プレスリリース 1月 8, 2003

アップル、X11 for Mac OS Xを発表

最適化によりMac OS XのQuartzおよびOpenGLグラフィック機能を最大限に利用

2003年1月8日−アップルは本日、X11ベースのアプリケーションをネイティブMac OS Xアプリケーションと同じデスクトップで同時に実行することを可能にし、X11ベースのアプリケーションのMacへの移植をより簡単にする「X11 for Mac OS X(エックスイレブンフォーマックオーエステン)」を発表しました。UNIXオペレーティングシステムで一般的なウィンドウ環境であるX11のアップルによる実装は、インストレーションが簡単であることに加えてアップルの革新的なQuartzグラフィックスシステムを最大限に利用できるよう最適化されているため、ハードウェアアクセラレーターによる2Dおよび3Dグラフィックスを利用した、高速テキストスクロール、ダイナミックドラッギング、ウィンドウのリサイジング、そしてOpenGL Direct Renderingによる驚くような3Dアニメーションが可能です。
「アップルはUNIXベースのシステムを最も多く供給しています。X11 for Mac OS Xを提供することにより、UNIXのプロがMacに移行することがこれまで以上に容易になります。Mac OS Xは、その業界標準ベースのアプローチやUNIXユーザにお馴染みのツールセット、また最先端のアプリケーションを開発するための豊富なファウンデーションによってUNIXコミュニティの間で急速にユーザを増やしています。」と、アップルのワールドワイドプロダクトマーケティング担当上級副社長、フィリップ・シラーは述べています。
X11 for Mac OS Xは、標準的なX11ディスプレイサーバソフトウェア、クライアントライブラリ、およびデベロッパ用ツールキットの完全な一式で構成され、LinuxおよびUNIXアプリケーションのMacへの移植が一層容易になりました。X11 for Mac OS Xを使いはじめるのは簡単で、ソフトウェアのダウンロード及びディスプレイサーバとクライアントライブラリのインストレーションはそれぞれ1回で済みます。さらにオプションの「X11 Software Developer Kit (エックスイレブン・ソフトウェア・デベロッパ・キット) for Mac OS X」によって、デベロッパは単純なリコンパイルだけで、ほとんどすべてのX11R6.6アプリケーションをビルドすることができます。X11 for Mac OS XはAquaユーザ・インターフェイスと完全に統合され、X11とMac OS Xアプリケーション間でシームレスにカット&ペーストを行うことができるだけでなく、ズーム、閉じる、Dockへの最小化といったAquaコントロールにも完全にアクセスすることができます。
価格と販売について
X11 for Mac OS Xのパブリックベータは、本日より無償でダウンロードできます。X11 for Mac OS Xの最終バージョンは、2003年中に提供を開始する予定です。
X11 for Mac OS Xは、Mac OS X v 10.2、および256MB以上のメモリが必要です。X11 for Mac OS Xは、eMac™、iMac®、iBook®、Power Macintosh® G3、Power Mac® G4、および1998年5月以降に販売開始されたすべてのPowerBook®上で動作します。
【アップルについて】
アップルはApple IIで1970年代のパーソナルコンピュータ革命に火をつけ、80年代にはMacintoshによって、再び、全く新しいパーソナルコンピュータを創出しました。アップルは、世界中の学生、教育者、プロのクリエイターそしてコンシューマに、革新的なハードウェア、ソフトウェア、およびインターネット関連の製品・テクノロジーを通じて最高のパーソナルコンピューティング環境を提供しています。

    © 2003 Apple Computer, Inc. All rights reserved. Apple, the Apple logo, Mac, Mac OS, Macintosh, Quartz, eMac, iMac, iBook, Power Macintosh, Power Mac and PowerBook are either registered trademarks or trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.