プレスリリース 10月 8, 2003

アップル、Mac OS X Server "Panther"を発表

150以上の新機能を搭載し、10月25日に出荷開始

2003年10月8日−アップルは本日、Mac® OS X(マックオーエステン)バージョン10.3 Server "Panther"を、2003年10月25日(土)にMac OS X v10.3"Panther"と同時に出荷することを発表しました。Panther Serverは、数々の賞に輝いたアップルのUNIXベースの最も先進的なサーバオペレーティングシステムの最新バージョンで、150以上の新機能を搭載しています。また、実績のあるオープンソースとオープンスタンダードベースのサーバ機能を実装し、かつ優れたユーザインターフェースを備えた管理ツールを提供、Mac、Windows、Linux各クライアントに対して、高機能なサーバソリューションを容易に展開することができます。
革新的なサーバ管理ツールなどの新機能は、Mac OS X上に実装されたオープンソースベースの各種サーバ機能の設定や管理を容易に行なえるようにします。たとえば、スケーラブルなLDAPディレクトリサービスとKerberos認証サービスを提供するOpen Directory 2、Windowsクライアントに対してログインおよびホームディレクトリサービスを提供するSamba 3、そして、パワフルなJ2EEアプリケーションを実行するためのJBossアプリケーションサーバなどが含まれています。
「150以上の新機能を備え、Panther ServerはこれまでのMac OS X Server史上、最も革新的なリリースとなります。Panther Serverは、オープンソースの世界で最も人気のあるソリューションと最新の管理ツールを組み合わせており、Mac、Windows、UNIXユーザにとって最もパワフルで使い勝手の良いサーバとなりました。」とアップルのワールドワイドプロダクトマーケティング担当上級副社長のフィリップ・シラーは述べています。
アップルは主要なベンダーとして初めて、Samba 3を搭載したサーバオペレーティングシステムを出荷します。Samba 3は広く普及しているオープンソースプロジェクトSambaの最新バージョンで、Windowsクライアントに高性能で信頼性の高いファイルおよびプリントサービスを提供します。これにより、WindowsユーザはPCのログインウィンドウから直接、Panther Serverへの認証を行なうことが可能です。Panther Serverはまた、Windowsクライアントに対して、ホームディレクトリサービスを提供し、「ローミングプロファイル」もサポートします。Samba 3とアップルのOpen Directoryを密接に統合することにより、ユーザはMacからでもWindowsベースのPCからでも自分のアカウントに容易にアクセスすることができます。
さらに、アップルの革新的な新しいサーバ管理ツールによって、システム管理者はPanther Serverに実装されている各種サービスのセットアップ、管理、監視が容易に行なえます。たとえば、マウスを数回クリックするだけで、顧客はディレクトリや認証のためにOpenLDAPやKerberosを、WindowsサポートのためにSambaを、また電子メールにはPostfixを、さらにウェブサイトのホスティングにApacheを管理運用することができます。
Panther Serverが提供する、クライアントが混在する環境に向けて設計されたオープンスタンダードベースのネットワークサービスには、ほかにも、OpenLDAPをベースとした堅牢なLDAPディレクトリおよびKerberos認証サーバであるOpen Directory 2、確かなスケーラビリティと高度なセキュリティを提供するBerkeley DBおよびMITのKerberos KDCが含まれています。ゼロから作り直されたまったく新しいメールサーバは、オープンソースのPostfix SMTPとCyrus IMAP、POPサーバを実装し、オープンアーキテクチャのもとに提供され、スパムメールやウィルスのフィルタリングソリューションと、安全なメールサービス運用のためにSSLを統合しています。さらに、新たにPanther Serverに組み込まれたVPNサーバは、PPTPおよびL2TPトンネリングプロトコルを実装し、Mac OS X、WindowsまたはUNIXクライアントをサポートします。Panther Serverはまた、世界でもっとも人気の高いウェブサーバであるApacheの最新リリースとあわせて、Apache TomcatとApache Axisを実装しており、パワフルなWebサービスを提供します。
価格と販売について
Mac OS Xバージョン10.3 Panther Serverは、2003年10月25日(土)より、アップルのオンラインストア、Apple Store®(アップルストア、http://store.apple.com/jp)、およびアップル製品取扱販売店を通じて販売されます。Apple Storeプライス(いずれも税別)は、10クライアントライセンスが59,800円、Unlimitedクライアントライセンスは98,000円です。ボリュームおよびAppleソフトウェア自動送付サービスについてはアップルにお問い合わせください。10月8日以降にPanther Serverが搭載されていない新しいXserveをご購入いただいたお客様、あるいは10月8日以降にMac OS X Server v10.2のリテール版をご購入いただいたお客様すべてに標準のMac OS Up-To-Dateアップグレードパッケージをご用意しています。価格は2,500円(発送手数料込、税別)です。
Mac OS X v10.3 Panther Serverは、アップルのパワフルなラックマウントサーバ、Xserveをはじめとして、128MB以上の実装メモリとハードディスクに4GBの空きスペース、内蔵USBを持つMacintosh Server G4、Macintosh Server G3、Power Mac® G5、Power Mac® G4、Power Macintosh® G3、iMac、eMacで動作するように設計されています。
【アップルについて】
アップルはApple IIで1970年代のパーソナルコンピュータ革命に火をつけ、80年代にはMacintoshによって、再び、全く新しいパーソナルコンピュータを創出しました。アップルは、世界中の学生、教育者、プロのクリエイターそしてコンシューマに、革新的なハードウェア、ソフトウェア、およびインターネット関連の製品・テクノロジーを通じて最高のパーソナルコンピューティング環境を提供しています。

    © Apple Computer, Inc. All rights reserved. Apple, the Apple logo, Mac, Mac OS, Macintosh, Apple Store, Xserve and Power Mac are either registered trademarks or trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.