プレスリリース 7月 9, 2003

Avie Tevanian、アップルのチーフソフトウェア
テクノロジーオフィサーに就任

Bertrand Serletがソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長に昇進

2003年7月8日、カリフォルニア州クパティーノ、アップルは本日、Avadis “Avie”Tevanian Jr., Ph.D.がチーフソフトウェアテクノロジーオフィサーに就任し、Bertrand Serletがソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長に昇進する人事を発表しました。新しい担当においてTevanianは全社的なソフトウェアテクノロジーの方向付けに力を注ぎ、SerletはアップルCEO(最高経営責任者)スティーブ・ジョブズの直属で、同社のOSソフトウェアエンジニアリンググループを率います。
「今回の人事異動は継ぎ目はなくスムーズなものです。Mac OS X(マックオーエステン)の次期メジャーリリースであるPanther(パンサー)の開発は今年末の出荷に向けて全てが順調に進んでいます。Avieがより開発現場に近い技術職に戻り、Bertrandを当社のOSソフトウェアエンジニアリングチーム全体の責任者に昇進させる良いタイミングです。」と、アップルのCEO(最高経営責任者)、スティーブ・ジョブズは述べています。
「今回の異動はしばらく前から考えていたことです。過去数年の間にソフトウェアエンジニアリングチームが完成させた製品を非常に誇らしく思っています。チームの成功がBertrandのリーダーシップの下でこれからも続くことに100%の自信を持っています。」と、新しくアップルのチーフソフトウェアテクノロジーオフィサーに就任したAvie Tevanianは述べています。
Serletはアップルのプラットフォームテクノロジー担当副社長としてMac® OSソフトウェアエンジニアリンググループにおいて最大の部門を管理してきました。1997年にアップルに入社し、以来、Mac OS Xの定義、開発、制作において主要な役割を果たしてきました。アップルに入社する前は、Xerox PARCで4年間を経て、1989年にNeXT社に入社しました。Serletはフランスのオルセー大学でコンピュータサイエンスの博士号を取得しました。
Tevanianは1997年2月にソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長としてアップルに入社しました。ロチェスター大学で数学を専攻し、B.A.(学士号)を取得した後、カーネギーメロン大学でコンピュータサイエンスのMS(理学修士号)とPh.D.(博士号)を取得しました。

    © 2003 Apple Computer, Inc. All rights reserved. Apple, the Apple logo,Mac, Mac OS and Macintosh are either registered trademarks or trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.