プレスリリース 5月 7, 2002

アップルがMac OS X向けのインスタントメッセージング「iChat」を発表

AOLとアップルがAOLのインスタントメッセージングネットワークを使った初のシームレスで完全な互換性のあるインスタントメッセージングで協力

2002年5月6日、カリフォルニア州サンノゼ、WWDC(ワールドワイドデベロッパカンファレンス)2002−アップルは本日、AIMと互換性のある、アップルが開発したインスタントメッセージングソフトウェア「iChat(アイチャット)」をプレビューしました。iChatは2002年夏の後半に発売予定の「Mac® OS X(マックオーエステン)」の次期メジャーリリース(開発コードネーム:Jaguar(ジャガー)に組み込まれます。AIMは最も人気の高いインスタントメッセージングの1つで、登録ユーザは1億5,000万人以上に上ります。iChatはJaguarに組み込まれ、エレガントなAquaインターフェイスを持ち、Mac.comのメンバー、AOLのメンバー、そしてAOL®のInstant Messenger™(AIM)ユーザ間でのシームレスなインスタントメッセージングを可能にします。Macユーザはすでに持っているMac.comのユーザ名をiChatで使用でき、未だ持っていない方でも無償で即座に取得できます。
「我々はAIMおよびAOL Buddy Listのユーザと別のユーザ基盤を初めて完全に互換性を持たせて統合することで、AOLの大きなコミュニティにMacユーザを呼び込めることを大変嬉しく思います。Macユーザはすでに持っているMac.comのIDを使って、我々のネットワークの中でコミュニケーションすることができます。我々はアップルと協力して、今後も革新的なサービスを提供していきます」とAOL Time WarnerのCOO(最高執行責任者)、ボブ・ピットマン氏は述べています。
「iChatにより、Mac OS Xユーザは最高のインスタントメッセージングコミュニティに参加できます。我々はAOLと協力することにより、iChatユーザがMac.comのユーザ名を使って、1億5000万人以上の人々とインスタントメッセージを交換できるようにします」とアップルのCEO(最高経営責任者)、スティーブ・ジョブズは述べています。
AIM、AOL Buddy ListおよびMac.comのユーザはすでに使用しているスクリーンネーム、あるいは「ハンドル名」を使うことができます。Mac OS X搭載のiChatでは、ユーザはメニューバーから手軽にオンライン状況を確認、変更し、友達とコミュニケーションすることができます。ユーザはMac OS XのMailアプリケーションに友達のオンライン状況を表示させて、メールのやり取りを即座にリアルタイムチャットに変更できます。また、新しいシステムワイドなAddress Bookがユーザ名、ハンドル、画像、そのほかのコンタクト先情報を含む友達の情報を管理します。
iChatはAquaを画期的に利用することで、インスタントメッセージングの新たな素晴らしいユーザエクスペリエンスをもたらします。iChatは「吹き出し」と友達の写真を使って、インスタントメッセージのグラフィカルな会話を表示します。iChatによるチャットへのお誘いは、透明効果とアニメーションを使って、シンプルで邪魔にならない方法でポップアップします。また、iChatユーザはローカルなEthernetまたはAirMac®ネットワークでほかのiChatユーザを自動的に見つけてチャットすることもできます。
America Onlineについて
America OnlineはAOL Time Warnerの全額出資の子会社です。バージニア州ダレスにあるAmerica Onlineはインタラクティブサービス、Webブランド、インターネット技術および電子商取引サービスの世界的なリーダーです。

    © 2002 Apple. All rights reserved. Apple, the Apple logo, Mac, Mac OS, Macintosh and AirMac are trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.