プレスリリース 1月 10, 2002

バド・トリブル、アップルのソフトウェア・テクノロジー担当副社長として就任

2002年1月9日、カリフォルニア州クパティーノ−アップルは本日、ガイ・(バド)・トリブルがアビ・テバニアンのもとで、ソフトウェア・テクノロジー担当副社長としてアップルに入社したことを発表しました。トリブルは、ソフトウェアエンジニアリンググループの技術の方向性を明確にする責務を担います。トリブルは、かつてアップルでキャリアを開始し、初期のMacintosh®ソフトウェアチームのマネジャとして、Mac® OSとユーザインターフェイスの設計に携わりました。
「バドはソフトウェアデザインとオブジェクト指向プログラミングの分野では業界最高のエキスパートの1人です。彼がアップルに復帰し、そのユニークな専門知識を生かして、すでに世界で最も先進的なオペレーティングシステムであるMac OS Xをさらに優れたものにしていくという我々の継続的な取り組みに参加してくれることは大変嬉しいことです。」と、アップルのソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長、アビ・テバニアンは語っています。
トリブルは前職で、Eazel(イーゼル)社のエンジニアリング担当副社長としてLinuxコンピュータ向けの次世代ユーザインターフェイスソフトウェアとインターネットサービスの開発をリードしてきました。その前には、Sun-Netscape Alliance(サン-ネットスケープアライアンス)社の最高技術責任者としてインターネットおよびeコマースソフトウェアの研究開発を手掛けました。トリブルはまた、NeXT Computer(ネクストコンピュータ)社設立にも関わり、ソフトウェアエンジニアリング担当副社長としてNeXTStepオペレーティングシステムの開発においても中心的な役割を果たしました。
トリブルは、カリフォルニア大学サンディエゴ校で物理学専攻の学士号を取得後、ワシントン大学シアトル校で生物物理学と生理学の修士号および博士号を取得しました。

    © 2002 Apple Computer, Inc. All rights reserved. Apple, the Apple logo, Macintosh, Mac and Mac OS are either registered trademarks or trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.