プレスリリース 5月 1, 2007

WWDC 2007、スティーブ・ジョブズの基調講演で開幕

2007年5月1日、アップルは本日、2007年6月11日(月)午前10時 (米国西海岸時間) より、サンフランシスコのMoscone Westにおいて行なわれる「Worldwide Developers Conference(ワールドワイドデペロッパカンファレンス)2007」(世界開発者会議、以下WWDC2007)が、アップルのCEO(最高経営責任者)、スティーブ・ジョブズの基調講演により開幕することを発表しました。 WWDCでアップルは、全機能を搭載したバージョンの「Mac OS X® Leopard(マックオーエステンレパード)」を開発者に公開し、彼らが持ち帰って最終テストを行なえるようにベータコピーを配付します。Leopardは10月に出荷の予定です。
6月11日から6月15日の5日間にわたって開催される今回のイベントでは、次期OSであるLeopardを最大限に利用することを目的とした150以上のセッションとラボが行なわれます。今回の会議では、新たにMacで使い始めようとしている開発者が短時間で慣れることを目的としたMac OS X Immersion Monday(Mac OS X にどっぷりと浸る月曜日)や、開発者がアニメーションやモーショングラフィックス、ビデオ、リッチメディア、そしてウェブベ−スのコンテンツを彼らのアプリケーションに組み込むための最良の方法を紹介するコンテンツおよびメディアトラック、そしてアップルのエンジニアと一緒に作業をすることができる他では得られない機会を提供する数多くのハンズオンラボなど、広い範囲の開発者を対象とした新しい内容が織り込まれています。
この他にもアップルのWWDC 2007では次のようなイベントが用意されています。
  • オープンソースのファンデーションから、Xcode® 3.0、Dashcode、Core Animation、Time Machine、iChat Theaterなどの新しい技術と革新を含むLeopardの詳細を紹介する、アップルのエンジニアによるプレゼンテーション。
  • Cocoaバインディングを作成したり、Automatorのアクションをビルドしたり、iCal®のイベントをアプリケーションに統合したりするためのアップル独自のコーディングストラテジーやテクニックを学べる実際的なハンズオンセッション。
  • アップルのエンジニアと1対1で、Cocoa、Open GL、AJAXなどのトピックについて作業を行なうことができるテクノロジーラボ。
  • Apple Design AwardsやStump the Expertsなどのスペシャルイベント。


【費用と登録について】
5日間にわたるカンファレンスの参加費は一人当たり155,800円です。また早期登録
割引が2007年5月11日まで延長されました。
登録と各セッションに関する詳細については、アップルのWWDCウェブサイト
( http://developer.apple.com/jp/wwdc ) をご覧ください。

【アップルについて】
アップルはApple IIで1970年代のパーソナルコンピュータ革命に火をつけ、80年代にはMacintoshによって、再び、全く新しいパーソナルコンピュータを創出しました。数々の賞に輝く革新的なコンピュータ、Mac OS Xオペレーティングシステム、iLifeデジタルライフスタイル・アプリケーション、そしてプロ向けの各種アプリケーションで業界をリードし続けています。これに加えてアップルは、ポータブルミュージックおよびビデオプレーヤーのiPodと、オンラインのiTunes Storeにより、デジタルメディアの分野でも先頭に立ってその革命を推し進め、さらに本年、革新的なiPhoneによって携帯電話市場にも参入します。

© 2007 Apple, Inc. All rights reserved. Apple, the Apple logo, Mac, Mac OS, Macintosh, Xcode, and iCal are trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks.