プレスリリース 4月 18, 2001

アップル、WWDC(世界開発者会議)2001を開催

開幕はスティーブ・ジョブズによるセッションから

2001年4月17日、カリフォルニア州クパティーノ−アップルは本日、2001年5月21日(月)午前9時30分(米国西部時間)より「Worldwide Developers Conference 2001(WWDC、ワールドワイドデベロッパーズカンファレンス)」を開催することを発表しました。カンファレンスはアップルのCEO(最高経営責任者)、スティーブ・ジョブズがデベロッパ各社とともに密なコミュニケーションを行うセッションからスタートします。
5月21日(月)から25日(金)までの5日間にわたりサンノゼコンベンションセンターにおいて開催されるこの会議は、ほぼ完全にアップルの次世代オペレーティングシステムであるMac OS Xにフォーカスするものとなります。会期中は詳細なテクニカルセッションが開催されるほか、最新の開発ツ−ルも公開されます。
このほかにもアップルのWWDC 2001では次のようなアクティビティが予定されています。
  • Mac OS Xの最新情報をアップルのエンジニアやテクノロジーエキスパートから直接聞くことが可能な100を超える詳しい内容のテクニカルセッションとハンズオンラボ
  • 最新の開発ツールと製品を展示するエグジビターフェア
  • 革新的、かつ先進のMac OS Xのルック&フィール、アップルテクノロジーの利用、そしてMac OS Xマーケットへの魅力的な新製品を対象としたApple Design Awards「アップルデザインアワード」

費用と登録について
5日間にわたるカンファレンスの参加費は1人1,595ドルで、Apple Developer Connectionのプレミアおよびセレクト会員の皆様には早期登録割引もあります。登録および費用に関する詳細はWWDCのウェブサイトで御覧いただけます。
日本から参加されるデベロッパの皆様は、WWDCへの参加費、登録、パッケージツアーのご案内などをWWDCのWebサイトで御覧いただけます。

    © 2001 Apple Computer, Inc All rights reserved. Apple, the Apple logo, Macintosh and Mac OS are either registered trademarks or trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.