プレスリリース 10月 20, 2005

アップル、Apertureを発表

フォトグラファーのための、初のオールインワン・ポストプロダクション ツール

2005年10月19日、カリフォルニア州クパティーノ、アップルは本日、フォトグラファーが撮影後に必要なすべてを提供する初めてのオールインワン・ポストプロダクション・ツール、「Aperture(アパーチュア)」を発表しました。
Apertureは、カメラのRAWデータをJPEGと同じように簡単に扱うことができる、先進かつ極めて高速のRAWワークフローを提供します。プロのために全く新しく開発されたApertureは、強力なCompare and Select(比較および選択)ツール、非破壊画像処理、カラーマネジメントされた印刷、カスタムウェブおよびブックパブリシングといった特徴を持っています。
「Apertureがフォトグラファーにもたらすものは、ちょうどFinal Cut Proが映画作りにもたらしたものに相当すると言えます。比較/選択からレタッチ、出力まで、プロの写真のワークフローを一新する革新的なポストプロダクション・ツールがついに登場しました。」と、アップルのアプリケーションズマーケティング担当バイスプレジデント、ロブ・シェーベンは述べています。
「これまで、RAWデータの取り扱いには非常に時間がかかっていました。Apertureで驚いたのは、RAWデータを直接扱えるということです。ルーペで拡大したり整理したりといったことが、ほとんど瞬時に行えます。おそらくこれからはJPEGで撮影することはないでしょう。Apertureには本当に驚きました。」と語るのは、Sports Illustrated誌の表紙を100回以上飾った著名なスポーツフォトグラファーのハインツ・クロイトマイヤー氏です。
ApertureのCompare and Select(比較および選択)ツールを使うと、膨大な写真プロジェクトをふるいにかけ、最終的な選択を行うことが素早くできます。Apertureは、連続した写真を露出時間に基づいて管理しやすいStackに自動的にまとめることができる初めてのアプリケーションです。業界初の機能としてApertureでは、撮影した全ての写真を、複数のディスプレイ間に展開することもできるフルスクリーンのワークスペースで確認したり、複数の画像をタイル状に並べたりして、簡単かつ手早く比較、選択することが可能です。Apertureの拡大ツールLoupeを使うと、大きな画像ファイルをズームしたり移動させたりすることなく、画像の一部だけを拡大して細部を確認することができます。さらに、仮想的なLight Table機能は、簡単な写真のレイアウトをするためのキャンバスとして使用することができ、自由なスペースの中で並べ替えや、サイズ変更、積み重ねなどを行うことができます。
RAWデータはApertureの中では全く変換処理を行うことなくネイティブに保持されるため、フォトグラファーのために設計された多くの修正ツールを使ってレタッチし、素晴らしい結果を出すことができます。Apertureの非破壊画像処理エンジンはオリジナルの写真の画素を一切変更しないため、フォトグラファーはワークフローのどの時点でも自由に変更を加えたり、変更を元に戻したりすることができます。Apertureはファイルを複製することなく、一つの画像から複数の版を作ることができるため、フォトグラファーはマスター画像に上書きしてしまったり、ハードディスクの容量を心配をせずに、様々な処理を試みることができます。また、Apertureの画像はAdobe Photoshopに直接取り込んで合成やエフェクトレイヤーを加えることもできます。
Apertureは、フォトグラファーが作品を見せるための、デバイスに特化したColorSyncプロファイルをサポートする完全なカラーマネジメントされたパイプラインと、高品質の出力ツールを備えています。プリントオプションとして、カスタマイズ可能なコンタクトシート、高品質ローカルプリンティング、そしてカラーマネジメントされたオンラインプリントがあります。Apertureにはまた、非常にシンプルなレイアウト環境が備わっており、フォトグラファーはプロフェッショナルクォリティーの本を制作、注文したり、美しいウェブギャラリーを公開することが素早く行えます。Apertureを使うと、クリック一つで画像ライブラリ全体をバックアップしたり、AppleScript®とAutomatorアクションを使って複雑なワークフローを簡素化することが簡単にできます。

【価格と販売について】
ApertureはアップルのオンラインストアであるAppleStore® (https://www.apple.com)、アップル直営店、そしてアップル正規販売店を通じて、メーカー希望小売価格499ドル(US)にて11月から販売されます。Apertureの利用に必要なシステム条件その他の情報は、https://www.apple.com/apertureでご覧になることができます。

※本資料は、米国発2005年10月19日付けで米国アップルが発表したニュースリリースを日本語に翻訳したものです。日本での価格、発売時期は未定です。

    © 2005 Apple Computer, Inc. All rights reserved. Apple, the Apple logo, Mac, Mac OS, Macintosh, AppleScript and Apple Store are trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.