プレスリリース 6月 11, 2007

iPhone、サードパーティ製の
Web 2.0アプリケーションをサポート

iPhone向けアプリケーションの開発に画期的な手法

2007年6月11日、サンフランシスコ、WWDC 2007、アップルは本日、Web 2.0インターネット標準に基づいて開発されたアプリケーションが、6月29日より出荷が開始される革新的なiPhone™(アイフォン)で使用できるようになると発表しました。これにより、デベロッパが開発したWeb 2.0アプリケーションは、iPhoneに組み込まれたアプリケーションと同様の見栄えや動作となり、通話、メール送信、Google Mapsによる位置表示など、iPhoneの内蔵サービスをシームレスに利用できるようになります。Web 2.0標準に基づいて開発された他社製のアプリケーションは、信頼性やセキュリティの面で妥協することなく、iPhoneの機能性を拡大します。
「Web 2.0アプリケーションがiPhone上で美しく、そして快適に動作することは、デベロッパ、およびユーザの皆様に驚きをもって歓迎されるでしょう。我々はWeb 2.0ベースの標準を採用するという革新的なアプローチにより、iPhoneのセキュリティと信頼性を維持しつつ、デベロッパには全く新しいタイプのアプリケーションを開発していただくことができるのです。」と、アップルのCEO(最高経営責任者)、スティーブ・ジョブズは述べています。
Web 2.0ベースのアプリケーションが主なデベロッパに支持されるのは、従来のWebアプリケーションよりもはるかにインタラクティブで応答性に優れ、インターネットを通じた配布も容易であり、デベロッパのサーバ上にあるコードを書き換えるだけで簡単にアップデートできることが理由です。近年のWeb標準では、Amazon.comやオンラインバンキングでも採用されているように、セキュアなデータアクセスとトランザクションも提供されます。

    ※本資料は、2007年6月11日付けで米国アップルが発表したニュースリリースを日本語に翻訳したものです。

©2007 Apple, Inc. All rights reserved. Apple, the Apple logo, Mac, Mac OS, Macintosh and iPhone are trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.