プレスリリース 11月 22, 2005

アップル、フラッシュメモリーの長期供給の合意を発表

11月21日、カリフォルニア州クパティーノ、アップルは本日、Hynix、Intel、Micron、Samsung Electronics、東芝の各社と、2010年までNAND フラッシュメモリーの長期供給を受けることについて合意したと発表しました。この合意を受けて、フラッシュメモリー部品のために向こう3ヶ月の間に12億5000万ドルを事前に支払う予定です。
「私たちは爆発的な人気を博しているiPodを、市場の要望に応えるべく、できるだけ数多くお届けしたいと考えているのです」と、アップルのCEO(最高経営責任者)、スティーブ・ジョブズは述べています。
デジタル音楽革命をリードし続けるiPodとiTunesは、外出先やリビングルームにいる時、そして車の中でも、常に最高の音楽の楽しみをお届けしています。全世界で3,000万台以上を販売したiPodは、いまや世界で最も人気のあるデジタル音楽プレイヤーとなりました。また、iTunes Music Storeも6億曲以上を販売、ダウンロードするまでとなり、ナンバー1のオンラインミュージックストアとなりました。1,000以上のiPod専用アクセサリなど、「iPodエコノミー」と称される、iPodを取り巻く様々なビジネスも一層の活況を呈しています。

    © 2005 Apple Computer, Inc. All rights reserved. Apple, the Apple logo, Mac, Mac OS, Macintosh, iPod, iTunes and Apple Store are trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.