プレスリリース 1月 8, 2003

アップル、Keynote(英語版)を発表

すべての方へ向けたプロ品質のプレゼンテーション作成ソフトウェア

2003年1月8日ーアップルは本日、優れたプロ品質のプレゼンテーション資料の作成機能をすべての方に提供する、次世代のプレゼンテーション用ソフトウェア、「Keynote™(キーノート)」(英語版)を発表しました。アップルならではの使い勝手の良さを備えたKeynoteは、プロフェッショナルなデザインのテーマ、驚異的なタイポグラフィー、プロ仕様のイメージサイズ変更、数秒で作成できるアニメーション効果を利用したグラフや表、映画並みのトランジションなどを備えています。KeynoteはPowerPoint、QuickTime®、PDFの読み込みと書き出しができ、プレゼンテーション資料の作成と共有がこれまでで最も容易になりました。価格は12,800円です。
「Keynoteを利用するのは、プロのグラフィック部門を動員してスライドを作成するようなものです。本当にプレゼンテーションが大切な役割となるような時に利用すべきアプリケーションです。」と、アップルのCEO(最高経営責任者)のスティーブ・ジョブズは述べています。
Keynoteには、アップルがデザインした12のテーマが用意されています。テーマには美しくコーディネイトされた背景、フォント、色、ブレット(箇条書き点)、表、チャートなどが備わっています。ユーザはプレゼンテーションのテーマを何度でも変更したり、既存のテーマを好きなように修正したりできます。または、自分だけのテーマを作成してプレゼンテーション資料を全くユニークに仕上げたりすることもできるのです。
KeynoteはMac® OS Xだけに備わったテクノロジー、Quartz™(クォーツ)や OpenGLを最大限に活用して、完全なアンチエイリアス処理が施されたテキストや、透明度、ダイナミックなドロップシャドウ効果、スライド間での映画並みのトランジションなど、優れたプロ品質のグラフィック要素を備えたプレゼンテーション資料を作成します。ユーザはグラフィックやデジタル画像、QuickTimeムービーを スライドに簡単にドラッグ&ドロップすることができます。Keynoteの配置ガイドとルーラーを利用すれば、ユーザの望むところにテキストとグラフィック要素を正確に配置することができます。
Keynoteを利用すると、印象的なチャートや表を数秒で簡単に作成することができます。ユーザは8種類のフレキシブルなチャートタイプから選び、段階的にグラフや表データを表示したり、あらゆる図表にユニークな動画やシャドウ、ラベルを作成したりできます。チャートや図表データは、「Excel」、「AppleWorks®(アップルワークス)」などのアプリケーションから取り込んだり、Keynoteのチャートデータエディタで直接作成することができます。またKeynoteは、大きなスライドショーを驚くほど簡単に管理することができます。革新的なSlide Navigatorにより、ユーザはスライドショー全体を一度にざっと眺めわたすことができます。スライドサムネールをセクションごとにまとめて伸縮させられるため、大規模なプレゼンテーションでも簡単に閲覧、整理ができます。テキストが中心のプレゼンテーション向けには、内容の概略と講演者用のノートを表示できます。
価格と販売について
Keynote(英語版)は、2003年1月中旬よりアップルのオンラインストア、Apple Store®(アップルストア、 http://store.apple.com/jp)およびアップル製品取扱販売店を通じて、12,800円(メーカー希望小売価格、税別)で販売されます。Keynoteを使用するための最小システム要件は、Mac OS X(マックオーエステン)バージョン10.2(Mac OS X v10.2.3を推奨)、PowerPC G3プロセッサと256MBのRAM、8MBのビデオメモリとなっています。

    © 2003 Apple Computer, Inc. All rights reserved. Apple, the Apple logo, Mac, Mac OS, Macintosh, Keynote, QuickTime, Quartz, AppleWorks and Apple Store are either registered trademarks or trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.