プレスリリース 1月 18, 2001

アップル、第1四半期の業績を発表

2001年1月17日、カリフォルニア州クパティーノ−アップルは本日、2000年12月30日を末日とする2001年度第1四半期の業績を発表しました。同社は当四半期において、1億9,500万ドル、また1株当たり0.58ドルの純損失を計上しました。前年同期の業績は、純利益が1億8,300万ドル、また希薄化後は1株当たり0.51ドルでした。売上は前年同期に比べ57%減少し10億ドルとなり、売上総利益率は前年同期の25.9%から-2.1%となりました。米国市場以外の売上比率は49%でした。
当第1四半期の業績には、ARM Holdings plc.の380万株およびAkamai Technologies社の100万株の税引後売却益、4,900万ドルが含まれています。また、当四半期より適用しているSFAS(財務会計基準書)133により、会計基準の変更に伴う影響額の1,200万ドルが税引後利益に計上されています。さらに、SFAS 133の適用により、アップルが保有するサムスン・エレクトロニクス社の転換社債に関連する未実現損失900万ドル(税引後)を計上しました。以上の株式売却損益とSFAS 133の適用による影響額を除いた純損失は2億4,700万ドル、1株当たり0.73ドルとなります。
当四半期のMacintosh出荷台数は659,000台でした。
「我々は第1四半期中にすでに対策を押し進め、現在は流通在庫を約5週間半分まで削減しました」とアップルのCEO(最高経営責任者)、スティーブ・ジョブズは語っています。「今年は今月から新しいPowerBook G4(パワーブックG4)を出荷するほか、2月には新しい733 MHzのPower Mac G4(パワーマックG4)、また3月にはMac OS X(マックオーエステン)の出荷を予定するなど、順調なスタートをきっています。」
「我々のキャッシュポジションは依然として強く、40億ドルを超えており、この第2四半期からは持続的な収益体制に戻る予定です」とアップルのCFO(最高財務責任者)、フレッド・アンダーソンは述べています。「2001会計年度の売上は、約60億ドルを見込んでいます。」
アップルでは、ライブおよびオンデマンドのオーディオ、ビデオストリーミング配信のスタンダードベースの技術であるQuickTime(クイックタイム)を使用して、今回の2001年度第1四半期業績発表のカンファレンスコールをライブオーディオストリーミングで配信します。このライブウェブキャストは1月17日(水)14時(米国西部時間)よりアップルのホームページで放送され、再放送も行われます。QuickTime Player(クイックタイムプレーヤー)は、MacintoshとWindowsユーザを対象に QuickTime Webサイト(https://www.apple.com/quicktime)で無償で提供されています。

    © 2001 Apple Computer, Inc All rights reserved. Apple, the Apple logo, iMovie, Macintosh and QuickTime are either registered trademarks or trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.