プレスリリース 9月 20, 2005

アップル、.Macを大幅にパワーアップ

グループ機能、Backup 3、保存容量の増強など

2005年9月20日、アップルは本日、会員ベースのオンラインサービス「.Mac(ドットマック)」の大幅な機能拡張を発表しました。Macintosh®のシンプルさとエレガンスさにインターネットのパワーを組み合わせ、グループコミュニケーションを容易にし、デジタル写真やビデオの共有、保存、保護をかつてなく簡単にします。.Macの新しい機能は以下の通りです。
  • .Macグループ:メンバー同士の連絡、スケジュール調整を容易にし、友人や同僚などプライベートなグループと常に最新の情報を共有。
  • .Mac Backupソフトウェアのバージョンアップ:メンバーがiLife®その他の重要なファイルを簡単にアーカイブ。
  • オンライン保存容量の増強:iDiskとメールの共有保存容量がこれまでの4倍の 1GB に増強され、ファミリーパックメンバーについては合計で2GBを利用可能。
  • これまでの英語版、日本語版に加え、フランス語とドイツ語版が追加。

「.Macは、ユーザがアップルに求めるシンプルでエレガントなオンラインエクスペリエンスを提供します。世界中の.Macのメンバーは、最もよく使うアプリケーションの中からインターネットのパワーを引き出すことにより、インターネットのより優れた利用方法を発見したと言えます。」と、アップルのアプリケーションズマーケティング担当バイスプレジデント、ロブ・シェーベンは述べています。
.Macの新しい機能は以下の通りです。
  • .Macグループ:.Macのメンバーは、広告の入らないプライベートなオンラインコミュニティーを簡単に作成し、家族、友人、プライベートなグループで簡単にコミュニケーション、スケジュールの調整、デジタルメディアの共有を行うことができます。.Macグループの機能を使うと、メンバーは一つのアドレスを使ってグループ全体にメールを送信することができるほか、共通のグループiDiskにファイル、写真、ムービーをアップロードしたり、グループのウェブページを公開して、他のサイトへのリンクを張ることもできます。また、共有するiCal®カレンダーを使ってグループイベントの情報を最新の状態に保つこともできます。
  • Backup 3:.Mac Backupソフトウェアが抜本的に再設計され、セットアップが簡単になり、バックアップがより高速に行えるようになりました。また、処理をシームレスに自動化する機能が加わったことにより、ユーザが意識してバックアップソフトを起動させる必要がなくなりました。新機能では、iLifeのコンテンツ、ホームフォルダ、iTunes®で購入した楽曲、その他Mac®に欠かせない情報を自動的にバックアップすることができます。Mac OS® X “Tiger”のSpotlight(TM)検索機能が内蔵されているため、特定のファイルを選んでバックアップすることができるほか、差分バックアップにより時間とメディアコストを節約することができます。
  • オンラインストレージの容量拡大:メールメッセージ、書類、デジタルメディアファイルを保存するためのオンライン保存容量が、これまでの4倍に増えました。個人メンバー用のストレージは、メールとiDiskの共有保存容量が1GBに増え、.Mac ファミリーパックのお客様用のストレージは合計2GBに増えました。メールとiDiskの容量配分は自由に行うことができ、メールの容量を大きくしてiDiskの容量を小さくしたり、あるいはその逆も可能です。個人メンバー、ファミリーパックメンバーともに、年間6,000円(税込み価格)の追加料金で保存容量をさらに1GB増やすこともできます。
  • フランス語とドイツ語に対応:これまでの英語と日本語に加え、.Macのウェブサイトがフランス語とドイツ語でも提供されるようになりました。

以上の新機能以外にも、.Macには以下のサービスがあります。
  • HomePage:マウスのクリックだけでシンプルかつ魅力的なパーソナルウェブサイトを作ることができます。
  • iDisk:いつでもどこからでも自分のファイルにアクセスすることができる仮想ハードディスクドライブです。
  • .Mac Sync:Safari(TM)のブックマーク、iCalカレンダー、アドレス帳の情報、キーチェーン(パスワード)、そしてMac OS X Mailの環境設定を複数のMac間で最新に保ち、ユーザが自分のMacから離れているときはウェブブラウザからもアクセスすることができます。
  • .Mac Mail:広告の入らない、本格的なメールサービスです。
  • ラーニングセンター:.Mac の機能やサービスの使い方に関するチュートリアルです。

.Macの機能拡張により、HomePage、iDisk、MailそしてiCalを友人、同僚、知人のグループに公開し、オンラインでのコミュニケーションと情報共有を一段とレベルアップすることができるようになりました。また、ユーザのデジタルメディア資産が益々増えつつあるのに応え、それらを保存するためオンライン保存容量を拡大しました。しかも大切な思い出のバックアップをこれまで以上に簡単に行うことができます。

【価格と販売について】
.Macは会費制のサービスです。会費は個人メンバーシップが年間9,800円(税込み価格)、ファミリーパックが年間18,800円(税込み価格)です。ファミリーパックには1つのマスターアカウントと4つのサブアカウントが付いています。新しいMacintoshをお求めになったお客様は3,000円引きで個人メンバーシップまたはファミリーパックに加入することができます(条件があります)。また、www.mac.com/jpからどなたでも60日間の無料.Macトライアルにお申し込みになることができます。

推奨ブラウザは、Safari 1.2以降またはFirefox 1.0.1以降(以上Macintosh)およびMicrosoft Internet Explorer 6.0以降またはFirefox 1.0.1以降(以上Windows)です。推奨システムは、Mac OS X v10.3.9またはMac OS X v10.4.2以降および最低128MBのRAMです。インターネットにアクセスするためにはISP(インターネットサービスプロバイダ)との契約が必要です(有料の場合があります)。MacおよびWindowsのユーザともにブロードバンドでのインターネット接続を推奨いたします。
詳細はhttp://www.mac.com/2/membership_terms.htmlをご覧ください。
【アップルについて】
アップルはApple IIで1970年代のパーソナルコンピュータ革命に火をつけ、80年代にはMacintoshによって、再び、全く新しいパーソナルコンピュータを創出しました。数々の賞に輝く革新的なデスクトップおよびノートブック型コンピュータ、Mac OS Xオペレーティングシステム、iLifeデジタルライフスタイル・アプリケーション、そしてプロ向けの各種アプリケーションで業界をリードし続けています。これに加えて、ポータブルミュージックプレーヤー市場をリードするiPodファミリーと、オンラインのiTunes Music Storeにより、アップルはデジタルミュージックの分野でも先頭に立ってその革命を推し進めています。

©2005 Apple Computer, Inc. All rights reserved. Apple, the Apple logo, Mac, Mac OS, Macintosh,iLife, iCal, iTunes, Spotlight and Safari are trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.