プレスリリース 9月 8, 2003

iTunes Music Storeの楽曲販売数、1千万曲に達する

2003年9月8日、カリフォルニア州クパティーノ、アップルは本日、「iTunes® Music Store(アイチューンズ・ミュージックストア)」からの楽曲ダウンロード販売数が、4ヶ月前の立ち上げ以来1千万曲を超え、毎週の平均ダウンロード数が50万曲に達していることを発表しました。1千万曲目となったのはAvril Lavigneの“Complicated”で、9月3日午前11時34分(米国西部時間)にダウンロード販売されました。
デジタルミュージックジュークボックスソフトウェアのiTunesと、時代を先駆けるiTunes Music Store、それに市場をリードするiPod™デジタルミュージックプレーヤーの組み合わせは、自分のデジタルミュージックコレクションの購入、管理、再生がどこでもできる完全なソリューションを提供します。年末までにはWindowsユーザもiTunes Music Storeを使えるようになります。
「たった4ヶ月で1千万曲をオンラインで合法的に販売したということは、音楽業界、ミュージシャンそして世界中の音楽愛好家にとって歴史的な出来事です。iTunes と、1万曲をポケットに入れることのできる新しいiPodによって、アップルはデジタル音楽のための唯一にして完璧なソリューションを提供しています。」と、アップルのCEO(最高経営責任者)、スティーブ・ジョブズは述べています。
「iTunes Music Storeのトップセラーアーティストに入ったことを名誉に思うとともに、感謝しています。明確なことは、音楽ファンがアーティストを見つけ、瞬時にしかも簡単にアルバムやシングル曲を購入することができる現実的かつ実用的なプラットフォームをアップルが実現したということです。このような努力を大いに支持します。私たちの業界の未来の姿を見ているような気がします。」と、グラミー賞を受賞したバンド、Coldplayのシンガーソングライター、Chris Martinは述べています。
この革新的なオンライン・ミュージックストアは、メジャーレーベルから独立系レーベルにいたるまでの曲を画期的な個人利用権とともに提供し、ワンクリックでiTunesに、1曲99セントでダウンロードすることができます。ユーザはストア内のどの楽曲も30秒間無料で試聴することができ、気に入れば好きな曲またはアルバム全曲を原音に忠実なデジタル音質でダウンロード購入することができます。ダウンロードした曲は個人利用を目的とする限り、追加料金なしで枚数無制限のCDに記録することができ、最大3台のコンピュータで再生することができるほか、台数無制限のiPodで聴くことができます。
【アップルについて】
アップルはApple IIで1970年代のパーソナルコンピュータ革命に火をつけ、80年代にはMacintoshによって、再び、全く新しいパーソナルコンピュータを創出しました。アップルは、世界中の学生、教育者、プロのクリエイターそしてコンシューマに、革新的なハードウェア、ソフトウェア、およびインターネット関連の製品・テクノロジーを通じて最高のパーソナルコンピューティング環境を提供しています。

© 2003 Apple Computer, Inc. All rights reserved. Apple, the Apple logo, Macintosh, Mac, Mac OS, iTunes and iPod are either registered trademarks or trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.