プレスリリース 4月 7, 2003

アップル、DVD Studio Pro 2を発表

2003年4月7日—アップルは本日、まったく新しくなったDVDオーサリングツール、「DVD Studio Pro®(ディーヴィーディースタジオプロ)2」を発表しました。DVD Studio Pro 2はゼロから再設計され、画期的なユーザインターフェイスと、プロのDVDオーサリングを定義し直す革新的な機能を搭載しています。DVD Studio Pro 2には、プロ向けに設計され完全にカスタマイズが可能なテンプレート、新しい革新的なメニューエディタ、タイムラインベースのトラック編集、また新たに世界標準クラスのソフトウェアベースのMPEG-2エンコーダが用意されており、Final Cut Pro®でビデオ編集をするユーザや、仕事でDVDを制作するユーザすべてに必要不可欠なアプリケーションとなりました。
「アップルはプロフェッショナルなDVDオーサリングツールのDVD Studio Proで業界をリードしています。そして、アップルはDVD Studio ProをMac OS XとCocoa向けに最初から再開発し、画期的なユーザインターフェイスを持つまったく新しい製品に変えたのです。アップルは、DVD Studio Pro 2でDVDオーサリングを再定義し、この分野における新たなベンチマークを定めました。」と、ワールドワイドプロダクトマーケティング担当上級副社長、フィリップ・シラーは述べています。
DVD Studio Pro 2の新しいユーザインターフェイスは操作が簡単で、Final Cut ProユーザでもアップルのiDVD™などコンシューマ向けDVDオーサリングアプリケーションのユーザであっても、すぐに使い始めることができます。革新的な新機能を満載したDVD Studio Pro 2は、プロのユーザが必要とするあらゆる拡張性と高度な機能を備えています。マウスをドラッグするだけで、親しみやすいインターフェイスが強力なDVDオーサリングツールに変貌し、新しいアウトライン表示でプロジェクトのコンポーネントや、包括的なアセット情報、タイムラインベースのトラック編集などが利用できるようになります。
DVD Studio Pro 2が新しく提供するプロフェッショナルなデザインのテンプレートでは、スタイルやボタン、背景のライブラリが用意され、数回の簡単な操作でエレガントなデザインのDVDを作成することができます。テンプレートは完全にカスタマイズ可能で、ユーザは映画タイトルのような見栄えのDVDプロジェクトの制作を即座に開始することができます。また、自分のテンプレートをゼロから作成して、再利用したり顧客や同僚と共用したりできます。
DVD Studio Pro 2の画期的な新しいメニューエディタにより、ユーザは複雑なDVDの仕様を気にすることなく、コンテンツをドラッグ&ドロップするだけで、自分のメニューを作成できます。また状況に合わせて変化するドロップパレットを利用して、1回の簡単な操作で、新しいトラックの作成やリンク、スライドショー作成、チャプターインデックスの自動生成が可能で、多くの制作時間を節約できます。また、DVD Studio Pro 2にビルトインされた合成エンジンにより、アプリケーションを立ち上げたまま、メニューエディタ内でテキストの直接編集、フォントスタイルやボタングラフィックの変更が行えます。
Final Cut Proで使われているタイムライン機能に基づいた、DVD Studio Pro 2の新しいタイムラインベースのトラック編集機能により、クリップやオーディオなどのアセットをリニアに表示でき、ユーザはより迅速で効率的に作業を進めることができます。またタイムライン上で、チャプターマーカーや8種類のビデオアングル、8種類のオーディオトラック、32種類の字幕トラックを追加、管理できるようになりました。
Final Cut Pro 4とDVD Studio Pro 2にバンドルされる新しいバッチトランスコーディングツール、Compressorを使用すると、DVD用のMPEG-2、ストリーミングメディア用のMPEG-4あるいはその他のQuickTime®がサポートするあらゆるフォーマットに直接、バッチ、エクスポートすることが可能になります。Compressorには透かし、リアルタイムプレビュー、そして30種類の高品質フィルターおよびエフェクトが含まれ、大量または反復エンコーディング作業に理想的なプラットフォームを提供します。Compressorには新しい世界標準クラスのMPEG-2ソフトウェアエンコーダが含まれ、ビットレートの調節や1パスまたは2パスのVBRエンコーディングの選択など、プロフェッショナルなコントロールが可能です。MPEG-2ソフトウェアエンコーダは、何千ドルもするスタンドアローンのハードウェアおよびソフトウェアエンコーダのスピードに匹敵する高品質の映像を提供します。
価格と販売について
DVD Studio Pro 2の日本語版は、アップルのオンラインストア、Apple Store®(アップルストア、http://store.apple.com/jp)およびアップル製品取扱販売店を通じて59,800円(メーカー希望小売価格、税別)で9月中の販売開始を予定しています。
アップルはまた、本日よりDVD Studio Pro 1.5の価格を59,800円に引き下げました。また、本日2003年4月7日(月)以降にDVD Studio Pro 1.5リテール版を購入されたお客様は、up-to-dateプログラムを通じて3,800円(送料込み、税別)でDVD Studio Pro 2にアップグレードすることができます。システム要件を含むDVD Studio Pro 2の詳しい情報は、アップルのWebサイト(https://www.apple.com/jp/finalcutstudio/dvdstudiopro/)でご覧いただけます。
【アップルについて】
アップルはApple IIで1970年代のパーソナルコンピュータ革命に火をつけ、80年代にはMacintoshによって、再び、全く新しいパーソナルコンピュータを創出しました。アップルは、世界中の学生、教育者、プロのクリエイターそしてコンシューマに、革新的なハードウェア、ソフトウェア、およびインターネット関連の製品・テクノロジーを通じて最高のパーソナルコンピューティング環境を提供しています。

© 2003 Apple Computer, Inc. All rights reserved. Apple, the Apple logo,Mac, Mac OS, Macintosh, DVD Studio Pro, Final Cut Pro, Cocoa, iDVD,QuickTime, Apple Store and other Apple products are either registered trademarks or trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.