プレスリリース 1月 9, 2007

アップル、革新的なiPhoneの米国内の独占キャリアに
シンギュラーを選択

2007年1月9日、MACWORLD SAN FRANCISCO−アップルと米国最大の携帯電話キャリアであるシンギュラー・ワイヤレス社は、本日発表されたアップルの革新的な「iPhone(アイフォン)」に向け、シンギュラー社が米国内の独占的な携帯電話キャリアパートナーとなることを発表しました。この多年にわたる提携の一環として、アップルとシンギュラー社は共同で、携帯電話では世界初となった、iPhoneの先駆的かつ独創的なビジュアル・ボイスメールのような画期的な新機能を携帯電話ユーザに提供していきます。
「アップルがシンギュラー社を選んだ理由は、同社が米国で最も知名度が高く、最良の携帯電話キャリアと判断されたからです。アップルの革新的な新製品であるiPhoneをシンギュラー社に独占供給できることをうれしく思い、今後も共同で、お客様のために素晴らしい新機能を作り上げていくことを楽しみにしています」と、アップルのCEO(最高経営責任者)であるスティーブ・ジョブズは述べています。
「アップルと提携することにより、シンギュラーはお客様に向けたサービス向上という使命を引き続き達成していきます。iPhoneはこれまでに作られた最も革新的な機器のひとつであり、携帯電話の未来を世界でいち早く我々の顧客に体験していただくことを楽しみにしています」と、シンギュラー社の社長兼CEOであるスタン・シグマン氏は述べています。
iPhoneの独創的なビジュアル・ボイスメール機能は、アップルとシンギュラー社により共同開発されました。この機能は、ボイスメール(留守番電話により再生されるメッセージ)を録音された順番に聞くのではなく、目的のメッセージを直接聞けるようにすることで、お客様に電子メール同様の手軽さ・便利さを提供する機能です。
【価格と販売について】
iPhoneはWindows® PCまたはMac®で稼働するアップルのiTunes®と連係動作し、4GBモデルが499USドル、8GBモデルが599USドルで、2007年6月より米国内で発売予定です。
iPhoneは、米国内のアップルの直営店舗およびオンラインストア(www.apple.com)と、シンギュラー社の直営店舗およびオンラインストア(www.cingular.com)にて販売予定です。
【シンギュラー・ワイヤレス社について】
シンギュラー・ワイヤレス社は米国最大の携帯電話キャリアで、5,870万人の顧客にサービスを提供しています。同社は、米国および世界各国で首位の通信持株会社であるAT&T社(NYSE:T)の単独所有企業です。シンギュラー社は米国最大のデジタル音声およびデータネットワーク(Allover Network)を保有し、米国内の携帯電話キャリアとしては最大の移動体通信コミュニティを形成しています。同社は第3世代の携帯電話技術におけるリーダー企業であり、広範囲で利用できるHSDPA(high speed downlink packet access)サービスを世界で初めて実用化しています。同社はまた、顧客が使用しなかった月間の利用時間を保持できる「繰り越しプラン(Rollover)」を提供している米国内では唯一の携帯電話キャリアでもあります。

    ※本資料は、2007年1月9日付けで、米国アップルが発表したニュースリリースを日本語に翻訳したものです。

© 2007 Apple Computer, Inc. All rights reserved. Apple, the Apple logo, Mac, Mac OS, Macintosh and iTunes are trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.