プレスリリース 1月 28, 2003

アップル、20インチのCinema Displayをお求めやすい
価格で発表

23インチCinema HD Displayと17インチStudio Displayも大幅値下げ

2003年1月28日—フラットパネルディスプレイのテクノロジーにおいて業界トップを走り続けるアップルは本日、解像度1680×1050ピクセルを誇るプロ仕様のワイドスクリーン型アクティブマトリックス液晶ディスプレイを装備した「20インチApple Cinema Display®(アップルシネマディスプレイ)」を、164,800円というかつてない低価格で提供することを発表しました。20インチApple Cinema Displayはオールデジタルのフラットパネルディスプレイで、新たに発売される「Power Mac® G4(パワーマックジーフォー)」と完璧な組み合わせとなり、緻密なカラーワークにも理想的です。また、これまでの22インチのCinema Displayより大きな作業スペースを提供します。
またアップルは、23インチCinema HD Displayの価格を、449,800円から249,800円へと大幅に値下げしました。同ディスプレイは解像度1920×1200ピクセルと、ハイビジョンテレビを表示してもなお余りある広大な表示サイズを誇ります。業界最高水準のフラットパネルディスプレイとの呼び声も高い23インチCinema HD Displayが、今やより多くのプロフェッショナルユーザにとって手の届く価格となりました。またアップルは、1280×1024ピクセルの「17インチ Studio Display® (スタジオディスプレイ)」の価格も、128,000円から89,800円に値下げすることを発表しました。
「1680×1050ピクセルの解像度を持つ新しい20インチCinema Displayは、これまでの22インチディスプレイよりも多いピクセル数を誇ります。この驚くべきワイドスクリーンのCinema Displayは164,800円という低価格で提供され、ほとんど誰もがこの美しいワイドスクリーンのCinema Displayを手に入れることができます。」と、アップルのハードウェア・プロダクトマーケティング担当副社長、グレッグ・ジョズヴィアックは述べています。
AppleのCinema Displayはアクティブマトリクス液晶ディスプレイを特長とし、オールデジタルのフラットパネルが、ちらつきのない最高品質の画像を一切の調節なしで実現します。新発売の20インチCinema Displayは、従来の17インチおよび23インチのフラットパネルディスプレイ同様、きわめて高い画質が要求される色表示環境での使用を想定しています。また業界最高水準の広視野角テクノロジーの導入により、正面以外の場所から画面を見ても完璧に色を再現します。
アップルのフラットパネルディスプレイは広いカラー領域(ガモット)を持ち、すみずみまでゆがみのない画像を表示します。GretagMacbeth社のi1(アイワン)キャリブレータなどの色計測機器を使ったディスプレイのキャリブレーションも簡単に行うことができ、アップルのColorSync®やIntegrated Color Solutions(インテグレイテッド・カラー・ソリューションズ、以下ICS)社などのカラー管理システムで使用するためのColorSyncプロファイルを作成することができます。ICS社はカラー管理技術の先端を切り開く革新的なツールを提供していることで知られます。同社が発表したRemote Director 2.0は、アップルのCinema Displayおよび革新的なCinema HD Displayを全面的に使用して開発され、ディスプレイを用いたプルーフィングシステムとしてはSWOP, Inc.による初の認証を受けました。Remote Director 2.0が権威あるSWOPの認証を受けたことは、ハードコピーによる確認作業を経ることなく、画面上で印刷物が確認できることを意味します。これは印刷業界関係者にとって時間とコストの大幅な削減にとつながります。
Cinema Displayは薄さわずか2インチ以下であると同時に、ワイドフォーマットのデザイン(画面の横縦比16:10)を実現し、A4サイズの見開きが表示可能であるほか、緻密なイラストレーションやDVDムービーも容易に表示でき、プロのクリエイターや技術者にとって究極のディスプレイと言えます。Cinema Displayは、定評あるアップルのデザインに加え、革新的なApple Display Connector(アップル・ディスプレイ・コネクター、ADC)を搭載しています。これは1本のケーブルでデジタルビデオ、USBデータ、電源の全ての伝達を可能にするもので、セットアップが容易になるほか、デスクの上のケーブル数が最小限に抑えられます。また2基の自己給電式USBポートを内蔵し、周辺機器との接続も簡単です。
価格と販売について
販売中のアップルの17インチStudio Displayおよび23インチCinema HD Displayは、2003年1月29日(水)より新価格で、また新しい20インチCinema Displayは2003年1月31日(金)より、アップルのオンラインストア、Apple Store®(アップルストア、http://store.apple.com/jp)およびアップル製品取扱販売店を通じて販売されます。本リリース中の価格はすべてApple Storeプライス、税別で、17インチ(対角)Studio Displayが89,800円、20インチ(対角)Cinema Displayが164,800円、23インチ(対角)Cinema HD Displayが249,800円です。

    © 2003 Apple Computer, Inc. All rights reserved. Apple, the Apple logo, Macintosh, Mac, Mac OS, Apple Cinema Display, Apple Studio Display, ColorSync and Apple Store are either registered trademarks or trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.