プレスリリース 6月 23, 2003

Mac OS Xユーザが700万人を超え、アプリケーション数が2倍の6000本以上に

2003年6月23日—アップルは本日、世界で最も先進的なオペレーティング・システム、Mac® OS X(マックオーエステン)のアクティブユーザが700万人を上回ったことを発表しました。また、最近発表されたばかりのQuarkXPress 6、Photoshop 7、Acrobat 6、Director MX、QuickBooks Pro 5.0、Maya 5、MATLABをはじめとするMac OS X向けのアプリケーションの数が昨年の内に、2倍の6,000本以上に増えたことを発表しました。
「Mac OS Xはこの4年間で4回メジャーリリースが発表されており、Mac OS Xが開発者に提供する急速なイノベーションに匹敵するものはありません。アップルはMac OS Xにより、業界のあらゆるOSデベロッパをはるかに凌いでいます。他社がこれから先何年もすでにわたしたちがすでに手にしているものを望んでいる間に、我々は一気に競争から抜け出ます。」と、アップルのワールドワイドプロダクトマーケティング担当上級副社長、フィリップ・シラーは述べています。
アップルは本日、強力な新しいアプリケーション開発ツール、「Xcode(エックスコード)」もあわせて発表しました。デベロッパはXcodeにより、優れた次世代のMac OS X 向けアプリケーションを顧客に提供することができます。
「我々は数年前のFinal Cut Pro 1.2の利用から始まり、30本以上ものShowtime用の長編映画をMacのシステムで編集してきました。そして昨年は、作業をMac OS X に移行させはじめたのです。Mac OS X上でのハイエンド向けビデオ画像の安定性と向上したワークフローは、Mac OS Xに移行する最大の理由でした。そして、Final Cut Pro 4のリリースに伴い、我々はすべての編集スイートをMac OS X上に揃えたことになります。」と、iPostiniの社長、Tim King氏 は述べています。
「テクノロジーが教室で役に立つツールとなるためには、教師はテクノロジーが必要な時にうまく動作するということを信頼できなくてはなりません。教師は、自分達のMacの動作が頼りになるものだと知っています。これが最も重要なことなのです。デジタルビデオ画像を教室に簡単に持ち込めるというすばらしいマルチメディア機能は、ボーナスが追加されるようなものです。この夏、当校の1万台のMacのうち8000台をMac OS Xにアップグレードするのはそのような理由からです。」と、オレゴン州ビーヴァートン(Beaverton)のBeaverton Public Schoolsの情報・テクノロジー担当副最高責任者、Steve Carlson氏は述べています。
「Mac OS Xは、UNIXベースの科学ワークステーション向けプラットフォームの主役になりつつあります。わたしたちが必要なUNIXツールが動くだけでなく、標準的なオフィスアプリケーションすべてを取り扱えるのです。Mac OS Xシステムは異種コンピューティング環境を完璧に相互運用するため、システムをよりよく活用でき、システムの作動を維持したり、特定のドライバを作成するのに、Linuxよりもかかる時間が短くてすみます。現在は、ゲノムやプロテオームの分析は、Macだけで行っています。」と、ノースカロライナ大学チャペルヒル校細菌/免疫/生医学工学部教授、Michael Giddings氏は述べています。

    © 2003 Apple Computer, Inc. All rights reserved. Apple, the Apple logo, Mac, Mac OS, Macintosh, iTunes, iPhoto, iMovie, iDVD and iPod are either registered trademarks or trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.