プレスリリース 7月 17, 2002

Epson、HP、LexmarkがアップルのRendezvous テクノロジーのサポートを表明

ネットワーク装置の自動検出・設定を可能にするオープンスタンダード

2002年7月17日、ニューヨーク州MACWORLD EXPO − アップルは本日、3大プリンタメーカーのEpson、HP、Lexmarkの各社が、ネットワークプリンタの自動検知・設定を実現する、アップルの革新的な家庭用ネットワーキングテクノロジー、「Rendezvous(ランデブー)」について、自社製品への実装に取り組んでいることを発表しました。Rendezvousは、業界標準のIPプロトコルと「zero configuration」テクノロジーを利用し、Ethernet、AirMac® (エアマック)、FireWire® (ファイヤワイヤ)、USB、Bluetoothを使って接続された装置を互いに検出・接続させる仕組みで、本日発表されたアップルのMac® OS X (マックオーエステン)v10.2オペレーティングシステムに実装されています。
「Rendezvousは、オープンスタンダードからどのように革新が生まれるかを示す絶好の事例です。Rendezvousという強力なテクノロジーにより、複雑なネットワーク構成や設定は不要になります。ネットワークプリンタを設定する必要は二度となくなるでしょう。」と、アップルのCEO(最高経営責任者)、スティーブ・ジョブズは述べています。
「ネットワークプリンタの大手メーカーとして、HPではRendezvousテクノロジーを自社製品に組み込み、ネットワークプリンティングをいっそう簡単なものにしたいと考えています。」と、HP社 イメージング&プリンティング事業部門副社長、ヴョメシュ・ジョシ(Vyomesh Joshi)氏は述べています。
「Rendezvousで実現可能になることに大いに期待しています。Epsonの将来の製品ではRendezvousがサポートされます。お客さまはEpsonプリンタの電源を入れるだけで、自動的にネットワークやMacにダイレクトに接続できるようになるでしょう。」と、Epson America社マーケティング部門副社長、ダン・クレーン(Dan Crane)氏は述べています。
「Lexmarkでは、アップルのRendezvousテクノロジーへの対応で、新機軸を打ち出せることに誇りに思います。Rendezvousがあれば、お客様はLexmark製品を利用するのが今まで以上に簡単になるでしょう。」と、Lexmark社の副社長兼プリンティングソリューション&サービス部門社長、ポール・ルック(Paul Rooke)氏は述べています。

    © 2002 Apple Computer, Inc. All rights reserved. Apple, the Apple logo, Mac, Mac OS, Macintosh, Rendezvous, AirMac and FireWire are trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.