computer, Inc All rights reserved. Apple, the Apple logo, Macintosh, AirMac, Apple Store, Apple Studio Display, AppleShare, Final Cut Pro, FireWire, iDVD, iMovie, Power Mac and QuickTime are either registered trademarks or trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.