プレスリリース 12月 16, 2003

iTunes Music Storeからのダウンロード件数、2,500万曲を超える

iTunesの商品券とAllowanceの購入金額も100万ドルを超える

2003年12月15日、カリフォルニア州クパティーノ、アップルは本日、2003年4月の「iTunes® Music Store(アイチューンズ・ミュージックストア)」のサービス開始以来、2,500万曲以上が音楽愛好家によってダウンロード購入されたことを発表しました。先週金曜日午後に購入された2,500万曲目の曲は、フランク・シナトラの「レット・イット・スノウ」でした。
アップルはまた、iTunesオンライン商品券と「Allowance(アロウアンス)」の両機能についても、2003年10月16日にiTunes Music Storeに追加されて以来、100万ドルを超える額に達したことを発表しました。
「今日までに2,500万曲以上がダウンロード購入されたiTunes Music Storeは、紛れもなく最も成功しているオンラインミュージックストアです。音楽ファンは毎週150万曲近くダウンロード購入していることになり、さらに1年間では7,500万曲ににまでのぼる見込みです。」と、アップルのCEO(最高経営責任者)、スティーブ・ジョブズは述べています。
デジタルミュージックジュークボックス・ソフトウェアのiTunes、先駆的なiTunes Music Store、そして市場をリードするiPod™デジタルミュージックプレーヤをセットで揃えているアップルは、楽曲の購入やデジタルミュージックコレクションの管理と鑑賞がどこにいても行なえる、完璧なソリューションを音楽ファンに提供している唯一の会社です。
iTunes Music Storeは、40万曲以上のミュージックカタログ、新機軸を打ち立てる個人利用権、そして一曲当り99セントの価格といった特長を、WindowsとMac®の両方のユーザに同様に提供します。10月16日にサービスが開始された第2世代となるiTunes Music Storeには、家族や友達にオンライン商品券を贈る機能、親が子供のiTunes Music Store口座に毎月資金を自動的に預金することができるAllowance機能(特許出願中)、ワンクリックで購入し、MacやWindowsはもとよりiPodでも聴くことができる5,000冊以上のオーディオブック、Celebrity Playlist機能、そして60以上のアーティストによる新しいiTunes Music Store限定トラックが含まれています。iTunes Music Storeは、5大音楽会社と、200以上のインディーズ音楽レーベルの楽曲を網羅しています。
※iTunes Music Storeは、米国のみのサービスです。
【アップルについて】
アップルはApple IIで1970年代のパーソナルコンピュータ革命に火をつけ、80年代にはMacintoshによって、再び、全く新しいパーソナルコンピュータを創出しました。アップルは、世界中の学生、教育者、プロのクリエイターそしてコンシューマに、革新的なハードウェア、ソフトウェア、およびインターネット関連の製品・テクノロジーを通じて最高のパーソナルコンピューティング環境を提供しています。

    © 2003 Apple. All rights reserved. Apple, the Apple logo, Macintosh, Mac, Mac OS, iTunes and iPod are either registered trademarks or trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.