プレスリリース 6月 24, 2003

アップル、Mac OS X "Panther"をプレビュー

100以上の新機能でライバルをはるかにリード

 

2003年6月23日—アップルは本日、今年末までに出荷予定の「Mac® OS X(マックオーエステン)」の次期メジャーバージョン、Mac OS Xバージョン10.3(コードネーム「“"Panther"(パンサー)」)をプレビューしました。Mac OS Xの発表以来4年目で4回目のメジャーリリースとなるPantherは、まったく新しくなったFinder™、開いているすべてのウィンドウを一度に見渡すことができる画期的なExposé(エクスポゼ)、そしてビジネス、教育および一般用途に用いることができる完全なデスクトップビデオ会議ソリューションのiChat™ AVなど、100以上の新機能を含み、デスクトップオペレーティングシステムに新しい標準を打ち立てます。
「“Jaguar”(Mac OS X v.10.2)によって私たちはライバルより前進しました。そして、“Panther”によってその差はさらに広がります。本当に驚くような機能を含む100以上の新機能により、アップルは再びオペレーティングシステムの業界におけるイノベーターとなります。」と、アップルのCEO(最高経営責任者)、スティーブ・ジョブズは述べています。
“Panther”ではFinderが完全に新しくなり、ユーザがよく使うフォルダ、ハードディスクドライブ、ネットワークサーバ、iDisk、そしてリムーバブルメディアを一箇所の便利な場所に置くことができるようになります。そして、ユーザはそこからワンクリックで必要な全てのものにアクセスすることができます。デザインが一新されたFinderはまた、超高速の検索機能を持つほか、書類やプロジェクトを完全にカスタマイズして整理するためのカラーラベル機能や、Mac®、WindowsそしてUNIXのファイルサーバのネットワークのダイナミックなブラウジング機能も備えています。
“Panther”のもう一つの新機能であるExposéは、開いているすべてのウィンドウを一覧で表示し、その中のどれでも一番上に持ってくることが瞬時にできます。Exposéは、ユーザがアクセスしたいウィンドウをすぐに見つけて選択できるよう、デスクトップ上で重なっているウィンドウを整頓された状態に視覚的に並べ替えます。Exposéはまた、開いたウィンドウの下に隠れているファイルにユーザがアクセスできるよう、デスクトップ上からすべてのウィンドウを一時的に消してしまうこともできます。Mac OS XのQuartz™グラフィックエンジンのパワーを利用するExposéは、ユーザインターフェイスデザインを大きく進歩させ、これまでの複数のファイルやアプリケーションそしてプロジェクトの扱い方を変えます。
iChatの成功をもとに、“Panther”ではiChat AVを搭載し、インスタントメッセージをさらに上のレベルに引き上げます。お馴染みの使いやすいインターフェイスを持つiChat AVは、ブロードバンドにおいてフルスクリーンで完全動画ビデオを見ることができ、56Kモデムにおいてもクリアな音声を聞くことができ、インターネット上ですぐ簡単に自然な会話を楽しむことができます。
さらに、“Panther”には、強力な128ビットAES暗号化によってホームディレクトリのコンテンツのセキュリティを守る新機能、FileVaultも含まれています。FileVaultを使うことにより、ユーザはホームディレクトリ全体を自動的に暗号化するように設定することができるため、仕事を中断することなくファイルをすぐに暗号化したり復号化することができます。FileVaultはモバイルユーザが移動中にも、これまでにない高いレベルのセキュリティを提供します。例えば、誰かがユーザのアカウントにアクセスしようとしたり、ノートブックを置き忘れた場合でも、大切なデータは常に高セキュリティの暗号化によって保護されます。
“Panther”にはまた、Macをこれまで以上にWindowsネットワークの中で共存しやすくするための、MicrosoftおよびCiscoネットワーク用のIPSecベースVPN、Windowsサーバ上のActiveDirectoryおよびWindowsサーバ上のSMBベースホームディレクトリのサポート、そしてWindowsと共有するプリンタへFinder内から印刷できる、より進んだWindows環境との統合などの新機能が含まれています。
Mac OS Xは世界で最も多く使われているUNIXベースのオペレーティングシステムです。“Panther”では、X11 for Mac OS X、NFSの大幅な性能向上、オープンソースプロジェクトへのアクセスのためのports manager、より広いKerberosサポート、統合されたIPv6ネットワーキングスタック、そしてPythonプログラムからQuartzグラフィックスへのアクセス能力など、システム全体にわたってUNIXベースのテクノロジーへの大幅な強化がはかられています。
このほか、“Panther”に新たに加えられた機能として、以下の機能が含まれます。
  • メッセージのスレッド表示、ドラッグ・アンド・ドロップによるアドレス入力、そしてSafari™ベースのエンジンを使ったHTMLメールの表示などの強化がはかられたMailアプリケーション。
  • アプリケーションを終了したりシステムから完全にログアウトすることなく、アカウントを切り替えることにより複数のユーザが一つのMacを使うことができるFast User Switching。
  • Pixar社との協力で開発した、フィルムメーカー向けの初めてのスタジオ品質のコーデック、Pixlet。人工的な感じのまったくない、息を飲むようなHD(高品位)クオリティのビデオをMac上で見ることができます。
  • ユーザがオフラインで行なった仕事を、インターネットに再接続すると同時に.Mac(ドットマック)のインターネットサーバストレージに自動的に同期させることにより生産性を高める、完全に統合化されたiDisk。これにより、ユーザはローカルではハードディスクドライブのスピードでファイルを編集し、後から自分のiDiskに自動的に同期させることができます。
  • アドレスブックに同期した統合ファックス機能。これにより、ファックスの送受信が印刷と同じくらい簡単に行なえます。また、FAXの表紙を追加する機能も付いています。
  • ダブルクリックでフォントをプレビューし、ワンクリックでインストールし、iTunes®のような直感的なインターフェイスでフォントを管理し、フォントの検索、使用・非使用の設定を行なうことができる、システムレベルでのフォント管理を可能にする新しいアプリケーション、Font Book。
  • 大幅に性能が向上したPreviewアプリケーションは、検索結果の索引を瞬時にPDFに付ける、超高速の文字検索機能を持つ世界最速のPDFリーダーです。テキストの選択とコピー機能、URLのサポート、PDF 1.4フォーマットのサポートも含みます。Previewは、カラースペース(色空間)の変換、イメージサンプリングおよび圧縮などQuartzフィルタリングテクノロジーの大幅な改良により、PDFのワークフローをさらに前進させます。

価格と提供について
Mac OS Xバージョン10.3(“Panther”)は、アップルのオンラインストア、Apple Store®(www.apple.com)、およびアップル製品取扱販売店を通じて、129ドル(米国)にて、今年末までに販売が開始される予定です。
【アップルについて】
アップルはApple IIで1970年代のパーソナルコンピュータ革命に火をつけ、80年代にはMacintoshによって、再び、全く新しいパーソナルコンピュータを創出しました。アップルは、世界中の学生、教育者、プロのクリエイターそしてコンシューマに、革新的なハードウェア、ソフトウェア、およびインターネット関連の製品・テクノロジーを通じて最高のパーソナルコンピューティング環境を提供しています。

    © 2003 Apple Computer, Inc. All rights reserved. Apple, the Apple logo, Mac, Mac OS, Macintosh, XServe, FireWire, iPod and Apple Store are either registered trademarks or trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.