プレスリリース 11月 14, 2001

アップル、AirMacワイヤレスネットワークの
第二世代を発表

ファイヤーウォール機能搭載などセキュリティをさらに強化

2001年11月14日、アップルは本日、機能を強化し新しくなった、家庭・学校・オフィス向けの「AirMac ® (エアマック)」ワイヤレスネットワークソリューションを発表しました。このIEEE 802.11bに準拠した新しいワイヤレスソリューションは、ADSLなどのブロードバンド対応に加え、ネットワーク保護を強化する内蔵ファイヤーウォール機能およびワイヤレス通信のセキュリティを高める128ビット暗号化機能を搭載し、さらに、1台のベースステーションに接続可能なユーザ数を50にまで拡張した、新しいAirMacベースステーションを特長としています。
「802.11ワイヤレスネットワークの分野で、アップルは常に業界をリードしてきました。今回ブロードバンド対応に加え、ファイヤーウォールや128ビット暗号化といった優れたセキュリティ機能も新たに搭載しました。」とアップルのワールドワイドプロダクトマーケティング担当副社長のフィリップ・シラーは語っています。
業界標準のIEEE 802.11bに準拠したAirMacワイヤレスネットワークソリューションは、AirMacベースステーション、AirMacカード、AirMacソフトウェアで構成されます。新しいAirMac 2.0ソフトウェアは、Mac® OS X、Mac OS 9の両バージョンを、アップルのWebサイト(https://www.apple.com/jp/wifi/)から無償でダウンロードすることができます。このAirMac 2.0ソフトウェアを利用することで、既存のAirMacカードを128ビット暗号化機能に対応させることが可能です。
AirMacは以下の新しい接続機能およびセキュリティ機能を備えています。
2基のEthernetポート
10BASE-Tポート (×1基):DSLモデムやケーブルモデムなどブロードバンドネットワークに接続するためのWANポート
10/100BASE-Tポート (×1基):ワイヤレスネットワークに加えてワイヤードネットワークを接続するためのLANポート
インターネットからの不正アクセスを阻止するファイヤーウォール機能
最大128ビットのパスワードおよびデータの暗号化機能
学校やオフィスでユーザのアクセス制御を集中管理するのに便利なRADIUSクライアント機能
多くの高等教育機関で使用されているCisco Systems社のセキュリティ技術、LEAPのクライアントとしてAirMacカードが対応
AirMacでは、ベースステーションを中心とする半径約50mの範囲から、11Mbps(メガビット/秒)のデータ通信速度で、1つのインターネット接続アカウントを最大50人のユーザで同時に共有することが可能です。現在発売中のアップルのノートブックおよびデスクトップコンピュータはすべて、ワイヤレスネットワーク用アンテナおよびカード装着用スロットを内蔵し、AirMacに対応しています。また、一部の機種はAirMacカードを標準搭載しています。
価格と販売について
アップルのワイヤレスネットワークソリューションを構成するAirMacカードは、アップルのオンラインストアApple Store®(アップルストア、http://store.apple.com/jp)およびアップルの正規販売代理店を通じて12,800円(メーカー希望小売価格、税別)で販売中です。新しいAirMacベースステーションは12月上旬より、アップルのオンラインストアApple Store(アップルストア、http://store.apple.com/jp)およびアップルの正規販売代理店を通じて34,800円(メーカー希望小売価格、税別)にて、販売されます。AirMac 2.0ソフトウェアは、11月下旬より、アップルのWebサイト(https://www.apple.com/jp/wifi/)から無償で提供される予定です。

    © 2001 Apple Computer, Inc All rights reserved. Apple, the Apple logo, Mac, Macintosh, AirMac, Mac OS and The Apple Store are trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.