プレスリリース 7月 2, 2002

アップル、1UラックマウントサーバのXserveを出荷開始

パフォーマンステストで証明された高価なサーバをしのぐ性能

2002年7月2日—アップルは本日、新しいパワフルなラックマウントサーバ、「Xserve™(エックスサーブ)」の出荷を開始したこと、また2002年5月の発表以来Xserveがすでに4,000台以上の注文を受けていることを発表しました。また、業界標準のパフォーマンステストの結果、Webサービス、ディスク性能、基幹となる生物工学分野のアプリケーション「BLAST(ブラスト)」の実行において、Xserveと同様のシステム構成をもった、より高額なサーバを上回る処理能力を示したこともあわせて発表しました。
「発表からほんの数週間で、ご注文いただいたXserveの数は4,000台を超えています。Xserveが備えるG4の処理能力、膨大なストレージ、驚異のI/Oパフォーマンス、標準で「Mac OS X Server(マックオーエステンサーバ)」Unlimitedクライアントライセンスが付属するなど数々の特長が、低価格でパワフルな1Uラックマウントサーバを求めている方々に受け入れられています」と、アップルのワールドワイドプロダクトマーケティング担当上級副社長、フィル・シラーは述べています。
業界標準のテストでは、Xserveが卓越した性能を示し、同様のシステム構成でより高価なDell、IBM、Sun各社のサーバマシンをはるかに凌ぎます。Webサービス、BLASTの実行およびディスク性能の面で比較した際の競合製品に対するXserveの処理能力は、以下の通りです。
  • Apache Web Server—Apache Web Serverへの接続サポート数では、XserveはIBM eServer x330を60%上回りました。業界標準のWebBench(*)を使ったパフォーマンステストでは、Mac® OS X Server上でApacheを運用するXserveは毎秒4,051接続、Linux上でApacheを運用するIBM eServerでは毎秒2,547接続をサポートできることがわかりました。Xserveは、業務で酷使されるようなWebアプリケーションにも最適で、低価格ながら堅牢なサーバプラットフォームを提供します。
  • BLASTの実行—BLASTを使ったDNA検索では、XserveはSunサーバマシンよりも最大で19倍の処理能力を示しました。これは34MBを超えるデータを使った標準的な検索で、XserveではApple/Genentech BLAST、Sun Fire V100はSolaris上でNCBI BLAST、IBM x330はLinux上でNCBI BLASTを使用しています。ワードレングスを8とした場合、XserveはIBMマシンよりも約8倍、Sunマシンよりも19倍以上も高い処理能力を示しました。ワードレングスを40とした場合には、IBMマシンよりも5.8倍、Sunマシンよりも13.9倍、高い処理能力を示しました。XserveでApple/Genentech BLASTを実行すると、生命科学の分野で毎日のように行われる遺伝子の検索にかかる時間を大幅に短縮することが可能です。
  • ディスク性能—アップルが得意とするハードウェアおよびソフトウェアの統合、独立したATAドライブというユニークなアーキテクチャにより、XserveはSCSIドライブ搭載サーバを上回るディスク性能を低コストで提供します。Xserveの4基のATAストライピングRAIDのディスク性能は110MBを超え、Dell PowerEdge 1650のハードウェアRAIDコントローラを使った3基のSCSIストライピングRAIDによる70MB程度の連続スループットをはるかに上回りました。

Xserveが提供する性能、容量、価格のバランスの良さは業界屈指といえます。デュアル1GHz PowerPC G4プロセッサはそれぞれに2MB DDR(Double Data Rate)三次キャッシュを備え、DDR SDRAMメモリは最大2GBの容量まで拡張が可能です。Xserveは、4基のホットプラグ対応ATA/100ドライブにより最大480GBのクラス最高のストレージ機能、2基のギガビットEthernetポート標準搭載というクラス最高のネットワーク機能も提供します。Xserveが装備するサーバソフトウェアはMac OS X Serverで、サーバ利用者にファイルおよびプリントサービス、ビデオストリーミング、データベースアプリケーション、クラスタリング計算環境、Webサービス、メールサービス等をすべて提供することが可能です。
アップルは、Xserve専用のサービス&サポートプログラム、AppleCare Premium Service and Support Plan(アップルプレミアムサービスアンドサポートプラン、http://www.apple.co.jp/support/products/premium/)のサービスも同時に開始いたします。AppleCare Premium Service and Support Planは、技術エキスパートによる原則週7日、24時間の電話やemailを通じたサポートと、原則4時間以内に出張対応するハードウェアの出張修理サービスを最長で3年間提供します。また、Xserve及びAppleCare Premium Service and Suppport Planの導入検討にあたり、事前に出張修理サービスの範囲を4時間出張修理サービスエリアのWebサイト(http://www.apple.co.jp/support/products/premium/onsite.html)において確認することができます。
価格と販売について
Xserve 1GHzモデルは2002年7月2日(火)より、またXserve デュアル1GHzモデルは2002年7月上旬より、ともにアップルのオンラインストア、Apple Store(アップルストア、https://www.apple.com/japanstore/)およびアップル製品取り扱い販売店を通じて販売されます。Xserveは、以下の2種類の標準システム構成が用意されています。
  • Xserve 1GHzモデル: 374,800円、シングル1GHz PowerPC G4プロセッサ、256MB DDR RAM、60GB ATA/100 Apple Drive Module、ギガビットEthernet2基、CD-ROMドライブ、Mac OS X Server Unlimitedクライアントライセンス
  • Xserve デュアル1GHzモデル: 499,800円、デュアル1GHz PowerPC G4プロセッサ、512MB DDR RAM、60GB ATA/100 Apple Drive Module、ギガビットEthernet2基、CD-ROMドライブ、Mac OS X Server Unlimitedクライアントライセンス
  • AppleCare Premium Service and Support Plan : 124,800円、技術エキスパートによる原則週7日、24時間の電話およびemailを使ったサポート、原則4時間以内に出張対応するハードウェアの出張修理サービス(最長で3年間提供)

価格はすべて、Apple Storeプライス、税別です。
(*)WebBench™は、eTesting Labs Inc.の系列会社であるZiff Davis Publishing Holdings Inc.の米国およびその他の国における商標です。パフォーマンステストは、Ziff Davis Media社のWebBench™ version 4.1と一連の標準テスト(STATIC_WB41.TST)を使ってアップルにより実施されました。

    © 2002 Apple Computer, Inc. All rights reserved.Apple, the Apple logo, Mac, Mac OS, Macintosh and Xserve are trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.