プレスリリース 5月 7, 2002

アップル、多数の新技術とアプリケーションを
フィーチャーした次期Mac OS X「Jaguar」をプレビュー

2002年5月6日、カリフォルニア州サンノゼ、WWDC(ワールドワイドデベロッパカンファレンス)2002−アップルは本日、2,500人以上のMacintoshデベロッパが一同に集まったWWDCにおいて、「Mac® OS X(マックオーエステン)」の次期メジャーバージョン、開発コードネーム「Jaguar(ジャガー)」をプレビューしました。Jaguarは2002年夏の後半に発売予定で、Mac OS Xを世界で最も先進的なオペレーティングシステムとしてさらに確立するものです。
「Jaguarには「iChat(アイチャット)」インスタントメッセージシステムなど、Mac OS Xユーザが気に入るような多くの新機能が満載されています。Jaguarはこれまでどんなオペレーティングシステムにも見られなかった驚くような新技術を追加し、世界で最も多く出荷されているUNIXベースのオペレーティングシステムをさらに次のレベルに引き上げます」と、アップルのCEO(最高経営責任者)、スティーブ・ジョブズは述べています。
Jaguarには以下のような多くの革新的な機能が含まれています。
  • iChat:Mac OS Xに内蔵され、新しいMailおよびAddress Bookアプリケーションに統合された、アップルの新しいAIM互換インスタントメッセージングソフトウェア
  • QuickTime® 6:業界標準のMPEG-4ビデオおよびAACオーディオストリーミングに対応した、初の完全なソリューション
  • Rendezvous(ランデブー):コンピュータ、周辺機器、IPネットワーク上のサービス(Ethernet、AirMac®など)を自動的に認識する、アップルが提唱する新しい業界標準
  • Address Book(アドレスブック):アドレス情報を管理するためのアップルの新しいシステムワイドのデータベース
  • Finder™(ファインダ):フォルダナビゲーションや新しいインスタント検索機能の追加
  • Sherlock® 3(シャーロックスリー):アップルの完全に新しくなったインターネット検索およびサービスツール
  • Quartz™ Extreme(クォーツエクストリーム):ハードウェアアクセラレーションによりさらに速くなったQuartzグラフィックスおよびコンポジットエンジン
  • UNIXツール:FreeBSD 4.4アップデート、新しいGCC 3コンパイラ、IPv6およびIPSecサポートを含む、最新のUNIXテクノロジーを搭載
  • Windowsサポート:SMBブラウジングおよび共有、そしてPPTPの実装によるVPNセキュリティのサポートにより、Windowsネットワークとの互換性がさらに向上

    © 2002 Apple. All rights reserved. Apple, the Apple logo, Mac, Mac OS, Macintosh, QuickTime, AirMac, Quartz, Finder and Sherlock are trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.