プレスリリース 11月 16, 2005

iPodとiTunes Music StoreがNo.1に

iPod国内シェア約60%に

2005年11月16日、アップルは本日、「iPod®(アイポッド)」国内シェアが約60%に拡大し*、iTunesとiPodが日本のデジタル音楽革命を牽引していることを発表しました。本年8月のiTunes Music Storeの開始、およびiPod nanoと第5世代のiPodの発売を通して、日本におけるシェアは急速に拡大し、日本のデジタルミュージックプレーヤー市場におけるこれまでの群を抜くポジションがさらに強固なものとなっています。また、iTunesも日本でトップの音楽配信サービスとして、新たに数多くのインディーズレーベルが加わるなど、その提供楽曲数は着実に増え続けています。
「iTunes Music Storeのオープン、そして不可能なまでに小さいiPod nanoおよび第5世代のiPodの発表もあり、今年はアップルと日本における音楽事業にとって素晴らしい1年となりました。日本の音楽ファンが、世界で最も人気の高いオンラインミュージックストアと世界最高のデジタルミュージックプレーヤーの比類ない組み合わせを強く支持してくれたことを、とても喜ばしく思っています。」と、アップルのワールドワイドプロダクトマーケティング担当シニアバイスプレジデント、フィリップ・シラーは述べています。
「9月以降、5割を超える販売シェアを維持しているアップルは、日本の携帯オーディオ市場で、今や『唯一の勝ち組』と言えるまでの存在に成長しました。この年末商戦で、数字をさらにどこまで伸ばすのか、大いに注目しています。」と、WebBCNランキング編集長、道越一郎氏は述べています。
日本のiTunes Music Storeでは、100万曲を超える楽曲と、ミュージックビデオやアカデミー賞受賞のPixar Animation Studiosの短編アニメーションなど1,000種類以上、さらに11,000冊のオーディオブックや25,000種類のPodcastが提供されています。本年8月の開始以来、フォーライフミュージックエンタテイメント、ジェネオンエンタテインメント、ドリーミュージックを含む数多くのレーベルがiTunes Music Storeにカタログを追加しています。新しくiTunesに加わった限定版には、宮沢和史、ZAZEN BOYS、佐野元春、m-floのほか、Stevie Wonder、U2、Coldplay、BjÖrkなど、海外アーティストの楽曲も含まれています。また、Beastie BoysやU2の限定版ビデオもダウンロード購入してお客さまのパソコンや第5世代iPodで楽しむことができます。
おしゃれなケースからスピーカーシステムにいたる1,000以上のiPod専用アクセサリなど、iPodを取り巻くビジネスも一層の活況を呈しています。iPod対応車種は、日産自動車、マツダ、ダイハツ工業、Smart、スズキ、Alfa Romeo、BMW、MINI、Peugeotなど、2006年に国内で販売される自動車の3分の1に及びます。現在iPodに対応していない自動車向けには、アルパイン、クラリオン、ケンウッド、パイオニアなど、各種のアフターマーケットソリューションが提供されています。
*出典: BCN ( Business Computer News )

    © 2005 Apple Computer, Inc. All rights reserved. Apple, the Apple logo, Mac, Mac OS, Macintosh, iPod, iTunes and Apple Store are trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.