プレスリリース 4月 24, 2001

アップル、QuickTime 5とQuickTime Streaming Server 3を発表

2001年4月23日、ラスベガス、NAB(The National Association of Broadcasters)−アップルは本日、高品質のオーディオおよびビデオの制作、再生、インターネット上のストリーミング配信で業界をリードするソフトウェア、「QuickTime 5(クイックタイムファイブ)」と、標準技術をベースにしたオープンソースストリーミングサーバの新バージョン、「QuickTime Streaming Server 3(クイックタイムストリーミングサーバスリー)」を発表しました。また、アップルでは、米国ネバダ州ラスベガスで開催されているNABにおいて、業界標準のMPEG-2とMPEG-4のエンコーディングおよびデコーディングをサポートする次期QuickTimeのプレビューバージョンのデモンストレーションを行っています。
「QuickTimeはこれまで長い間、インターネット上でコンテンツの取り込み、エンコーディング、配信のためのデジタルメディア標準として確立されてきました」と、アップルのワールドワイドプロダクトマーケティング担当副社長、フィリップ・シラーは語っています。「QuickTime 5は、マルチメディアコンテンツを制作する人、見る人などのあらゆる人達に、これまでにない新しい機能を提供します。」
QuickTime 5には、新しいオーディオコントロールを備え洗練されたユーザインターフェイス、「Hot Pics(ホットピックス)」ガイドやQuickTime TV (クィックタイムティーヴィー、QTV)チャンネルディスプレイ、スピードと高品質化を強化した新しいDVコーデック、コンテンツクリエーターがQuickTimeコンテンツの配信のために自分だけのインターフェイスを作ることが可能な機能、そしてアップル独自の機能を加えるだけではなく、他社製品のプラグインもすぐに使うことを可能にするコンポーネントダウンローダーといった数多くの機能が含まれます。QuickTime 5はまた、MPEG-1、Flash 4そしてQuickTimeの新しいCubic VR(キュービックヴィアール)テクノロジーを完全にサポートしています。
QuickTime Streaming Server 3には、インターネット上でストリーミングが途切れるのを防ぐための数々の特許機能を集約したSkip Protection(スキッププロテクション)をはじめ、サーバの設定をローカルでもリモートでも行うことができる、新しく、使いやすいウェブ用インターフェイスが含まれています。ユーザはPower Mac G4(パワーマックジーフォー)上のMac OS X Server(マックオーエステンサーバ)とQuickTime Streaming Server 3を組み合わせることにより、1度に3,000以上のストリームの同時配信をサポートするストリーミングデジタルビデオチャンネルを開始することができます。QuickTime Streaming Server 3のオープンソース版、Darwin Streaming Server(ダーウィンストリーミングサーバ)は、FreeBSD、Linux、Solaris、Windows NTおよびWindows 2000に対応しています。
世界中ですでに1億5,000万本が配布されているQuickTime 4(クイックタイムフォー)は、急速に世界をリードするクロスプラットフォームマルチメディアテクノロジーになりつつあり、今日、唯一のオープンソース、業界標準をベースとしたストリーミングソリューションです。Internet Media Alliance (インターネットストリーミングメディアアライアンス、ISMA)の創設メンバーであるアップルは、インタオペラビリティ(相互運用性)を通じて最適なユーザエクスペリエンスを提供するため、業界標準に準拠した製品やテクノロジーの開発に力を注いでいます。QuickTimeは国際標準化機構(ISO)によってMPEG-4の基本となるファイルフォーマットとして選ばれ、アップルはインタオペラビリティに優れたMPEG-4製品およびテクノロジーを市場に提供するためISMAのメンバーと協力しています。

    © 2001 Apple Computer, Inc All rights reserved. Apple, the Apple logo, Mac, Macintosh and QuickTime are either registered trademarks or trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.